見出し画像

BARで折り紙!からのハムスターばらまきナイト

「よく行くバーに、折り紙好きな女の子がいるんだけど、今度会わない?」

先日、友人からこんなお誘いをいただきました。

バーで折り紙だと?
なんてシャレオツな。
これは行くしかねぇ!

GW初日の夕方に、1時間半かけて行ってきました。

ということで今日は、某所で開かれた「折り紙バー」の様子をお送りいたします。

❶お疲れ様でした!
❷過去作を配りまくる
❸リアルタイムの大切さ

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶お疲れ様でした!
友人と一緒に入店すると、例の彼女と、お母様がお出迎え。
アットホームな雰囲気で、色んな作品を折ることができました。

まずは「風船うさぎ」でウォーミングアップ。
それから、「至高のおりがみ」の「うし」にチャレンジ!

「紙の上下で、折り線が一直線になるように」
「目印のラインをオーバーしない、ギリギリの所で合わせるのが良い」

高度なアドバイスも理解してくれるので、ついつい私もマニアックに解説してしまいました。

最後は「裏表あじさい・一輪」で締めくくり。

帰る頃には、カウンターを埋め尽くすほどの作品が並んでいました。

❷過去作を配りまくる
この日は、自宅のリビングに並んでいる作品たちを大放出。

「ポメラニアン」「ハリネズミ」「編み込み風リース」などを箱詰めして、まるまるプレゼントさせていただきました。

もちろん、イチオシ作品である勝田恭平さんの「ハムスター」も大放出。
10匹くらい持ってきたので、居合わせた全員に配布させていただきました。

お前ら、それぞれの場所で幸せに暮らすんだぞ。

❸リアルタイムの大切さ
最後に、なりゆきで「ハムスターをリアルタイムで折る」という流れになりました。

さすがに数分ではできないので、雑談を交えてパキパキ。

1枚の紙から「顔」ができ、「足」ができ…
という流れは新鮮だったようで、興味津々に見ていただきました。

5本の指ができる瞬間には、「おぉ〜っ!」という歓声が。
まさにぃ、とっても御満悦です。

同じ作品をもらうにしても、ただ完成品をもらうのと、こうして制作過程を見てから貰うのとでは、全然違う!

とのことです。
オンラインでの作品紹介ばかりでしたが、こういうリアルな折り紙の繋がりも大切にしたい。
そう気付かされた夜でした。

♦︎♦︎♦︎

この日の最後は、プロの演奏家の方が「◯◯ちゃん(折り紙の女の子)のために」と言って、生演奏を披露してくれました。

な、なんて温かい場所なんだ…

女の子をはじめ、バーのマスター、居合わせた他のお客さん、そして今日の縁を繋いでくれた友人には、改めて感謝です^^

#GWは折り紙 #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #まさにぃ #自分を仕事に

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。