共感し合意形成を図ることが、他人とコミュニケーションを取る目的です

共感し合意形成を図ることが、他人とコミュニケーションを取る目的です

竹本倫紀

世界平和を実現するためには人は、他人とコミュニケーションを取ったら、仲良くなることが大切です。では、どのようにすれば、コミュニケーションを取った他人と仲良くなれるのでしょうか?

実は、他人とコミュニケーションを取った結果、仲良くなるためには、コミュニケーションの明確な目的を定める必要があるのです。

その目的とは、共感し、合意形成を図ることです。人は、自分と同じ意見の人と仲良くなります。自分と同じ意見の人は、自分の抱いている正義を共有できるし、同じ意見を持つ他人と一緒にいることにより、自分の意見を肯定することもできるからです。

他人とコミュニケーションを取るとき、共感し、合意形成を図るようにすれば、他人と同じ意見を共有することができるようになります。その結果、自分と他人が仲良くなることができるのです。

自分と他人が仲良くなることは、世界平和の実現に貢献します。ですので、あなたも、他人とコミュニケーションを取る場合には、積極的に共感し、合意形成を図るように心がけてください。

最初は他人と意見の相違があっても良いのです。大切なことは、ルールに則った議論を行うことにより、相手と合意点を探ることです。そして、合意点を見いだすことができたら、あなたは相手と仲良くなることができるのです。

合意点を他人と共有することにより、「一緒だね!」「仲間だね!」という仲間意識を持てるようになります。仲間意識を持つということが、他人と仲良くなるということなのです。

世界平和を実現するためには、全世界の全ての人が仲間になる必要があります。そのためには、全世界の全ての人が、お互いにコミュニケーションを取り合い、共感し、合意形成を図ることが必要です。しかし、一人ひとりがコミュニケーションを取り合うことは物理的に不可能です。そこで、代表者を通じたコミュニケーションを取ることなどを工夫しながら、少しずつ共感の輪を広げていくことが大切だと思います。

自分と同じ意見の人は、自分の仲間です。全世界の全ての人が自分と同じ意見を持っていれば、全世界の全ての人が仲間ということになります。これは、全人類に共通する意見を発見することが、全世界の全ての人を仲間として結びつける接着剤の役割を果たすことを意味します。

この、全人類に共通する意見、すなわち普遍的意見を研究することにより、全人類の仲間意識を育み、世界平和の実現に役立つ成果を上げることができると私は考えます。

普遍的意見は、例えば、お腹が空いたらご飯を食べるとか、のどが渇いたら水を飲むとか言うことでも良いと思います。これらは、全世界の全ての人に共通する意見だと思いますので。その他にも、眠たくなったら寝るとか、気晴らしがしたくなったら遊ぶとかいうことも挙げられるでしょう。

普遍的意見を知っていることにより、みんなそうだよね、同じだよね、という仲間意識を作りやすくなります。

他人と仲良くなるためには、意見の異なる他人と合意形成を図るための議論を行うことと、普遍的意見を活用することが、仲間意識を作る上で有効だと論じました。

「一緒だね!」「同じだね!」「仲間だね!」となることを目指して、積極手に他人とコミュニケーションを取っていきましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹本倫紀
絶対平和主義者です。平和的手段のみを用いて世界平和を実現することを考えるとき、私が第一人者であり、権威であり、頂点であり、絶対者です。競争を好むタイプの人は、平和的に暮らすために私の平和的生活のための命令伝達書の命令に従いなさい。 https://lin.ee/Z4h5fmg