Masaru Furuya

PharmaXという医療系スタートアップでプロダクト開発・EM・データエンジニアをしてます。主な興味は「育成」「学習」#エンジニアと人生コミュニティ

Masaru Furuya

PharmaXという医療系スタートアップでプロダクト開発・EM・データエンジニアをしてます。主な興味は「育成」「学習」#エンジニアと人生コミュニティ

    マガジン

    • じぶんRelease Notes

      じぶんRelease Notes用

    • ポエム

      エンジニアのキャリアや人生について書く

    • スマホアプリ開発100日チャレンジ

      Flutter, ReactNativeによるスマホアプリ開発に関する個人的な勉強用の技術ログ

    最近の記事

    じぶん Release Notes(ver 0.32.03)

    毎月の自分のインプット・アウトプットの振り返りのために、@a-knowさんや@ryoKawamataさんの記事を参考に「じぶん Release Note」を始めてみることにしました。 リリースノートについてはこちら もう4月ですが、masarufuruya(ver 0.32.03)のリリースを報告します🎉 👨🏻‍💻 技術関連・Terraform関連のPRを1件だした ・dbt関連のPRを1件だした 📖 読書読み終わった ・企業価値評価 第6版[上]――バリュエーショ

    スキ
    20
      • 2021年の振り返り 「フルスタック目指してたらデータエンジニアになってた」

        これは エンジニアと人生 Advent Calendar 2021 10日目の記事です。2021年の振り返りとこれからやっていきたいことを書いていこうと思います! 働き方の変化6月から業務委託ですが、週5で医療系スタートアップにフルコミットすることにしました。フリーランスとして週3や週2の稼働で複数の案件に携わってきましたが、自分は技術的な興味を深めることよりもエンジニアリングで事業にインパクトを与えていることにやりがいを感じるということに最近気づき、よりコミット量を増やそ

        スキ
        24
        • 既存のユニバーサルアナリティクスにGoogle Analytics 4プロパティを導入する

          仕事で新機能であるGoogle Analytics4プロパティの設定を行うことになったので、その際の調査のログを残しておきます。 【前提知識】 アプリ+ウェブプロパティについて2019年8月にGoogleが発表したGoogleアナリティクス for Firebaseの仕組みを土台とした新しい計測機能です。 今まではウェブはGoogleアナリティクス、モバイルアプリはGoogleアナリティクス for Firebaseを利用して計測してきました。 アプリ+ウェブプロパティ

          スキ
          4
          • 会社員4年+フリーランス5年のエンジニア人生を振り返る

            本記事は「エンジニアと人生 Advent Calendar 2020」 13日目の代打の記事になります。 昨日の記事は、てりーさんの2020年の振り返りでした。 13日目の自分の記事は、せっかくの機会なので今までの自分のエンジニア人生を振り返っていきたいと思います。 エンジニアとして本格的に活動を開始したのは22歳の会社員になった頃で、 今は30歳なので、約9年間の振り返りになります。 「つよつよエンジニアのキャリアは凄すぎて圧倒される...」 「自分、特に面白いキャ

            スキ
            34

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • じぶんRelease Notes
            Masaru Furuya
          • ポエム
            Masaru Furuya
          • スマホアプリ開発100日チャレンジ
            Masaru Furuya

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            30日目: 技術スタックと開発方針を考える

            Qiitaから調査昨日調べたQiitaでFlutterで発信している企業を調べると、 意外と個人が趣味で書いている人が多くて企業としてFlutterを全面に押し出しているのは1社くらいだった。 技術スタックと言ってもそこまでまだあまり情報はでてなかったが、 Flutter, Firebase, gRPC(できれば)くらい抑えてれば良さそう。 開発方針問題はどんなアプリを作るかで、いきなり企業レベルのアプリをみても、 ハードルが高すぎるなということで個人開発者をリサーチ。

            スキ
            1

            29日目: Flutterの国内事例を調査

            Googleで調査FlutterとFirebaseで新しいサービスをリリースしました - Studyplus Engineering Blog https://tech.studyplus.co.jp/entry/2019/09/27/113643 ・ポルト (電子参考書サービス): スタディプラス youbride iOSアプリをリリースするまで - Diverse developer blog https://developer.diverse-inc.com/ent

