マガジンのカバー画像

ゆぴの10分日記

424
帰り道の10分間で書く独り言のような日記。よわっちくても生きてるだけでえらいえらい!
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

自信がないあなたへ何度でも言う、『あなたはすごい』

最近周りの友達がバタバタと闇落ちしている。 いや、闇落ちという言い方は正しくないな。仕事に疲れて心を病んでしまっている。 それで、あまりにもひどいので 『早くエスケープしなよ…!』 と言うんだけど、テコでも動かないんだこれが。 なんでかと言うと、大体鬱になってしまう人は、『完璧主義』な人が多く、完璧な理想の自分と現実の自分の乖離が許せなくてもがいているうちにだんだん病んでしまうそう。 自分はもっとできるはずだ、自分なんかが鬱になるはずがない、って更にがんばってし

スキ
721

もうこれ以上「ワガママ」に呪いをかけるのをやめてほしい

この記事を更新したところ、母からこんなLINEが来た。 自分が心地良い裏で、誰かが不快なこともある。難しいけど、ワガママとマイペースは紙一重。ワガママな人は、自分が1番可愛くて、自分のことしか考えてないから、きっと自分は幸せ。でも、ワガママな人と一緒にいる人は、疲れたり不快な思いをする。人との関係はそのバランスの取り方だと思うな わたしはこれに対して強く反発がしたくなった。 ワガママな人は、自分が1番可愛くて、自分のことしか考えてないから、きっと自分は幸せ。でも、ワガマ

スキ
198

「自分が心地よいと思う」自分になる

「自分の好きな自分でいたい」と思うのって割と当たり前のことのように思う。そりゃ、自分の嫌いな自分にはなりたくないじゃない。 でも、「自分の好きな自分」でいるために、理想の自分をついつい押しつけてしまいがちだ。 たとえば、「つねに笑顔でいること」とか、「毎日頑張る」とか、「人に何かを与えられるようになる」とか。 わたしもずっとそうだったからこそ、理想の自分との狭間でもがいて苦しむことがたくさんあった。でも、あるときふと気付いたのが、「ありのままのあなたがいいんだ」と言って

スキ
214

「毎日必ずこれをする」って決めるのがしんどすぎる

習慣って身につけるのとやめるのと、どっちが難しいんですかね。 習慣化する手順としては、自分の日常に無理なく溶け込ませるためにハードルを下げまくり、隙間時間に組み込む、目の入る場所に置いておく、などの方法を提案しているけど、「やめる」ことはあまり考えたことがなかった。 そもそも、「自分にどんな習慣があるのか」自覚している人ってどのくらいいるんだろう。怖くなったので、ちょっと書き出してみた。 ・先延ばしにする ・何でもメモする ・出発ギリギリまでのんびりする ・タブを30個

スキ
100

いつでもどこでも働き、いつでもどこでも休みたい

2020年から2021年にかけては「ステイホーム」ということもあって、とことん自宅環境を整えることにこだわった。デスクを購入し、モニターを購入し、便利家電を揃えて仕事に集中できる環境をつくった。 …というのもそうするよりほかなかったし、「おうちじかん」のハッシュタグをつけて自宅の内装を投稿しているアカウントにもちょっと憧れがあったので、インテリアにもこだわったりもした。 そんなわたしが今、「ホテル暮らし」という新しい試みをしている。 ホテル暮らしはまわりの友だちが結構や

スキ
107

アベンジャーズを観ようと思いつづけ、気付いたら29作品になってた件

まわりにね、いるんですよ。わんさか。 「アベンジャーズ好き」が。 で、わたしも「アベンジャーズ」とは知らずに『アイアンマン』を公開直後アメリカで観たのである意味最速で観ているんだけど、わたしのなかでは彼の物語はあの時点でおわっていたのよ。 でもね、あれが「アベンジャーズ」の始まりだったみたい。 アベンジャーズは観る順番がある。「公開順」と「時系列順」だ。初心者は公開順で観るのがオススメだとアベンジャーズ好きの友人に教えてもらった。 しかし、版権の問題でディズニーチャ

スキ
72

この世界は、ある程度の知識があったほうが楽しめるようにできている

昨年、宮沢賢治でお馴染みの岩手・花巻市を訪れた。 代表作は何となく知っていたものの、宮沢賢治童話村に足を踏み入れた瞬間、「アッーーー! これは、宮沢賢治作品を全部読んでいないと100%楽しめないやつだーーーー!!!!」と悟り、膝から崩れ落ちそうになった。 しかも幼きころの読み間違いゆえ、「イーハトーブ」のことを「イートハーブ」だと思い込んでいた。草食べてるだけやん。何やねんそれ。 とりあえず館内をじっくりまわってみたものの、「あぁ…名前は聞いたことあるけど読んだことはな

