[カレリアの口承伝統] なぞなぞ:Ovetoin aitta ruokua täyši(食べ物でいっぱいの扉のない納屋って?)
見出し画像

[カレリアの口承伝統] なぞなぞ:Ovetoin aitta ruokua täyši(食べ物でいっぱいの扉のない納屋って?)

Kieli

なぞなぞ

1. Ovetoin aitta ruokua täyši.
  Ovetoi aittu ruogua täyzi.
  扉のない納屋には、食べ物がいっぱいあるよ。

2. Ei ovea, ei ikkunoa, ruokoa täyš.
  Ei ole ustu, ei ole ikkunua, a syömisty on täyzi.
  扉もなく、窓もなく、食べ物でいっぱいのもの。

3. Aittani mäjellä ovetoin, ikkunatoin.
  丘の上の納屋は、扉もなくて、窓もないよ。

4. Pieneššä pytyššä kakši taikinua.
  小さな丸い容器の中に、2種類のパン生地があるもの。

5. Duboovoi puččine, kaksi vette keskekkäi.
  オーク材の樽には、2種類の水が中に入っているよ。

6. Valgei kuori, keldaine syväin.
  白い殻と黄色いハートを持つもの。

7. Muaha mökšähti,
  rikki röpšähti
  – ei kuka korjua šitä. 
  地面に落ちたら、
  ピシャっという音を立てて壊れ、
  誰も直すことができないもの。

8. Valkie on kuin lumi – ei ole lumi,
  kiiltäy kuin nappi – ei ole nappi,
  pyörie kuin pallo – ei ole pallo.
  雪のように白いけれど、雪ではなく、
  ボタンのように光沢があるけれど、ボタンではなく、
  ボールのように丸いけれど、ボールではないもの。

Mi tämä on?
これなーんだ?

答え

正解は・・・

MUNA(ヴィエナ)
JÄIČČY(リッヴィ)

でした。

出典

1, 2, 4, 7, 8は北部地方、1, 2, 3, 5は南部から採取されたものです。2行並んでいるのは上段が北部地方、下段が南部地方のもの。

つぶやき

数多くある卵を答えにするなぞなぞの中から、分かりやすいものを選んでみました。地方によって方言差はあっても、まったく同じなぞなぞが語られているようですね。

その他のなぞなぞ:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Passipo! Kiitoš! ありがとうございます!
Kieli
自分の基盤であるフィンランド,憧れやまないカレリア。多くの伝統を共有しながらも,その伝統が異なる方向へと新たに「創造」されていく双方文化から目が離せません。しばらくは主にカレリア語独学記録,カレリア民話の和訳、ときどき伝統楽器カンテレやカレリアの音楽について綴っていきます。