見出し画像

Cinema 4D R23シーンノード: マテリアルの貼り分け

シーンノードはマテリアルOpを使って選択範囲によるマテリアル貼り分けができます.

次の画像はヘルプに記載されているサンプルシーンのものです.〈選択を設定〉ノードには名前を設定することができるので,それを〈マテリアルOp〉ノードで指定するという方法です.ランダムに選択した範囲にマテリアルを設定しています.〈選択範囲〉ポートは文字通り選択範囲を渡すこともできます.

画像1

ある条件になったら選択する

簡単な例として,XZ平面上にノイズで移動するマトリクスからの距離を比較して条件一致したら選択する機能を作成してみました.

平面から〈ジオメトリプロパティ取得〉ノードの〈配列〉を取り出します.この配列は〈インデックスくり返し〉と〈値を読み込み〉ノードを組み合わせることでポイントインデックスの座標にアクセスできます.各ポイントの座標とマトリクスの座標の距離を計算し,任意の範囲内にあるポイントを取得できます.この結果を〈選択を構築〉へ渡すことでポイント選択範囲を作成できます.ただ,この時点ではポイント選択範囲のため,〈選択を変換〉を使ってポリゴン選択に変換が必要のようです.あとは上と同じように選択を設定してマテリアルへ渡します.

画像2

画像3

サンプルファイル

今日の何か

今日やったことを押し出しツールに応用したもので,建物らしき周囲の盛り上がっている箇所にはフィールドとエフェクタを使っています.押し出した後,マテリアルOpを二つ使って一つは全体,もうひとつは選択範囲に限定しています.

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
2
Cinema 4Dで3DCGを作っています. ノートの内容はCinema 4DのTipを主に書いていこうと思います.