見出し画像

私の日常は誰かの特別 SEKAI HOTEL│大阪ホテル #HOTELIST

SEKAI HOTELは、大阪の下町「布施」の一画にある少し変わったホテルだ。

画像1

布施(ふせ)駅は大阪駅から御堂筋線に乗り、近鉄奈良線に乗り換えて30分ほどで着く。

東京でいえば蒲田駅か、いや鶯谷駅か。商店街があり活気のある下町。観光地らしい観光地は、特に無い。

画像2

もともと近鉄奈良線は、奈良駅と布施駅をつなぐ路線だった。開業は1914年と大正時代まで遡る。

もともと近鉄奈良線の終点駅だった布施は、当時この地域で一番活気のある街だった。今でも高架を挟んで、商店街のアーケードが南北に伸びている。

画像3

1970年に近鉄難波線が開通し、奈良から直通で難波に出られるようになってからは乗降客数もだいぶ減ったと聞く。

けれど今でも街には人がいて、近郊の大型スーパーではなく、商店街で買い物している姿も見かける。

画像4

大阪でもディープな街、布施。SEKAIHOTELはそんな布施の日常を体験できるホテルなんだそう。

■街に溶け込んだチェックインカフェ

画像5

Google Mapをもう一度見る。

確かにこのあたりなのだが……。目的地を示す赤いアイコンは、大きな通りから一本入った路地の中ほどを指している。けれど、ホテルらしき建物は見あたらない。

どういうことだろう。

3度ほど往復した道を、今度はじっくりと1店舗ずつ見ながら歩く。

「ん?」

画像6

閉店してる洋服やかと思ったら、どうやらここがホテルのようだ。すっかり見落としていた。

「こんにちはー・・」

「あ、こんにちは」

カランカラン。という音とともに、カウンターの奥から白Tシャツの青年が出てきた。胸にはSEKAIHOTELのロゴがある。

画像7

どうやらここで間違いないようだ。カウンターでチェックインを済ませてもらっている間にカフェを見渡す。

画像8

表情豊かなグレイの壁に、黒く塗装された直線的なライト。木目の床や天井にはあたたかみがある。

どこかレトロなオレンジ色のソファがアクセントになっている。

画像9

「では、SEKAIHOTELについて簡単にご説明しますね。

SEKAIHOTELでは布施の日常を過ごしてもらいたく、宿泊者の皆様にSEKAI PASSをご用意しております。ここに掲載されているお店は、通常よりもお得に利用できますので、ぜひ遊びに行ってみてください。

画像10

ちなみに、なぜ布施の日常体験を勧めているのかというと、僕たちの思いとして"私たちの日常は、誰かにとっての非日常であり、世界中の何処もが旅行先になる"と考えているからなんです。

じゃあ、お部屋までお連れいたしますね。」

青年はカウンターからぐるっと周り、扉のほうへ近づいていく。

「あれ?ホテル、ここじゃないんですか?」

「部屋は商店街の中にあるんです」

■商店街のどまんなかにあるホテルの部屋

そう言うと、彼はずいずいと歩き始めた。八百屋さんの角を曲がり、商店街の奥へと進んでいく。私は慌てて彼について行く。

画像11

時々立ち止まりながら、「ここの酒屋さん、実は隣に角打ちがあって、あの看板が出てるときだけやってるんですよ」

画像12

「ここを曲がった先に銭湯があるんで、よかったら夜行ってみてくださいね」「あっ。ここのおばあちゃんの七味、すっごく香りがいいんです。目の前でブレンドして、作ってくれます」

歩いている時間にして5分もかからないのだが、溢れんばかりに布施のスポットを話してくれる。

「お部屋はここです」と、彼が立ち止まったのは商店街のど真ん中。

画像13

画像14

「ここはもともと空き店舗だったんです。SEKAIHOTELで改修して、宿泊者のお部屋にしたんです。はい、鍵はこれです。なにかあったら、カフェにいますのでご連絡くださいね。」