            スキ
            6

            28日目: React Nativeの国内事例を調査

            Wantedlyを調査 React Native自体で求人を行っている会社はそこまで多くない印象。 知らない所で求人を出しているのは数社程度だった。 ただReactエンジニアという枠組みでは結構あるので、 やはりWebのReact自体のスキルアップが重要そう。 あとはTypeScript、Docker、Firebase (AWS)への知識もあると尚良さそう。 Qittaを調査 React Nativeの主な発信を行っているのは、3社ほど。この辺りのエンジニアの方の発信

            スキ
            2

            27日目: React NativeとFlutterの調査

            ネイティブ vs React Native「最適な技術選定で、最高の提案を」アプリ開発をReact Nativeで行なった理由、そしてその実情とは|フラー株式会社|note https://note.com/fuller/n/ncffb399154ec WebエンジニアのReactNativeでの戦い方 https://www.slideshare.net/NaoshiHoshi/how-web-engineer-fight-in-the-reactnative-13855

            スキ
            6

            26日目: アプリをiPhoneにPublishする

            React Native100日チャレンジ26日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 昨日は一覧画面をPull-To-Refreshできるようにしました。 今日は一旦今作っているアプリを既に使い始めたいので実機にデプロイしていきたいと思います。 実機へのインストール方法を調べるExpoのアプリを実機で動かすためにはPubli

            スキ
            1

            25日目: 一覧画面をPull-To-Refreshできるようにする

            React Native100日チャレンジ25日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 昨日はユーザー毎の投稿取得 & 更新とスキ数のソートを作りました。 今日はまず追加したばかりだと更新ができないバグの修正と、一覧画面を任意のタイミングでリフレッシュできるようにします。 Firestoreに追加したIDを取得する追加にはCo

            スキ
            4

            24日目: ユーザー毎の投稿取得 & 更新とスキ数でのソートができるようにする

            React Native100日チャレンジ24日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 昨日はユーザー毎に投稿を追加できるようにしました。 今日はユーザー毎での取得 & 更新とスキ数でソートができるようにします。 一覧取得をユーザー毎に取得できるように修正するコードは以下のようになりました。ログインユーザーのIDでusersコ

            スキ
            1

            23日目: ユーザー毎に投稿を追加できるようにする

            React Native100日チャレンジ23日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 昨日はFirestoreのセキュリティルールを設定しました。 Firebaseの設計についてReact Native+Firebaseの扱い方についてはこの前のブラックフライデーで購入したこちらの講座で勉強しています。 ・Firestore

            スキ
            3

            22日目: セキュリティルールを設定する

            React Native100日チャレンジ22日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 昨日はFirebase Authでログイン後のホーム画面への遷移をつくりました。 今日はセキュリティルールを設定して自分しかデータを編集できないようにします。 現状のセキュリティルールを確認する最初のテストモードは期間内であれば誰でもどのデ

            スキ
            3

            21日目: Firebase Authでログイン後に画面遷移させるようにする

            React Native100日チャレンジ21日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 技術系はZennに移行すると書いたのですが、勉強ログについてはやはりnoteに書いてくことにしました。noteは書きやすく習慣化には向いているので。 20日目の昨日は、はてなブログの方に書いてましたが、Firebase Authの匿名ログイン

            スキ
            3

            19日目: 技術系はZennに移行しました。

            技術系のログはZennに書くことにしました。noteについては他のネタについて不定期に書いていこうかと思っています。 React Native 100日チャレンジは引き続き継続していきます。

            スキ
            3

            18日目: firestore+APIで一覧取得ができるようにする

            React Native100日チャレンジ18日目の記事になります。 Githubリポジトリはこちら → https://github.com/masarufuruya/100days-challenge-react-native 昨日はfirestoreのデータモデルを設計してpostsコレクションにデータを追加できるようにしました。 今日は保存したデータを元に一覧表示と更新処理の実装を行っていきます。 今回のSpecial ThanksFirestoreのキャッチ

            スキ
            8