見出し画像

「自分と人との違いってなんだろう?」と思った時、したいこと

「疲れたので吐き出させてください」

先日、受講生として参加している「デザイナー起業塾」(講師:川島彩さん)のFacebookグループの「吐き出しスレッド」で弱音を吐いた。

その時の私の気づきが、以下のような方のお役に立てるのではと感じたので、シェアします。

「自分の強みや長所がわからない」

「自分と人との違い(自分の売りポイント)を知りたい」

「自分が誰かの役に立てる場所を明確にしたい」

そんな方の、参考になれば幸いです。


まずは自分の思考や感情を、外に出してみること

画像1

↑Facebookでこの投稿をした後、メンバーの方から、思いがけないフィードバックをいただきました。(めちゃくちゃありがたいです)

みなさんとのやり取りの結果、浮かび上がってきたのは、

・自分の「嫌だ」と向き合う姿勢は、みんなが持っているものではない

・「自分の嫌だと思う感情を大切にする」という視点に、「ハッ」とする人もいる

ということ。

自分1人で抱え込んでいたら、気づかなかったことです。

画像2

「好き」も「嫌い」も自分を形作る大切なもの

起業塾のみなさんとのやり取りの中で、特に印象に残ったのが、「嫌い」という感情に対して、人それぞれ捉え方があるということです。

たとえば、何かを「嫌だ」と思ったとき、そのことについてあまり考えないようにする人もいるし、そのことについてじっくり考える人がいるということ。

私の場合は、何かを嫌だと思ったら、「嫌だ」をいくつかの要素に分解して、負の感情の根っこを探ります。

「うぉ〜。なんか嫌だ。なんで嫌なんだ?Aだから?Bだから?Cだから?

 あ、そうか!私、時間に追われるの嫌いなんだ!」


このプロセスを経ることで、同様のことが起こりそうになったとき、自分がどうしたいかを言葉にできる。

画像3

何かを「嫌だ」と思ったら、その反対の「〜したい」を考えてみるといいよ

これは、起業塾講師の川島彩さんから今回いただいた言葉。

彩さんのメンター、「幸せ女性起業家大学」の叶理恵さんも「I want + why」で語ろうと仰っている通り、自分がどうしたいかを言葉にするって、大事です。


自分がどんな場面で、どんな感情を持つのか自覚する。(自分の幸せを知る)

その上で、あらゆることを選択していく。これは、毎日を居心地よく過ごすためには欠かせないことです。

こういった一連の考え方をしていることは、見る人から見ると「へえ〜!」「面白い」と感じてもらえるようです。(彩さんや理恵さんの影響が大きい)


「あなたのそれ、詳しく知りたい」と興味を持たれたら

SNSでのやり取りには、気付かされることが多いです。

●やってることは、レンガ積み 毎週末、その週のPDCAを図にしている。 そして、週の行動目標の8割は達成するようにしている。 (基本的に自分に優しく小さい目標を立ててるので、10割達成することも多い) もちろんできない時もあるし、でき...

Posted by なかがみ みほ on Wednesday, May 12, 2021

この図は、私が毎週末書いているPDCA表。

先日、この図をFacebookでシェアしたところ、「いいね〜!ワークショップしてほしい」と声をかけてくださる方がいました。

自分としては、「え!この図のワークショップ?何やったらいいんだろう」と感じたのですが、その後のやり取りで、たくさんの気づきがありました。

そのうちの一つが、「自分が当たり前にやっている、誰かが興味を持ってくれたこと」を人の役に立つ形にするには、以下の三つが必要だということ。

・ステップ化(再現性を持たせる)

・意味と意義を伝える(なぜそれをしているのか)

・ポイントを伝える(うまくいくために必要なこと)

そっか、それでいいんだ!

全く想像できなかったところから、ぼんやり全体像が見えてきた〜!

これ、私にとっては大発見です。

これも、最初の図をSNSで投稿しなかったら、得られなかったであろう気づきです。

「自分にとって当たり前のことが、人にとっても当たり前というわけではない」ことも、改めて実感しました。

ちょっとした自分のアウトプットから、人とのやり取りが生まれ、人にも自分にも気づきの連鎖が生まれる。

発信って、面白い。





思考の可視化と会話のキャッチボールから気づきが生まれるグラレコセッション

私は、グラフィックレコーダーとして「チャレンジし続けたい人が、思い描いたことを現実にするグラレコセッション」を提供しています。

グラレコセッションとは、クライアントさんの話したことをじっくり聞いて、絵と文字で可視化し、思考整理をお手伝いするものです。

筋トレでジムに行くように、自分の思考や感情をアウトプットする習慣を作ることで、自分自身で「現状を変える」ための一歩を踏み出すことができるようになります。

現在、継続のグラレコセッションは満席のため、優先案内をメルマガで行っています。
特別メニューの「単発グラレコセッション」も、メルマガでのみ1ヶ月〜2ヶ月に一回募集します。
ご興味のある方は、下記メルマガ登録フォームより、お名前とメールアドレスをご登録ください。

Atelier Minhoan Website



川島彩さんの起業塾にご興味のある方は、まずは「デザインオアシス」のメール講座にご登録ください。下記リンク先のページからお申し込みいただけます。

(6月から2期を募集される予定です)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
9
「描いた、その先へ」 チャレンジし続けたい人が、迷わず行動できるグラレコセッション、絵画・イラスト制作をしています。 「一人ひとりの幸せが波紋のように広がって、世の中全体が豊かになる」と信じています。 コーチングプレイス認定コーチ、日本画制作歴17年、第39回日展入選。