ホテルが商店街の中にあることは、想像できた。

けれど、今日泊まる部屋が商店街にあるとは思わなかった。本来なら建物に入り、入り口でチェックインして、廊下を通って、部屋に辿りつく。部屋にはいる瞬間は、ホテルに泊まるときの醍醐味の1つだ。

これじゃ、家じゃないか。

けど、なんだか妙に緊張する。

そうっとドアを開けると、シンプルな1Rの部屋だった。目の前にカフェのようなローテーブル。奥には簡単な水回りとミニ冷蔵庫。

画像15

玄関がないので、個室空間と公共との間の空間だ。カフェのような、部屋のような。なんだか曖昧な空間がおもしろい。

画像16

ベッドは少し奥まって置かれており、外からは見えないような配置になっている。

カフェと同じテイストのペンダントライトに、黒く塗装された金網が無骨な雰囲気を醸しておりかっこいい。秘密基地のようだ。

画像17

漆喰風の壁や、寝室部の床や天井に木材を使用したりと、インテリアの細かいところにもこだわりが感じられる。まだ新しく、とてもきれいだ。

外を歩いている人たちの声、自転車が鳴らすベルの音、キャッキャ駆け回っている少年たちの声。そんな生活音が微かに聞こえてくる。少し防音は弱いのかもしれない。

部屋が商店街の中に溶け込んでいる。

そうか、これは布施の人たちの日常なのか。

夜になれば彼らの声や足音は聞こえなくなるのだろう。もしお店をもったらこんな感じなのだろうか…なんて考えながら荷物をおろし、一息ついた。

■布施を存分に楽しむ「和菓子づくり」

SEKAIHOTELでは、街を楽しむ体験プランを複数用意している。

この日はせっかくなので「和菓子作り体験」を予約していた。予約した時間にカフェに戻ると、女性のスタッフさんに声をかけられた。案内してくれるそうだ。

和菓子屋さんは、カフェから徒歩10分ほど。

画像18

店主のおじいさんに挨拶すると、手を洗うよう促される。まずは、おじいさんがお手本を見せてくれた。

おはぎがおじいさんの手元で、いとも簡単にころころと作られる。

画像19

画像20

「ほれ、簡単やろ。やってみ」

画像21

「あんこをまるめてな、そうそう。」

画像22

「もち米は手に付きやすいから、すぐにころころしたらええんよ。ほれ、こう」

画像23

「ええやん、簡単やろ」

画像24

基本のベースはもち米をころがして、それをあんこで包む。文字にすると簡単なのだが、実際に手を動かしてみると、これが思うように自分の手が動かなくて難しい。

「んじゃ次は、桜の花な」

画像25

画像26

白餡に2、3滴赤色着色剤を入れて、ピンク色にした餡を型に詰める。

画像27

木の棒で花びらの切り込みを入れ、

画像28

ザルで濾した黄色の餡をそっと花びらの中心に乗せる。

画像29

見様見真似でつくるのだが、楽しい。

まるで粘土遊びのようだ。

画像30

なんだかんだ、1時間半があっという間に立ってしまった。

体験プランでおもしろかったのが、和菓子づくり体験とは関係ないのだが、作っている途中で当然のように知らないおっちゃんが厨房に入ってきたことだ。

あまりに自然に私達に話しかけてきたので、ホテルの関係者かと思っていたのだが、どうやら和菓子屋おじいさんの同級生とのこと。

画像31

あとからスタッフさんに聞いたのだが、これくらいのことは日常的にあるのが大阪布施なんだそう。

■タイムトラベルするなら夜の大阪布施へ

布施はディープな街だ。歩いているだけで、タイムトラベルしたような気分になる。線路を挟んで、南北で街の顔が違う。

SEKAIHOTELがあるのは南だ。生活用品店が多いので昼間に賑わうが、夜はシャッターが続く。

画像32

一方北は、飲み屋やちょっとあれなお店が集まっていて全く違う顔だ。綺羅びやかな袖看板を眺めながら散策をする。

画像33

画像34

あちら側は違う世界のようだ。

画像35

画像36

夜は、そば粉を使ったガレット風お好み焼き。パスポートに掲載されいている「よしひろ」の名物だ。これがまたビールにあって美味しい。

