見出し画像

台湾女子旅からひとりっぷまで(台北編)

台湾、そこは若くない女子にも優しい国・・・コロナの封じ込めに成功した国でもあります。去年も年末に行ったばかりで、今年はいつ行こうかなと楽しみにしていたのですが・・・海外旅行ができるようになるのはいつになるのやら。ということで旅の日記をマンガにしてみました。この後、台南、宜蘭と続く予定の世界一役に立たないガイドブックです。

画像1

このとき印象的だったのは占いが大ハズレだったことと、茶藝館で出たお茶菓子がトイレの匂い消しみたいな芳香だったことでしょうか

画像8

この時訪れたのは市政府にある信義旗艦店というでかい店舗。日本橋にできた店舗はやたら小洒落てるが本場の誠品書店はハンズとかロフトっぽかったように思う

画像3


画像4

中世紀念堂近くにある金峰魯肉飯という行列店でしばらく何も食べられなかったインチキネイティブが私です

画像5

「非情城市」'89年侯孝賢監督作品。もともとは炭鉱の町で映画のロケセットがそのまま残されて観光地になったと知り、すごーく行きたかったのだが、悪天候の割に人がうじゃうじゃいるthe・観光地という感じでしたね・・・お天気いい時に行けばまた違うのかもしれん

画像6

お値段はうろ覚えなのでもっと安かったかもしれん

画像7

林茂森・林華泰茶行ともに大橋頭駅から徒歩5〜10分くらい?

画像8

葱爪餅かなり美味しかった。古亭駅近くの屋台だったかな。金仙魚丸店とマルセイ風パイナップルケーキの滋養製菓はともに迪化街にあります。お汁粉ときなこもちの雙連圓仔湯は雙連駅近く。

このときは故宮博物院に向かうタクシーの中にデジカメを忘れてしまい、写真が残っていないのでほぼほぼ記憶のみで描いてますのでディテールはかなりいい加減。悪しからず。

3年後、今度は美食の街台南へ。というわけで次回は台南編。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よろしければシェアお願いします
11
雑誌のイラストと、時々マンガも描いてます。 お仕事ブログはこちら→http://kimaco.hateblo.jp/ Tシャツなどグッズはこちら→https://suzuri.jp/mameya