見出し画像

Cinema4D R23シーンノード: ポリゴン変位

今日はポリゴンのポイント情報を変更して変位(変位デフォーマと同じ)を行います.

結論から言えばとても簡単でした.次の画像は平面のポイントをポイント法線の向きにランダムに変位させています.

画像1

ポイント情報とポイント代入を使う方法

プリミティブOpからジオメトリをポイント情報ノードへ接続します.ポイント情報から法線と位置を取り出せます.

画像2

Aパートでポイント位置にノイズをかけて,さらにマップ変換へ渡して出力の下限と上限でどれくらい移動させたいかを決めます.
Bパートでは計算ノードを使って計算モードを乗算,データタイプをVectorとすることで各ポイントの法線の方向にマップ変換の結果を乗算できます.
そのベクトルをさらに元々のポイント位置へ加算し,ポイント代入ノードへ接続します.後はジオメトリOpを通してシーンへ渡します.

また,時間ノードをサンプルノイズの時間ポートへ渡すことでノイズをアニメーション出来ます.

画像3

ジオメトリのポイント情報から位置情報を変更して,ポイント代入ノードへ接続してノイズをかけましたが,ほかにも色々な用途が考えられそうです.

今日の何か

変位パートとポリゴン編集を組み合わせてみます.ノードが多いですが,グループ化してすっきりさせてもいいでしょう.また,使いまわしできそうな機能はグループ化して,アセットとして登録しておくといつでも使えますし,少しずつ改良しながらより使いやすいカスタムノードアセットを作ると良いです.

画像4

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
1
Cinema 4Dで3DCGを作っています. ノートの内容はCinema 4DのTipを主に書いていこうと思います.