見出し画像

創作》彼女が僕を殺した理由

冷たい真冬の海。
空も海面も真っ暗に淀む中、僕は静かに浮かんでいた。

自ら好んで入ったわけではない。
恋人が僕を突き落としたのだ。

 

話は半年前に遡る

 

僕には付き合ってもう数年になる恋人がいた。
彼女の名前は、ユキ。
同じ会社で働いている。
美人だし、家庭的で、同棲してもう3年は経つ。

いい年齢なので、そろそろ結婚を、なんて迫られていたが、考えの甘い僕は決断できないでいた。

そんなある日、僕はちょっとした気の迷いで、別の女の子と一夜を共にした。
もちろん、相手は僕に同棲している恋人がいることも知ってたし、その夜だけと割り切った上で、だ。

実はユキにはすこし、束縛が強いというか、ちょっとメンタルが不安定なところがあって、僕が決断できないのはそれが原因の一つだったりもする。
たぶん、魔が差したのも、それに対するストレスの発散みたいなものだ。

翌日。
当然ながら、その夜のことはユキにバレた。
どうして? なんで?
彼女の責める言葉に、そういうところだよ! と怒りがこみ上げる。
嫌気がさしてきて、口論になって、、、
突き飛ばした拍子に、ユキがテーブルの角に頭を打つけて気を失った。
名前を呼んで揺すっても、目を見開いたまま、ピクリともしない。

殺してしまった。

そうとしか思えなかった。
どうするべきかを考えに考えて、捨てることにした。
海外旅行用の大きなキャリーケースに、ユキの身体を折り曲げて詰めこんで、車に運ぶ。
夜のうちに行って戻れるくらいに離れた県外の、粗大ゴミ処理場にこっそり置いてきた。

その後のことは、よく覚えていない。

朝になって目が覚めると、ユキがおはようと声をかけてきて、朝ごはんができていた。
いつも通りの朝。
ああ、あれは夢だったのか。
なんて嫌な夢だったんだろう。
そう思うけれど、こちらを向いた彼女は、昨日と同じ服装のまま頭から血を流していた。

ハッと目が覚める。
慌てて起き上がるが、誰もいない。
気のせいだと思いたいけれど、食卓には朝ごはんが用意されていた。

これは、なんなんだ?

ふと目に入った鏡に、頭から血を流している彼女が映った。
僕は叫びながら叩き割り、その鏡を捨てた。

きっと、彼女は僕を恨んでいるのだ。
当たり前だ。
身勝手な理由で殺して棄てた。
当然だ。

疲れ切った僕を心配した同僚が、飲みに連れて行ってくれた。
帰りたくないので、ありがたい気持ちでいっぱいだった。

しかし、帰宅して電気をつけると、明かりが瞬くその一瞬だけ、彼女の姿が現れて消えた。

翌朝はまたユキの声で目が覚めた。誰もいないはずなのに。
テーブルにはきちんと朝ごはんまで用意されていて、これまでユキがいた日常の一部が繰り返される。
気持ち悪くて、その朝食は毎日棄てた。
それでも彼女はときどき、何かの一瞬にだけ現れる。

これが3ヶ月くらい続いた。
さすがに限界だった。
発狂しながら消えてくれと叫ぶと、彼女は姿を現さなくなり、朝ごはんが用意されることはなくなった。

毎朝の煩わしさがなくなって、少し余裕ができた。
その時になって初めて、気付いたことがある。
彼女がいないことに、誰も気付いていないことだ。

彼女とは部署が違うので実際のところはよく分からない。
だが、休憩のタイミングで彼女のデスクを覗いて見るが、いつ見ても誰もいないのだ。
そしてそれを、誰も何も言わないのが余計に不気味だった。

もしかしたらこのまま、僕が彼女を殺したことを、誰にも知られずに逃げのびれるかもしれない。

僕はそうして、もう何事もなかったかのように生きていくことにした。
彼女と住んでいたマンションを引き払い、引っ越しをして、気分を改めることにしたのだ。
ユキの荷物、ユキに関わるものは全部捨てた。
二人の思い出の品も、なにもかも。

