流れは塵と共に

11
00:00 | 00:30

悠凜さんのを聴いて翠さんの書かれたものを読んで、私なりに詠みました。翠さん、UPの許可ありがとうございます。カバー画像までいただき感謝です。聴いていただけたら幸せます。

わーい🙌
4
00:00 | 00:30

『流れる』に続き『断つ』も詠ませていただきました。
拙い詠みですが、聴いていただけたら幸せますm(__)m翠さん、ありがとうございました。素敵な作品に傷をつけてないことを祈ります私( ;∀;)

駄文書きに好きくれてありがちゅっ😗
3

吉田翠さん作『流れは塵とともに/スピンオフ2~葵~』を詠ませて戴きました。

音声化と音声編集は、私の専門外の中でも特にセンモンガイなので、いろいろとご容赦ください(笑)
(※注・棒読みにしてもヘタクソな上、ノイズ処理や音量バランスなどがうまく出来ておりません。ダース○イダー卿みたいな呼吸音が聴こえてしまうかと思いますが、ご容赦&ご注意くださいw)


【原作】
☆吉田翠さま
 → https:/

もっとみる
必殺!スキ♡返し!♡
21

吉田翠さん作『流れは塵とともに/スピンオフ1~桔梗~』を詠ませて戴きました。

音声化と音声編集は、私の専門外の中でも特にセンモンガイなので、いろいろとご容赦ください(笑)
(※注・棒読みにしてもヘタクソな上、ノイズ処理や音量バランスなどがうまく出来ておりません。ダース○イダー卿みたいな呼吸音が聴こえてしまうかと思いますが、ご容赦&ご注意くださいw)


【原作】
☆吉田翠さま
 → https:

もっとみる
わたしも♡
25

吉田翠さん作『流れは塵とともに~断つ~』を詠ませて戴きました。

音声化と音声編集は、私の専門外の中でも特にセンモンガイなので、いろいろとご容赦ください(笑)
(※注・棒読みにしてもヘタクソな上、ノイズ処理や音量バランスなどがうまく出来ておりません。ご注意ください)


【原作】
☆吉田翠さま
 → https://note.mu/midoriandhana
『流れは塵とともに~断つ~』
 → h

もっとみる
ホンキにしていいか?♡
26

吉田翠さん作『流れは塵とともに~流れる~』を詠ませて戴きました。

音声化と音声編集は、私の専門外の中でも特にセンモンガイなので、いろいろとご容赦ください(笑)
(※注・棒読みにしてもヘタクソな上、ノイズ処理や音量バランスなどがうまく出来ておりません。ご注意ください)


【原作】
☆吉田翠さん
 → https://note.mu/midoriandhana
『流れは塵とともに~流れる~』
 →

もっとみる
おれもだよ♡
32

流れは塵とともに

流れる

 農家の朝は早い。
 都からは程遠く離れた村。それでも小さいながら市も立つし、行商の旅人が少なからず行きかう山あいの農村。
 みつは、今朝もかまどに入れる木ぎれを納屋に取りに行く。昨夜の雨も上がり、空気が新緑の匂いを包む。
    ここへ来て嫁入り話がぽつりぽつりと交わされるようになった。みつ自身、深い考えも無くそんなものだと受け止めていた。

 人の気配を感じてふっと目をやると、朝も

もっとみる
(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)嬉しゅうございます
38

流れは塵とともに

断つ

 気が付くとみつは山の中にいた。何かに導かれるように山の中を歩いていた。
 怖い物見たさ。
 怖れという名の好奇心が、みつを山へ向かわせたものの正体だと、気付くことも無いままに山の中を歩いていた。

 あの時、桔梗が言った言葉の意味が、みつにはわからなかった。
 「それが舞手の血か? 」と尋ねたみつに
 「血…… 血とはまた…… もしそれが運めを決めるなら、わたしは運めにあらがって生きるし

もっとみる
ウレシクテソワソワ( ˙-˙ )♡
41

流れは塵と共にースピンオフ1

noteを始めてしばらくの頃。ですのでかなり前になりますが、短編『流れは塵と共に』という物語を投稿しました。古来よりの文化・芸能の担い手はその多くが賤民とされ、怖れを含む好奇な視線を向けられた被差別民でした。

白拍子の流れをくむ舞手ふたりが登場する物語です。
この物語のその後のようなものを『桔梗』『葵』というふたつの作品にしてみました。

流れは塵と共に
1『流れる』はコチラ
2『断つ』はコチラ

もっとみる
♪───O(≧∇≦)O────♪マジですかー!
57