ただの映画好きなアレ
玉森裕太の演技が意外とよかった『パラレルワールド・ラブストーリー』

玉森裕太の演技が意外とよかった『パラレルワールド・ラブストーリー』

ただの映画好きなアレ

2019年公開映画78本中56位。

んー、悪くはなかったのだけど、、、という感じ。
原作は読んだことないのだけれど、
(そもそも東野圭吾自体読んだことはない)
ここ最近でも彼の原作映画は多いが、
個人的にはどれもハマらず。。。
(特に『ラプラスの魔女』はひどかったな。。。)

で、今回は、
玉森裕太の愛する人が、
自分の彼女である世界と、
自分の親友の彼女である世界の2つがあって、
「ん?」ってなるっていう話。

ただ、物語の性質上あんまり書けないけど、
これSFじゃないから、当然、ハリウッドのタイムトラベル系であるような、
リアルなパラレルワールドはないんだけどね。
そして、怪しい人が割と早い段階でわかるっていう。
(でもこの流れ、別の映画で似たようなのあった気がするな。。。)

だから、ミステリーなのだけど、
そこまでミステリー感はないなというのが正直なところ。
その中で、玉森裕太の演技が意外とよかったなと思いました。

まあ、ミステリーとかサスペンスって、
一回見終わっちゃうと、「まあ、そうだよね」
っていう感想しかなくなっちゃうから、
そこに至るまでにいかにドキドキさせるかとか、
出ている役者の演技が心を打つかとか、
そういうところに面白さが出る気がするけど、
どうも東野圭吾作品の実写は、
そこがちょっと弱い気がしなくもない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださってありがとうございます!
ただの映画好きなアレ
映画が好きで、時間さえあれば映画ばかり観ています。 ここでは主に新作映画の感想をゆるりと書いていきます。 ★は基本5点満点ですが、ずば抜けている場合は限界突破して10個以上つくことも(笑) マーベルが好きなので、スーパーヒーロー系の映画は評価甘いです(笑)