見出し画像

「いつもはガマンしていて、あるとき急に強い口調で主張してしまい、あとで後悔する人」はこれをやってみて!

私の周りにもいます。
普段は、穏やかで、「いい人だな~~」と周りに思われているのに、
急に、強い口調で主張して、
周りに思わず、「えっ??」と思われてしまう人。

そして、そんな人は、そのあと、たいてい後悔とかしています。
「なんで、あんなこと言ったんだろう??!」とか。

もし、あなたにも、思い当たることがあれば、
どんなふうにいいかを一緒に考えていきましょう。

まず、大事なことは、自分の心に気づくことです。
普段、無理をしている人は、
自分が無理をしていることになかなか気づけません。

私はよく「心の中にアンテナを立てる」という表現を使います。

「普段は人に合わせているのに、急に大声で自己主張する」ということをやってしまう人は、普段は心を感じるアンテナを、自分の心の中ではなく、外に立てて、他の人の心を感じることに忙しいことが多いです。
ですので、まずは、アンテナを自分の中に立て、自分の心を感じることです。

そして、人との交流の中で感じる「違和感」を大事にしてください。

その違和感は、たいてい、当たっています。

「あれ、なんかヘンだぞ?」
「それ、私、なんかいやだな」
「えっ、それって、本当なの?」

そんな気持ちを感じたら、
流されるままにしないで、
いっかい止めてください。

止めることは、状況によっては、勇気がいることです。
でも、そのまま流れることで、ガマンのできない状況となり、
最後は、声を荒げる、ということもなってしまいます。

① 自分の心の中にアンテナを立てる。
② 違和感を感じたら、その違和感を大切にする。
③ いっかい状況を止めて、確認したり、質問したりする。

まずは、これをやってみたりしてください。

このトピックについても、
また深められたらと思います。

それでは、よい一日をお過ごしください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!ありがとうございます!
15
『ハーバードの人生を変える授業』の翻訳者。ポジティブ心理学の通信コースを監修。コロナ危機の時にみなさんが少しでも心が軽くなるようにと、このnoteを始めました。最近はHPでコラムを更新しています!こちら。→https://www.mayumi-naruse.com/blog

こちらでもピックアップされています

ぽっと灯をともす
ぽっと灯をともす
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。