【ゲームは大切だ!】ゲーム規制条例の無意味
見出し画像

【ゲームは大切だ!】ゲーム規制条例の無意味

はり・きゅう師まなぶ

香川県のゲーム規制条例については驚きました!
どういった根拠を基に、この条例が施行されたのでしょうかね?

条例の内容なのですが、それは『18歳未満のゲーム利用は1日60分(学校休業日は90分)まで、スマートフォンは中学生以下は午後9時、それ以外は午後10時までにやめさせることを目安に、家庭でルールを作って子供に順守させる努力義務を保護者に課す』というものです。条例は2020年4月に施行され、県教委は同年9月から10月にかけて、小学4年生から高校3年生の4881名を対象にスマホやタブレット、ネット接続可能なゲーム機などの利用状況に関した調査をおこなったそうです。

プレイ時間についてですが、1日あたりの利用時間が

・「3~5時間」の回答が減少
・「1~3時間」の回答が増加

3年前におこなわれた前回の調査と比較して、小中高生のいずれでも確認されたみたいです。

当たり前ですが、2020年1月に県議会で検討された当時から賛否が起きています。
実際に同年9月には高松市の男子高校生(当時)と母親が『憲法13条が保障する幸福追求権などを侵害している』などとして、県に対して計160万円の損害賠償を求めて提訴し、今でも裁判が続いています。科学的根拠に基づかない内容なので、ハッキリ言って『意味のない、恥ずかしい条例』です。これでは香川県からプロゲーマーを輩出させることができませんし、なんなら日本が誇るコンテンツを自ら捨てる愚行です。

この記事では『ゲーム規制条例の無意味』を、科学的根拠を基にキチンと解説していきます。
社会一般常識ですが、基本的に何かを実施するときは、データやアンケートなどの客観視できるものを提示するものです。確かに未知のものや初挑戦するものについては仕方ないのですが、それでもやっていった方が良い説得力のあるデータは収集するのが当然です。

この記事を読んでいき、ゲームの有能性と娯楽の保護に取り組んでいきましょう!!

画像1


この続きをみるには

この続き: 8,877文字 / 画像3枚

【ゲームは大切だ!】ゲーム規制条例の無意味

はり・きゅう師まなぶ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はり・きゅう師まなぶ

サポートをどうぞよろしくお願い致します! 皆さんのサポートを受けることによって、より皆さんが健康で自由に生きるための知識を提供することができます!!

ありがとうございます!がんばります(^^ゞ
はり・きゅう師まなぶ
鍼灸や整体ができる健康系フルーランス。現代科学を基に、あらゆる視点から『Well-Beinb:健康=幸福』をお届けしています。 主な内容:睡眠 ダイエット 運動 人間関係 恋愛・結婚 心理 ■公式ブログ:http://health-manabu.com/