見出し画像

真に「スピリチュアルな人」とは、どんな人か?を考えてみた。

「スピリチュアル」という言葉は、今の時代にいろんな受け止め方をされているように思います。
でも、スピリチュアルであっても、心理学であっても、禅でも、ヨガであっても、結局は、最後にたどりつくのは、同じ境地のような気がしています。
真に「スピリチュアルな人」というのは、どういう人なのか、ということを、考えてみる機会があったので書いてみますね。

私が考える「真にスピリチュアルなことに造詣が深い人」とは・・・・・・

1.「すべては一つである」という意識を持っている。

 ワンネスという感じ。
 私たちは一つであり、つながっていて、
 「私はあなた」であり、「あなたは私」であるという感覚を持っている。
 なので、「情けは人のためならず」
 結局、人にしてあげたことは、自分に返ってくると思っている。
 自然に、人に優しくなる。
 そんな感じ?
 そして、最終的には、目の前にあるテーブル、コーヒーカップ、
 風のそよぎ、すべてが自分。

2.「すべて自分が創り出している」と思っている。

 上の意識と関連してですが、
 周りに起きることは、すべて自分が創り出していると思っている。
 なので、いつまでもグチグチと文句を言うこともないし、
 人を理不尽に責めることもない。
 すべて、自分。
 自分の人生への責任感。

3.基本、楽しそう。ごきげん。

 人格が深まれば、深まるほど、ごきげんになっていくと、
 聞いたことがある。
 本当にそうだな~と思います。
 不機嫌な賢者は、本物ではない(と私は思う)。
 もちろん不機嫌な賢者も、大事な役割がある。
 でも、本当に抜けた人は、普段、ごきげん。
 もちろん、その人にもいろんな感情の起伏はあるけれど。
 その浮き沈みも、ある意味、楽しんでいる感じ。

4.いろんな人のことを、そのままに、あるがままに認めている。

 世の中にはいろんな人がいる。
 いろんな人でできている。
 それぞれの役割や素晴らしさをきちんと認めている。
 だから、責めない。
 だからこそ、自分も生きやすい。
 そんな感じ。

5.結局は、愛。

 結局は、「愛」だということを知っている。
 私たちは、もともと1つであり、光であり、
 愛に満たされた存在だったのを、
 いろんな経験をしたくて、分離した。
 でも、私たちは、結局は、愛であることを知っていて、
 どんな人にも、愛で接する。

6.そして、現実を大切にする。

 すべてが幻、すべてが幻想だとしても、
 または、それだからこそ、
 「今」を大切にする。
 「今」を味わう。
 それこそ、真のヘドニア。
 
最後は、ポジティブ心理学で使われる用語を書いてみました。
ポジティブ心理学では、幸福には2種類あり、
ヘドニア(快楽の幸せ)と、
ユーダイモニア(強みを活かして意義あることに打ち込む幸せ)が
あると言われています。

普通の段階では、ヘドニアだけを求めてはダメだよ~~、
ユーダイモニアが大切よ~~、
と言われたりするのですが、
ヘドニアも大切、
そして、真のヘドニアは、
結局はユーダイモニアと溶け合うのではないかと
私は感じました。

思いついたままに書いてみました。

では、また~~♪
(写真は、グアムのホテルのイルミネーション。
きれいだね~~)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただき、ありがとうございます!
19
『ハーバードの人生を変える授業』の翻訳者。ポジティブ心理学の通信コースを監修。コロナ危機の時にみなさんが少しでも心が軽くなるようにと、このnoteを始めました。最近はHPでコラムを更新しています!こちら。→https://www.mayumi-naruse.com/blog

こちらでもピックアップされています

ぽっと灯をともす
ぽっと灯をともす
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。