新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

お店を、閉めることにしました。

僕のTシャツ屋さんを、閉めることにしました。

とはいっても、新型コロナが落ち着くまで、ですけどね。

それと同時に、「Tシャツ無料チケット」を販売します。
この記事の最後に販売情報を掲載しますので、よろしければお力を貸して頂きたいと思っています。

はじめに

既に日本にはロックダウンの影が迫っていて、個人的には、いま自主的に休業しなくても、じきにお店を閉めざるを得ない状況になるのではないかと感じています。

そんな中、このタイミングでお店を閉める判断に至った経緯、想いを書き留めておこうと思います。

今、僕には、お店を閉める責任がある。と感じています。
そう感じる理由は3つあって
①僕が比較的免疫力の高い若年層の人間であるから
②お店のターゲットが、同じく若年層、中年層の方々であるから
③もしかすると、休業に伴う経済的なダメージを最小限に止められるかもしれないと感じているから
です。

3つの理由について、順を追って説明します。

※大前提として、僕に配偶者や子供がおらず、従業員もいない為、誰かに対する経済的な責任がない。という背景があります。

若年層こそ、活動を自粛する責任がある。

個人的に、コロナの感染拡大防止には、僕たち若年層の自粛が必須であると感じています。

現状「若年層は免疫力が高い為、ウィルスに感染していても発症しにくい」というのが通説となっています。これは言い換えれば、今街を歩いている若者が未発症感染者である確率は、相対的に高いということ。
もっと強い言葉で言えば、「自分は発症していないだけで、ウィルスに感染している」「主にウィルスを拡散しているのは自分たちである」というのが、僕たち若年層が持つべき慎重な認識なのではないでしょうか。

「ウィルスが発症してしまう誰かの為に」ではなく、「この状況を打破したい自分の為に」僕たち若年層の活動自粛が必要なのだと思います。

この認識を基に、
・通勤中、僕自身がウィルス拡散の主体とならない為に
・店舗内で行われる会話が、ウィルス拡散の機会とならない為に
お店を、閉めることにしました。

これが、前述の理由①②の内容です。

お店の休業を後押しできる仕組みを見つけたい

理由③は、もう少し視野を広げた考え方で、皆さんのお力を貸して頂く必要があるものです。

今回の休業とチケット販売を通じて僕が実現したいものは、「小さなお店が休業に踏み切れる仕組みの発見と拡散」です。

ひと口に「お店を閉めることにしました」とお伝えしましたが、この判断には、大きな恐怖が伴っています。なんせ、そこで得ていたはずの収入がゼロになるのですから。反面、諸々の支払期日はペースを緩めず、僕達のことを迎えに来ます。

僕も、このまま月末を迎えれば銀行口座の残高がマイナスになります。
正直、怖くて怖くてたまりません。

とはいえ、この状況は僕に特有のものではなく、ほとんどの小さなお店に共通しているのではないでしょうか。そんな中で「自粛したくても、生活の為に休業できない」お店さんは、きっと相当数存在するのだと思います。

そんな中で、今回僕が考えているのは、「お店を気に入って下さり、かつ、いま余裕のある方からお力をお借りして、後日お返しする仕組みが作れないだろうか」ということです。「Tシャツ無料チケット」も、そんな想いで作りました。

そして、今回の休業に関する僕のアイデアが、同じく「休業できない」仲間の役に立てばと思うのです。

今は、可能性に挑戦する責任がある。

偉そうに「アイデア」なんて書きましたが、それは大それたものでも、独創的なものでもありません。
きっとどこかの誰かが既に、同じような取り組みをしていることでしょう。
それを知らない勉強不足な僕がエラそうに語っているだけのお話です。

それでも、僕の周囲から「それ」についての話が聞こえてこない
 ↓
僕の周囲には「それ」が届いていなかった
 ↓
「それ」が僕自身から、または僕の友人から、より広範に拡散される可能性が残されている
 ↓
僕が改めて、「それ」についてエラそうに語る意味がある。

そう信じて、こんなに長い、クソ真面目な文章を書いています。
そしてこれは、今回の僕のアイデアだけに留まる話でなく、誰のアイデア、発見についても同じだと思うのです。

誰にでも、自分の可能性を信じて挑戦する権利がある。
でも今この状況に限っては、なにか可能性を発見した時、そこに発生するのは挑戦する「権利」ではなく、挑戦する「責任」なのではないでしょうか。

そんな信念に基づいて、拙くありふれた企画を握りしめて、お店を閉める決意をしました。
今回の僕が100%上手くいかなくても、誰かがこの企画を材料に、より効果的な仕組みを生み出してくれるかもしれませんし、その仕組みに、僕自身が救われることになるのかもしれません。

かつてニュートンが引用した言葉に、

巨人の肩の上に立つ

というものがあります。

僕たちは、ニュートンのようなヒーローになれなくても、彼らを肩に乗せる巨人にすらなれなくても、その巨人の踏み台にくらいは、なれるのではないでしょうか

そんな可能性に挑戦するべく、今回のお知らせと、お願いを皆さんにさせて頂きます。

もしよろしければ、Tシャツチケットをご購入頂けないでしょうか。
そのおかげで、お店を閉めて、僕の思う責任を全うすることができます。

もしよろしければ、身近な、守りたいお店さんに手を差し伸べて頂けないでしょうか。
そのおかげで、葛藤を抱えながら営業を継続しなくて済むかもしれません。

もしよろしければ、ほんの小さな思いつきでも、勇気を持って発信して頂けないでしょうか。
そのおかげで、状況を打破する大きな力が生まれるかもしれません。

長々とお読み頂き、ありがとうございました!
何卒、宜しくお願い致します。

「Tシャツ無料チケット」販売情報

▼以下、「Tシャツ無料チケット」の販売情報です。
販売価格:
1枚¥2,000(Tシャツ通常価格:¥2,500~)
※おひとり何枚でも購入可

内容:
Tシャツ1枚無料(オリジナルTシャツを含む)
当店のLINEスタンプ2つをプレゼント

使用期間:
「コロナウィルスの終息宣言」以降
※状況により、変動する可能性がございます

対象商品:
「CUINA'S CANVA'S」のほぼ全商品
※SUZURI限定デザインのみ対象外です
※「CUINA'S CANVA'S」 Webサイトはこちら

注文方法:
専用フォーム
からのご注文

支払方法:
銀行振込

・通常価格から¥500引きの価格設定
・LINEスタンプ2つ(ご希望の方のみ、プレゼントします。笑)
・オリジナルTシャツのデザイン料(¥500〜)もサービスに
・郵送時の送料も当店負担に
この辺りが、チケットをご購入頂いた場合の特典となります。
特に、ご友人へのプレゼントTシャツ作りなどにご活用頂けるのではないかと思っています。
もしよろしければ、お力を貸してください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
デザインやライティングの仕事をしながら、 Tシャツ屋をやってます。お仕事のご相談はウェブサイトからお願いします!https://cataribe.com/

この記事が入っているマガジン

カシコもすなる日記といふものを
カシコもすなる日記といふものを
  • 9本

僕の日記と備忘録

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。