画像37

画像38

この日は、SEKAIHOTELのスタッフさんたちと会う約束をしていた。2軒目は、彼らの行きつけの居酒屋さんに行く。

お店に入ると、懐かしい景色。

画像39

せまーい通路に肩がぶつかるほどの距離で座る客。

常連さんでいっぱいの居酒屋には、がちゃがちゃと幸せな音にあふれていた。スタッフの2人と並んで、角の席に座る。

関東で見たことのない「ひやしあめサワー」を見つけたので頼んでみた。

画像40

「ひやしあめ」は雑に言ってしまうと、あまーく煮詰めたジンジャーシロップである。関西では夏の定番の飲み物なんだそう。ぴりりとジンジャーの辛みもあり、さっぱりとして飲みやすい。

なんだか懐かしい味がする。

「あんた、どっから来たの~」

突然、隣の人に話しかけられた。彼、なのだが彼女は、どうやらマスターとは旧知の仲なんだそう。しばらく前まで、このあたりでママをやっていたとの話だった。

ここでは人と人の距離が近い。

24時になる少し前に、私たちはお店を出たが、本当は布施の夜の序の口だったかもしれない。

■タバコの匂いのする朝の喫茶店

朝。寝起きの私の耳に、人が行き交う音が聞こえてくる。

「……。ああ、そうか。」と寝ぼけながら、街の音を布団の中で聞く。

そういえば、モーニングの美味しいお店があると言ってたな。着替えていこう。

画像41

画像42

店に入ると昔ながらの喫茶店。店内には少し埃っぽい匂いとタバコの匂いが入り混じる。席に着いて、私はモーニングを頼んだ。

「おおきに」という言葉と一緒に、置かれたのはたまごサンドだ。

画像43

画像44

ふわふわのたまごとハムと食パン。昔ながらのサンドイッチ。

まるで雑誌で見るようなレトロな喫茶店の空間に身を委ねて、ふと思う。きっと毎日ここに通う人もいるのだろう。布施の人たちの日常がここにあるのだ。

布施の日常は、私の特別なのか。彼が昨日教えてくれた言葉を思い出す。

つまりだ、私の日常も誰かの特別なのだ。

世界中飛び回らなくても、あなたにとって特別な体験って、実は身近にあるに違いない。


画像45

布施を案内してくださったお2人。小林昂太さんと渡辺優さん。素敵な体験をありがとうございました!

■大勢で泊まる部屋もありました

画像46

画像47

画像48

▲コンセントが各布団の上にあるの、めちゃくちゃわかってる。


余談なのだが、ここで飲んだひやしあめサワーが美味しかったので、私はあの紹介してもらった酒屋さんでシロップを買いました。幸せのお持ち帰り。

ホテル紹介マガジン書いています。よかったら見てね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭と売上は、ホテルの宿泊代にさせていただきます。今は一流ホテルに宿泊してレポートするための軍資金を貯金しています*

えへ♡
178
旅行と映画とTwitterが好き。ホテル紹介がプチバズする人。時々ホテルnote書いてます。

こちらでもピックアップされています

ホテリストのホテル紹介マガジン
ホテリストのホテル紹介マガジン
  • 15本

素敵なホテルを紹介します。 月に2、3件ホテル泊を楽しむ会社員が、ホテルの魅力を空間的な視点からnoteを書いています。空間とホスピタリティの掛け合わせで、非日常的な浮遊感のある「WOW!」を感じられるホテルが好きです。

コメント (5)
こういう世界観大好きです!ご紹介ありがとうございます!!
北山さん
布施、ご存じですか!結構マイナーなとこなんですよね!
食べ歩き最高ですよね〜!
宝塚ラボ子さん
素敵なホテルさん、というかとはや素敵な商店街だったので、ぜひ1度遊びに行って見てください😍
面白かった!
ひさびさに大阪行きたくなりました!
私の好きだったなんばの駅上のホテルは経営が変わってしまったし(T_T)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。