見出し画像

アップル、今度はアップルカーで自動車市場に参入か???

(この絵はあくまでイメージ図です。)

iPod(2001年)、iPhone(2007年)、iPod(2010年)と次々に画期的な商品を世の中に投入して来たアップルが、今度は、「アップルカー」を市場導入か?

昨日(2022年8月2日)の日経新聞には、そんな夢のある記事が載っていましたので紹介します。

1.Apple、「酔わない車」で異世界へ モビリティーを深耕 特許で迫る Apple Car(下)【日本経済新聞2022.8.2朝刊、電子版】

↓有料会員限定サイト

この記事では、アメリカの特許商標庁が5月に、車に関連する「動きと同期した仮想コンテンツの没入型ディスプレー」というアップルの特許を公開したことを紹介しています。

その中で、「頭脳」「フロントガラス」「車内空間」「サスペンション」「ドア」に関する特許の事例が挙げられていました。


2.バーチャル会議を実現する没入型のVRシステム

その特許の中で、「車内空間」に関する特許が如何にもアップルらしいと思いました。

例としては、「車の動きと連動し乗り物酔いを防ぐVRシステム」「長時間の乗車も快適にするモーションコントロール・シート」が挙げられていました。

車に乗りながらバーチャル会議を行うと言う発想から来ているようですが、ネックとなるのが「酔い」だそうです

車内でVR技術を利用すると視覚と身体の感覚がずれて、車酔いする可能性があるようです。

そのため、アップルの特許では、車の加減速と仮想空間での体験が連動する仕組みを取り入れ、車酔いを軽減し、バーチャルの世界に自然と滞在できるようにする狙いのようです。


3.アップルは車に乗ると言う発想を変えてしまうかも

完全自動運転車が導入されれば、我々は車に乗って、何もしなくても時間を過ごせば目的地に着くことができます。

それに加え、アップルの「酔い」を抑制する技術(将来的には、揺れを感じない技術になると面白い)が加わると、どういうことが起こるのか?

結局、車の中は、エンターテインメントやビジネス空間に変えることができまるのでは、ないでしょうか。

車内がバーチャル空間になれば、記事にも書いてあるように、会議室にもできるしオフィスにもできます。

また、劇場やコンサート会場にも早変わりさせることも可能になって来ます。

運転も不要だし、揺れも、ほとんど感じなくなれば、到着するまでは、全くの自由時間になります。

そこにアップル特有のエンターテインメントを入れたりすれば、車での移動は、乗ると言うよりも楽しむに変わって行きそうです。

きっとアップルなら、我々が思ってもいないエンターテインメントを導入してくれるのではと、今から大変楽しみです。


💎株式会社ラフ・ダイアモンド ホームページ

SDGsとDXで企業の『価値創造』をサポート

↓こちらのロゴをクリック


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いなきみきや@価値創造コンサルタント&感性クリエイター/(株)ラフ・ダイアモンド💎代表取締役
価値創造コンサルタント&感性クリエイターの稲木幹也です。外資系食品メーカーでの経験を活かし、1️⃣SDGs、2️⃣DX、3️⃣マネジメントシステム、4️⃣コスト削減、5️⃣環境経営、6️⃣企業情報発信をサポートし、企業の価値や魅力を高めます。独創的な感性を活かした情報も次々アップしていきます。