見出し画像

Pythonに対応しました!

今年も冷え込む秋になってまいりました。皆様、お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。
開発チームの sonod です。

この度、新しくPythonコンテナが利用可能になりました!!!!!

このような感じで、プロジェクトを作成する際にPythonが選択することができます。

画像1

現在利用できるバージョンは、最新版(※1)の 3.7.1 となっております。

このPythonコンテナを使うことで、DjangoFlaskといったフレームワークでWebアプリケーションを作成したり、Sphinxでドキュメント管理したり、Jupyter Notebookでデータ分析資料を作ったりすることができるようになります。

なお、DjangoやFlaskの利用手順につきましては、下記をご参照ください。
Jupyter Notebookのインストール方法についても、ご紹介しております。

▽マニュアル
Django を使用したWebサーバーの作成
Flask を使用したWebサーバーの作成
Jupyter を使用したデータ解析基盤の作成

さらに今なら、2018年12月31日まで無料で使える「年内無料キャンペーン」を実施中です。
是非、この機会にマネージドクラウドでPythonをお試しください。

ご登録はマネージドクラウド公式サイトから!

画像2

※1:2018/11/12時点で最新

10
『ロリポップ!マネージドクラウド』の公式ブログです。最新情報をおとどけします。 アクセス急増にも柔軟に対応できて、VPSやクラウドよりずっと楽に、Webサービスやアプリケーション開発・運営が可能です。https://mc.lolipop.jp