見出し画像

一般人がOnlyFansでフェチ向けファンクラブ作ったら1ヶ月でクリエイターTOP15%に入った

こんにちワッツアップ!マユマンソンです。

普段は #アヘ顔 を研究・制作し、展示をしたり、オンライン上で販売したり、Youtubeでゲーム実況をしたりしています。

画像1

この記事は

今日は私が5月1日から始めた、
OnlyFansという会員制のSNSサービスを利用して、
・どのくらい儲けたのか
・何をしていたのか
を、1ヶ月間の全数字を公開しながら記していこうと思います。

なぜ書くのか

正直、全数字を公開して得られるメリットは私にはないんですが、
逆に、特段デメリットもなく、目に見える形で振り返りとしておきたいので書いています。

あとは
・ファンクラブを作って本気で良かったと思っているので伝えたい
・自己表現で食べていく人が増える→嬉しい
・OnlyFansを始める人が増える→情報交換できる
といった理由です。

OnlyFansとは何か

OnlyFansとは会員制のSNSサービスです。
日本に馴染み深い言葉で表すならクリエイターがファンクラブを簡単に作り、コンテンツをファンに共有できるプラットフォーム。

それもクリエイターが安心できる形で。OnlyFansは性的なコンテンツも許容しているため、セキュリティに力を入れており、著作権の侵害などの対策も他のSNSと比較すると強め。

このコロナの自粛期間を通して、海外のセックスワーカーやインフルエンサーが性的コンテンツをアップすることが増え、クリエイターもファンも増え続けている、今最もアツいSNSです。

ELLEで記事になっていましたので、そちらも記載しておきます。

画像2

(MIA FEITEL + GETTY IMAGES)
OnlyFans, Influencers, And The Politics Of Selling Nudes During A Pandemic

そしてGigazineにも掲載されていました。

「ポルノの直売所」と称されるまでに性的コンテンツの配信が会員制SNSで増加した理由とは?

なぜOnlyFansを選んだか

Instagramでアヘ顔をアップしていると、海外のフォロワーの方がグングン増えていく中で、
「支払いをするので、オリジナルコンテンツを作って欲しい」
「お金を振り込みたいので、PayPalを教えて欲しい」
という連絡がかなり増えてきたので、何かしらで課金コンテンツを用意しようと思っていました。

当時Instagramのフォロワーは7100名ほど。

その中で候補に上がったのが、海外のアーティスト、Youtuberやインフルエンサーがよく利用しているPatreon(ペイトレオン)

当初はここで、買い切りコンテンツと月額コンテンツを分けて運用しようと思っていました。

ただ、金銭のやりとりはプラットフォーム上で可能だが、肝心のコンテンツの受け渡しが、かなりマニュアル。公開までの準備は整えたのものの、運用が大変になることが分かっていたので、公開できずにいました。

そこで教えてもらったのが、OnlyFans。

Patreonと違い、プランも作成しやすく、SNS機能も「投稿」と「DM」と充実しており、セキュリティも強く、運用が楽そう……。

Onlyfansで公開しようと思ったその、次の日にはもう公開できてました。ほんとに簡単!

1ヶ月運用した数字結果発表

(取得期間:2020年5月1日-2020年5月31日)

運用結果
・投稿数    :36回
・写真数    :10枚
・動画数    :33本
・メッセージ動画:6本 ※$3-$15の課金動画
・カスタム動画 :3本 ※$15の課金動画

・1日に1回を目安に、写真や動画を投稿の実施
・5日に1回を目安に、課金動画を送信の実施

数字結果
・ファン数   :92名
・クリエイターTOP 15%ランクイン

売上結果 ネット(手数料抜) ※6月5日時点

スクリーンショット 2020-06-05 14.30.01

・合計     :約123,111円 $1127.10
・月額課金   :約76,973円 $704.70
・チップ    :約7,867円  $72.00
・メッセージ  :約38,293円 $350.40 ※メッセージ動画・カスタム動画課金含む

運用してどうだったか

金額的には
1ヶ月を通して、自分の創作が金銭価値を生むことの幸せを感じました。
これだけで食べていけるほどではないとしても、次の作品を撮影する時の衣装やウィッグは十分買える金額だなと。

運用的には
Instagramで毎日投稿をしていたので、そういう人なら全然きつくないかと。使いやすい上に、状況的にも自宅にいる時間が増えたので、撮影も投稿もしやすい。

心理的には
ファンだけのコミュニティなので、気兼ねなくどんな投稿もできるのが大きい。自分のファンが直接、素敵な意見をくれると、単純に頑張れる。反応がダイレクトに返ってくるのもいいところ。

まとめと伝えたいこと

OnlyFansファンクラブのような会員制のSNSサービスで金銭的なやりとりも簡易にできる
・写真や動画コンテンツをファンの人に見てもらいたいと思っている人にはPatreonよりもOnlyFansがおすすめ
 →フェチ向けコンテンツは希少性が高く、海外ウケも良い
・OnlyFansでは安心して写真や動画をファンだけに向けてアップできる
・InstagramやTwitterからの誘導が必要なため、一定数のファン数は必要
・1ヶ月真面目に運用すれば、きっと稼げる!

興味があるけどやり方が分からない…
稼げるか不安…

という方がいらっしゃれば、Onlyfansのスタートをサポートさせていただきます。
通話・LINEやメールで、運用アイデアのコンサルティング等サポートさせていただきます。
クリエイター人口増やしたいと思いますので、InstagramのDMやメールでご連絡くださいませ。

最後にキャンペーンのお知らせ

2020年6月12日まで、20名先着の割引キャンペーンを開催しています。
30日間の購読が、 $6.66(約728円)から$4.66(約509円)に!

▽みなさんのご来場を心よりお待ちしております
https://onlyfans.com/mayumanson

スクリーンショット 2020-06-05 15.48.40

▼ユーチューブ|Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCFxfRIgF9XEkv-uc7BreUlQ

▼インスタグラム|Instagram
https://www.instagram.com/mayumanson/

▼ツイッター|Twitter
https://twitter.com/mayumansondeath/

▼その他|Others
https://linktr.ee/mayumanson

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
思想が宿る言葉とビジュアルが好き 韻スタグラマー兼マーケター Founder of #アヘ顔研究所 https://www.instagram.com/mayumanson/