引っ越しを終えて、数週間くらい経った頃、不思議な電話がかかってくるようになった。
死んだはずのユキからだ。
出てみるが何も聞こえない。
きっといたずらか何かに違いない。

けれども電話は何度もかかってくる。
だんだん恐ろしくなって、もう許してくれと無言の相手に何度も懇願した。

けれど相手は、ユキは、何も言わない。

しかし、あるタイミングで電話がかかってこなくなった。
助かった。
解放された。
そうとしか思えない。

解放された僕は、新しい恋人を作ることにした。
ユキと付き合っていた時にも時々デートしていた女の子だ。

しかし、僕はまたユキの影に怯えるようになる。
ユキの姿が一瞬だけ見えたり、また電話がかかってきたりしたのだ。
さすがに腹が立って、かかってきた電話に、しつこいんだよ! 消えろ! と怒鳴ってやった。

そんなある夜、新しい彼女を家まで送った帰り、またユキから電話がきた。
しつこい着信音にイラついて、運転中の車を路肩に寄せたタイミングで電話が切れた。
その代わりに、ショートメッセージで写真が届いた。
どこかの埠頭のようだった。
よくよく見ると、思い出した。ユキといったことのある場所だ。

写真はかなり暗いし、今しがた撮影されたもののように見える。
もしかしたら、ユキの携帯を拾ったヤツが悪戯してるのかもしれない。
これまでの電話ももしかしたら、ソイツのせいなのかも。
僕は新しい可能性にたどり着き、そして閃いた。
取り返そう。
アイツとの縁を完全に切るためにも。
僕は再びハンドルを握る。

写真はどんどん届いた。
暗いし毎回写っているものも違うが、その埠頭のあたりをうろつきながら撮っているように見える。
まだその埠頭にいるに違いない。

埠頭にたどり着くと、写真を頼りにそいつのいる場所を探す。
最新の写真の場所に着いた、と思ったら、そこには人が立っていた。
すこし小柄で、髪の長い、多分女。

「おい、あんた!」

そう声をかけると、答えるように振り返ったその女の顔は、ユキだった。

意味が分からない。
なんで?
僕は思わず逃げ出そうとしたが、足がもつれて転けてしまった。
ユキは無表情で、青白い顔のまま、ゆっくり近づいてくる。
僕はしりもちをついた格好のまま、後ずさりして逃げた。
しかし、ユキの歩みは止まらなくて、埠頭の端までついてしまった。
その先は、海がある。

逃げられない。

許してくれ、頼む、と懇願したが、ユキはゆっくり近づいてくる。
何かを言っているが聞こえない。
そして、ドス、と重い音がして、腹にナイフが刺さった。
あ、と声を出した次には、彼女は僕を暗い海へと突き落としていた。

服が水を吸って重い。
腹がじんじんと痛い。
ダウンジャケットのおかげで水面に浮かんでくることができた。
しかし、僕が落ちた場所にはまだユキが立ってこちらを見ていた。

無理だ。
僕はこのまま、死ぬのだ。

僕の頭には、ゆっくりとこれまでのことが流れてくる。
これが走馬灯という奴だろうか。

しかし、ユキを殺してからのことは、なんだか記憶と違うようだ。
だって、ユキの遺影に手を合わせている記憶があるんだ。
この記憶は、いったいいつだ?

「……ああ、そうか」

彼女はもう何年も前に、死んでいたのだ。

僕はユキを見ないふり、聞こえないふりを、していたんだ。
彼女から逃げるために、思い込んで。

だって、ユキを殺したのは3度目なんだ。

何度殺しても、朝にはユキは生き返ってて、朝ごはんを作ってくれた。
だから、見ないふりをした。
それで解放されたはずなのに。

身体が冷たくなってきた。

ざぶん、と顔の近くで何かが海の中から出てくる。
やっぱり、ユキだった。

「これでやっと、一緒になれるね」

身体が沈む。
僕はもう、死ぬだけだ。

**


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めぇ〜〜♡
3
創造と想像をくりかえす、黒いヒツジ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。