関節リウマチだけど、調子にのってボルダリングに行ってきました。
見出し画像

関節リウマチだけど、調子にのってボルダリングに行ってきました。

関節リウマチの症状が出て約5年。

今は週一回の薬を飲むことで、症状がほとんど出ない「寛解」の状態です。

ということで、調子にのって、以前から気になっていたボルダリングのお試し教室に行ってきました。

感想は、とても楽しかった!!

やっぱり、全身を思いっきり動かして、汗をかくのは、とても気持ちが良いものです。

ボルダリングは、クライミングの一種で、最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や人工の壁面などを登るスポーツのこと。

山好きの私としては、以前からとても興味がありました。

でも、ものすごく関節に負担がかかりそう。

関節リウマチの私にはチャレンジできない領域、と諦めていました。

たしかに、指でホールドを掴んだり、足先で体を支えたり、関節に負担がかかる要素がとても多い印象です。

実際、はじめの10分くらいは大丈夫でも、30分を超えたあたりから全身の疲労が現れ始め、関節が痛くなり、握力もなくなってきました。

ボルダリングをしていた時間は、休憩しながら、トータルで約1時間くらい。

おそらく、これ以上の時間やったら、関節が痛くなって、大変なことになるでしょう。

ボルダリング教室、定期的に来て、本格的に通うのは難しそうです。

ただ、今回のように、初心者コースに時々チャレンジするくらいだったら、私にもできそう!!

人と比べたり、競争したりすると、きっと体に無理が来て、リウマチも悪化してしまう。

でも、自分のペースで、体調と相談しながら、無理せずできる範囲でチャレンジする。

これだったら、私にもできる挑戦方法かなと思いました。

関節リウマチと上手く付き合って、出来ることを増やしていく、新しいことに挑戦する、そんな機会を忘れずに持ちたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山登り、温泉、旅行が好きな30代女です。 20代後半で関節リウマチを発症。 おばあちゃんになるまで、 元気に山登り続けることが目標!