見出し画像

ババロアとプリン、パンジーとビオラ、升野と枡野、などの一日。#kurukeredo

2020年1/14(火)3157




https://twitter.com/bakuretsukasa/status/1216993404824866816
きのう
ババロア食べに行ったのだが、
満席で入店できませんでした。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1216970918183895043
プリンにはそんなに
心ひかれない。
きらいでもないです。
茶碗蒸しは好きです。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1216976624786083840
連載最終回かあ。
いい漫画だと思う。
枡野書店には
古泉さんの本も少し。
https://twitter.com/wwwtoshiakijp/status/1216922531237466113



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1216953607251054592
本と雑談ラジオでした。
友の会の会員は現在95名。
ますます増えていき、
減りませんように。
観覧客はいませんでした。
https://twitter.com/toiimasunomo/status/1216874426085470208

この続きをみるには

この続き:1,756文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
東京中心の情報ですみませんが、日常的に食べているババロアを主に紹介していきます。名物とされている有名ババロアでも苦手なものは苦手。抹茶ババロアなら、あの店ではなく、この店ですよ。マガジンがたくさん売れたら全国のババロアも食べに行きたい。

朝ババロア、昼ババロア。夜ババロア。ババロアを日常的によく食べます。ババロア研究家としてTBSラジオに出演したり、ババロア絵本『あれた...

月2回のペースで放送してきました。今後もそれが継続できるかどうかは、友の会の盛り上がり次第です。この番組のために古泉さんは新潟から新幹線で上京する必要があり、その旅費がまかなえるようになるのが第一目標。どうぞよろしくお願いします。

本と雑談ラジオのファンクラブみたいなものです。たまに放送の裏話を書くかも。これまで通り最初は無料で放送する予定の番組ではありますが、有...

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から2018年9月まで毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になり...

お手数ですが、このマガジンの購入前に私・枡野浩一 ii@masuno.de に一度メールで自己紹介を送ってください。そしてきちんと背負っていける筆名を登録した上で、ご参加いただけると幸いです。お金を払いたくなるような面白い短歌をつくった作者には、私から投げ銭したりもするかもしれません。https://note.mu/notes/n0c8b7cf1c66a/edit

今の言葉の短歌を追求しています。『ショートソング』(集英社文庫)を読んで短歌を知ったばかりの人はもちろん、長く短歌をわずらっている人も...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

NHKラジオ番組出演などはあるものの、紙媒体の仕事がとても少なくなってしまい、収入はnoteに頼っています。もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝!
3
短歌ブームの下地をつくった青春小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット。小手川ゆあさんによるコミック版はアジア各国で翻訳されています。電子ブックもありますよ。南阿佐ヶ谷の白っぽい小さな多目的スペース「枡野書店」店主。https://masunobooks.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。