マガジンのカバー画像

流れは塵と共に

14
昔書いた小説です。古代史を学ぶ流れの中で知り得た、中世日本のひとつの断面。歴史は今の感覚で良し悪しをつけることはできず、ただ知って、明日を見つめればいい。 尚マガジンにはスピンオ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

掌編 忘却へ

神話部二月お題 【像】 時代は中世室町の世 掌編 忘却へ 「この般若菩薩像は間違いなく父…

コラボ 【花が舞う】

初ざくら世阿弥の舞ということか 【俳句・草笛】 時は義満の世、花の頃。 芸に身を置くひと…

さくらコラボ

桜🌸 振り返ると、桜でたくさんコラボさせていただきました。 一部を再掲してみます。 桜1…

吉田翠様作_流れは塵とともに_流れる__

00:00 | 00:30

悠凜さんのを聴いて翠さんの書かれたものを読んで、私なりに詠みました。翠さん、UPの許可あり…

2年前

吉田翠様作_流れは塵とともに_断つ__

00:00 | 00:30

『流れる』に続き『断つ』も詠ませていただきました。 拙い詠みですが、聴いていただけたら幸…

2年前

吉田翠さま作『流れは塵とともに/スピンオフ2~葵~』

00:00 | 00:30

吉田翠さん作『流れは塵とともに/スピンオフ2~葵~』を詠ませて戴きました。 音声化と音声…

2年前

吉田翠さま作『流れは塵とともに/スピンオフ1~桔梗~』

吉田翠さん作『流れは塵とともに/スピンオフ1~桔梗~』を詠ませて戴きました。 音声化と音声編集は、私の専門外の中でも特にセンモンガイなので、いろいろとご容赦ください(笑) (※注・棒読みにしてもヘタクソな上、ノイズ処理や音量バランスなどがうまく出来ておりません。ダース○イダー卿みたいな呼吸音が聴こえてしまうかと思いますが、ご容赦&ご注意くださいw) 【原作】 ☆吉田翠さま  → https://note.mu/midoriandhana 『流れは塵とともに/スピンオフ1~桔梗~』  → https://note.mu/midoriandhana/n/n38061ab3000e 【BGM】 ☆花本恵介さま  → https://note.mu/hanasuke2520 『石の嘆き_remix_ver』  → https://note.mu/hanasuke2520/n/n95ed09bf2172 翠さん、花本さん、ありがとうございました。

スキ
25

吉田翠さま作『流れは塵とともに~断つ~』

00:00 | 00:30

吉田翠さん作『流れは塵とともに~断つ~』を詠ませて戴きました。 音声化と音声編集は、私の…

2年前

吉田翠さま作『流れは塵とともに~流れる~』

00:00 | 00:30

吉田翠さん作『流れは塵とともに~流れる~』を詠ませて戴きました。 音声化と音声編集は、私…

2年前
+1

ー 川のほとりに佇む者は何処へなりと行けというー土曜絵画

流れは塵とともに

流れる 農家の朝は早い。  都からは程遠く離れた村。それでも小さいながら市も立つし、行商…

流れは塵とともに

断つ 気が付くとみつは山の中にいた。何かに導かれるように山の中を歩いていた。  怖い物見…

流れは塵と共にースピンオフ1

noteを始めてしばらくの頃。ですのでかなり前になりますが、短編『流れは塵と共に』という物語…

流れは塵と共にースピンオフ2

スピンオフ1『桔梗』はコチラ 『葵』  今頃桔梗はどうしているのだろう。  風の便りでは、高貴な方の傍で華麗な舞いを見せていると聞いた。三日月と言われたわたしは、もうすっかり舞うことを忘れたが。  本当にこれで良かったのだろうか。  桔梗の中に横たわる情の色を知ったわたしは、自分の側から離れるようにと諭した。そうでもしなければ、二人とも深く泥の沼に沈んでしまうと思ったからだ。  わたしも村を出て八年。ようやく船頭として食っていくことができるようになった。 物

スキ
48