見出し画像

この一枚が、私の勇気。


先日、さわらぎ寛子さん主宰の文章構築アカデミーオンラインサロン勉強会にて、絵画制作のキャッチコピーを相談しました。

上に書いた言葉(「この一枚が、私の勇気。」)は、参加メンバーの方が提案してくださったコピーです。

この勉強会を通して、私は、自分の絵を届けたい相手が変わってきたことに気付きました。


自分の色は、何色か

私は約7年前から、「あなたを色で描く」絵画制作をしています。(colors project)

人の内側にある、言葉で表現できない素晴らしい何かを、色彩で表現したい」と感じたからです。

「あなたにはあなたの色がある。どんな色も私には魅力的に見える。」

Facebookに、自分なりに感じていることを投稿したところ、複数の方から反応をいただきました。

これが活動のきっかけです。

画像1


なぜ、描くのか

綺麗に描いた絵=素晴らしい絵ではありません。

ゴッホ、モネ、ダリ、マネ、マティス、ブリューゲル、レンブラント、ピカソなど(有名な画家を思いつくまま描いています)

それぞれの表現の個性があります。

美術の教科書に載っているような絵を描いていた画家でも、人によって時代によって、評価が違うことがあります。

私は、絵の評価が見る人や時代によって変わるのと同じように、「人が人を見る目」も絶対的な「正しい見方」はないと感じています。

「誰かの素晴らしさ」は、他人が理解しきれるものでも、表現しきれるものでもない。

自分自身にすら、自分の全ては掴めないものだと感じています。

でも、だからこそ「自分が感じるその人」を、私は表現したくなるのです。

画像2


「特別なあなた」に絵を贈る。

「唯一無二の、あなた」に想いを馳せて、その人にピントを合わせて絵を描くには、かなりのエネルギーを使います。

それでも私が絵を描く理由は、頼んでくれた人にエールを送りたいから。

絵をご購入いただいた方からは、

「背筋が伸びて、部屋を綺麗にしたくなる」
「元気をもらえる」
「特別感があって、すてき」
「エネルギーが高まるような感じがする」

と好評です。

なお、私はcolors projectの絵を描くのは、自分の心と体が整っているときにのみと決めています。

制作そのものにも時間がかかるので、現状は1年に1作品だけ受けています。

(今年はすでにご予約が入っています。次は2022年以降です。)


自分が「時間」を使いたい相手は、誰?


今回のさわらぎさんの勉強会で、

絵をどんな人に届けたいのか、

誰にどんな未来を掴んで欲しいのか、

改めて考えることになりました。


「自分は、誰の力になりたいの?」


数年前は、弱っている人や元気がない人に、絵を届けたかった。

少しでも元気になってくれたら嬉しいと思っていました。

今は、「覚悟を決めて、勇気を出して、前へ進んでいく人の力になりたい」と、感じています。

画像3



絵画制作について、詳細はこちら↓をご覧ください。(料金は今後変更する場合があります)


絵画制作・グラフィックレコーディング共に現在満席です。

優先案内をご希望の方は、下記フォームよりメルマガにご登録ください。

お名前とEメールアドレスを登録すると、月に1〜4回程度メルマガが届きます。


———————————————————

 Atelier Minhoan Webサイトはこちら

●絵画制作のご案内

https://minhoan.fun/colorsproject/

●Twitter

https://twitter.com/tarach_up

●グラレコセッションのご案内

https://minhoan.fun

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!コメントもお待ちしています!
7
「描いた、その先へ」 チャレンジし続けたい人が、迷わず行動できるグラレコセッション、絵画・イラスト制作をしています。 「一人ひとりの幸せが波紋のように広がって、世の中全体が豊かになる」と信じています。 コーチングプレイス認定コーチ、日本画制作歴17年、第39回日展入選。