見出し画像

インスタ200万フォロワーのDさんのやりかたを見習ったら、すぐに1割フォロワーが増え、インスタが楽しくなりました。


画像1



2/10に発売されたDさんの書籍『僕のインスタが200万フォロワーになった理由 ~Instagramで人生が変わる~』(技術評論社)のライティングのお手伝いをさせていただきました。



Dさんの名前はD(ディー)。
インスタ上でDと名乗っています。
覚えやすいからなどいくつかの理由があり、詳しくは本に書いてあります。

私がDさんと知り合ったのは、2019年のクリエイターEXPOなのです。私のブースにふらりと立ち寄られたDさんの柔らかいようでいてとても強い存在感が非常に印象的で、帰宅してから名刺に書かれていたインスタグラムをフォローしに行きました。そうしたら見たこともない200万以上のフォロワー数が書かれていて、呆然としたのを覚えています。

Dさんのインスタグラムはこちらです。https://www.instagram.com/d_japanese/

そしてDさんのインスタのページのかっこいいこと!
ポリシーを持って世界に発信しているとてもおしゃれな画面に私もすっかり心を奪われ、
「Dさんのインスタグラム本を読みたい!」と思うようになったのです。

企画が通り、本のライティング協力としてDさんにインスタグラムについてのお話を色々と伺いました。話を聞いてみると、一朝一夕にこのフォロワー数を達成できたわけではなく、そして達成してからもずっと努力をされていることがよくわかりました。

本の目次にもありますが、Dさんは1日に800いいねをしているそうです。そして、画像へのコメントすべてに返事を書いているのです。Dさんのフォロワーは世界中にいますが、翻訳ソフトなどを使い、すべての人とコミュニケーションしていますし、画像投稿には20か国以上の言語が添えられてもいます。

これほどの量の作業をしているのですから、1日のうちに何時間もインスタグラムに費やしているし、他のSNSをする余裕はなく、インスタグラム1本に絞っているそうです。

そのお話を聞いていて、私はすっかり恥ずかしくなりました。
私は、ただ、画像を投稿するだけで、インスタグラムにはほとんど時間をかけていなかったのです。Dさんの話を伺って、もっと時間をかけてみようと思い、1ヶ月、毎日インスタグラムに取り組んでみました。

結果を先に書きますが、この1年、ほとんど増えていなかったフォロワー数が、なんと約1割も増えたのです(2400人ほどだったフォロワー数が現時点で2670人になっています)。

私のインスタグラムはこちらです。

画像2

https://www.instagram.com/micanaitoh_tokyo_writer/


私は複業で「イケメン評論家」をしています。
なので私のインスタは仕事で遭遇した役者さんらイケメンの画像ばかりが並んでいます。そういう意味では、まあまあテーマ性はあるインスタなのかもしれません。

Dさんがどんな気持ちで実行されていたのか知りたくて、私は1ヶ月、イケメンばかりに何百もいいねをしてみました。そしてインスタグラムだけでなくストーリーズという24時間で消えてしまう一時的な画像のほうにも投稿してみました。色々な人の素敵なインスタグラムの投稿画像をストーリーズで紹介することもできるので、それもやってみました。すると「紹介ありがとうございます」というコメントをいただくこともありました。

Dさんの方法を少しだけマネしただけでも、私のインスタは少しずつ活発なコミュニケーションが行われるようになっていったのです。さらに、私は時々男性の写真を撮影することがあるのですが、それについても何人もの人から「僕の写真を撮ってください」とインスタグラムを介してお声をかけていただけるようにもなりました。スケジュールの都合で全員を撮るのはなかなか難しいですが、私が作りたいと考えていることのモデルにぴったりなかたにお願いしたりもしました。

今まではインスタでメッセージやコメントをやりとりするということはほとんどしていなかったので、とても新鮮で楽しい驚きでした。

そして、Dさんに教わったのは、フォロワー数の多さだけが大切ではない、ということです。

24時間で消えてしまうインスタグラムのストーリーズは、ハイライトで公開しておくことができます。ニューヨーク公共図書館は、このハイライトで書籍を公開することを試みています。

ニューヨーク公共図書館のインスタはこちらです。
https://www.instagram.com/nypl/


私も同じことをやってみたくて、準ミスター東大のかたにお願いして、フォトストーリーをハイライトで作成してみました。この準ミスター東大さんもまた、インスタの画像で知ることができた人でした。

私のインスタグラムはこちらです(サイトの上のほう、丸くなっている画像がハイライトです)

画像3


https://www.instagram.com/micanaitoh_tokyo_writer/


私がDさんのやりかたを真剣に見習ったのは1ヶ月もない期間だと思います。
残念ながらそこから仕事が忙しくなってしまったのですが、自分のサイトが活況になっていく様子はとても見ていて楽しいものでした。
時間を見つけてまた出没したいと思います。

『僕のインスタが200万フォロワーになった理由 ~Instagramで人生が変わる~』には、様々なインスタグラム活用のアイデアが載っています。

それぞれのアイデアに、Dさんの真剣な思いも込められています。例えばやみくもにフォロワー数を増やすのではなく、フォロワーとのやり取りを増やすことを考えることこそ重要だというような、単なる小手先のテクでは終わらない「インスタに対する真摯な考えかた」に触れることができます。

個人が発信するという新しい流れがどんどん加速していること、そしてそれを敏感に感じ取り、いち早く行動を起こし、世界に発信するDさんの視点。シンプルでありながらたくさんのヒントが詰まっている本です。おしゃれな画像もたくさん添えられています。この本を読むと、インスタグラムに触ってみたくてたまらなくなることでしょう。

『僕のインスタが200万フォロワーになった理由 ~Instagramで人生が変わる~』
(D・著/技術評論社・刊)
https://www.amazon.co.jp/dp/4297110938/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートで新しいモノを試し続けていくつもりです(≧∇≦)/♪

スキいただきました(≧∇≦)/!ありがとうございます!
20
作家・脚本家/著書80冊以上/ケータイ小説を経て最近は電子書籍やネットコラム/ラジオドラマ「婚活バスはふるさとへ」文化庁芸術祭優秀賞/TOKYOMXドラマ「えにしの記憶」/フジ「アウト×デラックス」出演 / 慶應文卒(通信)ご連絡→ https://bit.ly/1GJBaHx