見出し画像

憧れのラッパーにサインを断られた

学生時代「日本語HIPHOP」が好きで聴いていた。
ツタヤでたまたま試聴したのがキッカケで好きになり、その後のDragon Ash台頭で当時は自分も含めみんなヒップホップに夢中だった。

その中でも「GKマーヤン」というラッパーが好きでいつかライブに行きたいな〜とCDジャケットのマーヤンを眺めていた。

マーヤンはリリックも見た目も男臭いラッパーなんだけど、声が少し可愛らしいところがギャップ萌えで好きだった。ガキ大将みたいな声と言っておこう。

そんなマーヤンが私の地元でライブすると知り、友人と行くことになった。

そのライブでは近頃話題になったラッパー「UZI」も急遽参加するサプライズがあったりしてかなり盛り上がった。

マーヤンのラップはやっぱり男臭く、CDで聴くよりカッコよかった。ライブっていいな。

ライブ終了後、フロアでお酒を飲むマーヤンに勇気を出してサインをお願いしてみることにした。

私の前に並んでいた女性に快くサインを書いて次は私の番。

「ライブ最高でした!サインお願いしますっ」

そう言ってマーヤンにサインを求めたら

「こんなのにはサインできないよ〜」ポイッ

サインを拒否られたのだ。

憧れのラッパーにサインを断られるという思ってたんと違う事案発生。頭がぐわんぐわんした。まじかよ。

だけどさ、マーヤン。こんなのって言うけどコレ、あなたのCDの初回特典ステッカーですよ?ダメなんですか?

もちろんそれを伝えた。実際にはもっとマイルドに。それを聞いたマーヤンは

「あ!そーだったの?暗くて見えなかった!ごめんごめんサイン書くよ〜」

無事サインを書いくれた。

ちょっとしたやり取りだったが、憧れの人に「サインを断られ、それに異議を伝え、和解する」こんなイベントになるとは思わなかった。

その後もマーヤンのファンだったし新盤が出たらすぐに買った。ライブには行かなかったけど。なぜかもう一度顔を合わすのは気が引けた。ファンだったけどね。

あれから数年。久々にマーヤンのことを思い出してYouTubeで聴いたり検索したりした。

マーヤンよ。

おまえ大麻で逮捕されとるやないか。

私はそっとパソコンを閉じた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
長身猫っ毛前髪クルン。インターネットでふざけてます。たまにWebライターとフリー素材モデル(ぱくたそ)【寄稿】SPOT、サンポー、CRAZY STUDY、ナンセンスダンス/元おっさんレンタル/芋煮会を信じている。https://www.masakiyuki.com/