見出し画像

小池氏の票はどこから来たのか? 大差になったのはなぜなのか?

 ⭐圧勝した小池氏は、票の分布が前回と真逆に

 7月5日に行われた東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏の圧勝に終わりました。今回の小池氏の得票率の分布を見ると(下図1)、黄色となっている渋谷区で最も低く、そこから離れるにつれて同心円状に高くなっていることが読み取れます。

小池2020

図1. 小池百合子 得票率(2020年)

 しかし、2016年に行われた前回の都知事選で、小池氏にこのような傾向は見られませんでした(下図2)。これでは、むしろ都心に近い方で高くなっています。

小池2016

図2. 小池百合子 得票率(2016年)

 小池氏の地盤(支持が厚い地域)は、なぜこのように変化したのでしょうか。ここではその理由を地域分析から解き明かすとともに、小池氏圧勝の構図について考えていきます。


⭐自民不在の都知事選だった今回

 2020年都知事選の有力候補は、小池百合子氏、宇都宮健児氏、山本太郎氏、小野泰輔氏の4人でした。名前の横に政党の公認・推薦・支援の状況を書きましたが、ここに自民党がないことに留意してください。今回、自民党は独自の候補を立てていないのです。

画像6


 しかし小池氏が初当選した2016年には、増田寛也氏という自民党推薦の候補が立っていました。(なお下の表の鳥越俊太郎氏は、野党統一候補です)

画像5

 つまり今回の都知事選では、前回いた自民党の候補が「不在」となっていたのです。そこで、大量の自民支持層の票が宙に浮いた状態となっていました。


⭐小池氏の票はどこでどれだけ増えたか?

 小池氏の票の由来をさぐるため、2020年の小池氏の得票率(図1)から2016年の小池氏の得票率(図2)を引き算し、得票率の増加がどこでどの程度あったのかを明らかにする地図を作りました(下図3)。都心に近いほど増加が少なく、離れるにつれて多くなる傾向です。

得票率の増減1

図3. 得票率の増減① 小池氏の得票率の増加分

⭐増田氏の票のうち、小野氏に行かなかった票は?

 次に様々なデータから、上の小池氏の得票率の増減(図3)を再現しうる組み合わせを調べ、次の結果を得ました(下図4)。

得票率の増減2

図4.得票率の増減② 増田氏の票のうち、小野氏に流れなかった分

 その分布は、2016年の増田氏の得票率から2020年の小野氏の得票率を引いたものでした。上の2枚の図は驚くほどの一致をみせています。これはつまり、②増田氏の票のうち、小野氏に流れなかった分が、①小池氏の得票率の増加分と一致するということです。(これを一目で明らかにするのが地域分析の威力です!)

 では、残りの小野氏に流れた票はどうでしょうか。下の図はちょうど図4の裏返しにあたる分布となっていることが読み取れます。

小野

図5.小野泰輔 得票率(2020年)

 2016年都知事選の増田氏の票は、小野氏と小池氏に分配されるように流れていったのです。その分配のされ方は、都心ほど小野氏に流れ、都心から離れるほど小池氏に流れるというように、同心円状に分布していたことがこれでわかりました。

 下の図6に示すように、東京の維新は西で弱く東で強い傾向がありますが、小野氏はそれとは少しずれている分もあるので、それは選挙運動のやり方などの個別の理由になるように思います。

いしn

図6.日本維新の会 得票率(2019年参院選比例代表)


⭐宙に浮いた179万票に食い込めなかった結果

 2016年にいた自民党の候補(増田氏)は2020年にはいません。ですから彼の179万票が宙に浮いていたわけです。それが2020年の今回の選挙では現職の小池氏と維新の小野氏に流れ込んだことをここまでに見てきました。

 これは逆に言えば、国政野党の立憲・共産・社民やれいわが、そこにほとんど食い込めなかったということです。

 確かにもともと自民の候補に投じられた票なので、野党とは距離があるのは当然です。しかし今回は、その票をまとめる中心となる存在(自民党の候補者)がいないので、この票は流動性を持っていたはずです。

 この宙に浮いた票にことごとく食い込めなかったことが、2016年よりも大きな差が開いたことの最大の原因といえるのではないでしょうか。

 2016年の選挙のとき、野党統一候補の鳥越氏は小池氏に2倍以上の差をつけられて敗れました。だからこそ、そのときの野党の票では勝負ができないと考えられるわけで、自民が独自候補を立てない方針となった時点で、野党側は宙に浮いた増田氏の票に食い込むことが一つの目標となっただろうと思います。

 そういったことは短い期間で選挙を見ていても難しいことでしょう。


⭐長い目で見た準備を

 野党側は今回の圧倒的な大敗を直視して、やり方を見直す必要に迫られると思います。告示直前になって勝てそうな候補にとびついても、告示直前で共闘をめぐってもめていても、それではもう勝負には絡んでいないのです。

 小池氏は今年のはじめから、どのような相手候補であれ優位に立っており、3月から5月にかけてコロナ対応で支持率を上げると独走態勢に入りました。

 告示の頃、山本氏と宇都宮氏で統一できないかということが問題になっていたとき、小池氏とはおよそ5倍差がありました。

 「一本化できず候補者が割れてしまったから」「テレビ討論がなかったから」「マスコミの報道が少なすぎたから」負けたのではありません。はじめから途方もない差があったのです。

 今回のことに学ぶなら、選挙が近くなって候補者を決めるのでは遅いということになると思います。勝負にするならもっと長い目で見て時間をかけながら、その地域地域での対抗馬を育てていく必要があるのでしょう。インスタントな選挙をやっていては体力がつきません。疲弊します。だからこそ、選挙までの準備が大切だと改めて思いました。

Twitter : はる/みらい選挙プロジェクト@miraisyakai
Facebook : 三春充希(みらい選挙プロジェクト)
note: みらい選挙プロジェクト情勢分析ノート

応援ありがとね


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけるととても嬉しいです。必ず大切に使わせていただきます。

567
社会を変革する手段としての正確な政治情勢分析を、誰からも独立して探求しています。著書に『武器としての世論調査――社会をとらえ、未来を変える』(ちくま新書)。自由にフォローしてください。Twitter: https://twitter.com/miraisyakai

こちらでもピックアップされています

情況への発言
情況への発言
  • 21本
コメント (1)
とても興味深く読ませてもらいました。私も今回の都知事選の年代別投票率について解析した記事を書きました。政治的主張は一切なくただの統計解析ですので、ご一読いただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。