スキ
110

「推しを書くこと」は「推しを広めること」なのだ

わたしの本業はライターだ。 主にさまざまな人へ取材をして記事をつくる。それは代弁者のような仕事でもあり、「その人の良さを知ってもらう」という「広める」仕事でもあると感じている。 そもそも、最初にTwitterをはじめたときの原動力は、「自分の書いた記事を多くの人に読んでもらいたい」「わたしが取材した素敵な人を知ってもらいたい」というものだった。 「書く」行為そのものはもちろん、「広める」というのも好きなのだ、元来。 日々のツイートも「見てー!聞いてー!」というテンショ

スキ
115

「1ヶ月まるっと休む」が可能な世界へ行ってみようと思う

わたしが新卒で入社した会社では、「10年勤続すると2ヶ月休める」という制度があった。 休暇を使って海外へと飛び立った先輩から送られてくる写真を眺めて羨みつつ、「わたしは10年も勤続できるかしら」と思ったものだ。 実際、その会社は1年半で辞めてしまい、その後の転職先も毎日超絶ハードだったので、そんな制度のことはしばらく忘れていた。 思い出したのは、ここ最近のことだ。友人が海外で日銭をポーカーで稼ぎながら、残りの時間はほとんど読書に充てている、という話を聞いて、「悠々自適で

スキ
160

ことしは「仕事をもらう」ところから「自分で仕事をつくる」年にしたい

2022年、あけましておめでとうございます!  今年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、2022年は「自分で仕事をつくる」年にしたいなと思っています。 「今まで自分のこと、やれてなかったの?」と突っ込まれそうな感じだけど、もちろんそういうことではないんです。自分のことをやりながらもクライアントワークをしてきたから。 ただ、「クライアントワーク」と「自分の事業」というのはやっぱり少し違うと思うんですね。もちろんクライアントのために尽力することは楽しいし、やり甲斐もあ

スキ
145

2021年の振り返り。はじめて自分から積極的に動いた年だった

2021年、おわっちゃいますね。ちょうど2020年のnoteを見返していたのですが… 「もう無茶しないの、頑張らないの」「『仕事!』って思わずに、楽しいことがたくさんできたらいいな〜」というゆるふわ発言をかましており笑いました。 さて、実際の2021年はどうだったのかしらと言えば、「ゆるふわながらも新しいことにたくさんチャレンジ」していた1年となったみたいです。簡単に振り返ってみよ〜! はじめて書籍を出版するやはり2021年を語るうえでここは外せない!(笑)2020年の

スキ
82

【月報】2021年12月のお仕事まとめ

師走ですねぇ〜ということで、だから何なんだという話なのですが、今月も振り返ってゆきたいと思います。いぇい! 今月執筆した記事記念すべきユートラ編集部デビュー作は大好きなワンキャリアの寺口さんにインタビュー! over30転職について根掘り葉掘り聞いております。 TABIPPOさんもデビュー! 沖縄の星野リゾートを紹介するという最高極まりないお仕事に巡り会えて幸せでした。沖縄あったかかったなぁ。 そして、地味に人気な連載(らしい)、「健康で文化的なADHDフリーランスのお

スキ
62

「割り切ること」が大人じゃないって思いたいよ

悔しい!!!!!! 嫌だ!!!! …って思うこと、日常のなかで多々あると思うんだけど、その「悔しさ」「嫌」をどう消化するのかが変わってきたような気がする。 前までは悔しいことや嫌なことがあっても、せいぜい友だちにこぼしまくったうえで、デトックスする程度だった。 「そうだよね、仕方がないこともあるよね。最終的に受け入れることが大人だよね」 なんて自分に言い聞かせて飲み込むこともあった。とりあえず愚痴ったしいいかぁ、と。別にわたしがああだこうだ言ったところで、何も起きない

スキ
77

人を育てるためには正論をぶつけるだけじゃダメなのかもしれない

最近ちょっとした悩みがある。 それは、歯に衣着せぬストレートな物言いをしてしまうことだ。(嫌だーーーーー!!!) もともと会社員のころからライティングと並行して記事を編集すること自体はやっていたが、もともとある程度書ける外部ライターさんに依頼していたので、やるとしてもちょっとスパイスを加える程度だった。 今年に入ってから「ライターをきちんと育てる」というのを念頭に置きつつ、編集業務をやることになったのだが、「育てる」となると、編集ではなく丁寧に添削してフィードバックをし

スキ
79

【祝・5刷!!】書籍をたくさんの人に届けるためにやったこと全部 #書く習慣

2021年8月31日に出させていただいた『書く習慣』。 おかげさまで、発売4ヶ月で5刷(15,000部)となりました! もう本当に…感涙です。お手に取ってくださりありがとうございます。そして、「思わず書きたくなりました!」と早速感想をツイートやブログ、noteなどに書いてくださる方の多いこと。本当にありがとうございます。 今でこそ毎日が皆さまの感想に溢れていて幸せな日々を送っているのですが、実は発売当初は「全国の書店から返品が来たらどうしよう」と思うぐらいソワソワしてい

スキ
172