見出し画像

バリケード・シューティング〜正しい依託の仕方とは?〜


射撃の極意とは、ライフルがグラつくのを抑えて照準を安定させられるように、如何にしてライフルを保持するか、ということだ。そうすれば狙ったところに命中させることができる。

それに対する典型的な答えは、体の骨格を使うことを意識して、伏射ち、膝射ち、座り射ちなどの姿勢の要点を一つ一つ確認することだ。
確かにその通りだが、それには地道な練習を積む必要があるし、姿勢を点検して照準を的に合わせるのに時間もかかる。

平らに均された地面の上や大草原で射撃するなら、それは全く正しい。しかし、身を守る為にライフルを持つ人間という生き物が住む広大な陸地には、銃を依託できるものがたくさんあるのだ。

この続きをみるには

この続き: 3,720文字

バリケード・シューティング〜正しい依託の仕方とは?〜

mil-info

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネタ資料の収集や翻訳器材に使わせていただきます。よりディープな記事提供のためご支援宜しくお願いします。

"MODERN INFANTRYMAN"をテーマに現代の歩兵戦闘技術を紹介していきます。 サークル「新・歩兵操典」では歩兵戦闘技術の知識の普及を目指し、現代の日本歩兵である陸自普通科隊員のために参考となる記事を配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。