見出し画像

街の中心で落ち葉はき その1

服部誠

ふくしとぼうさい日記670日目。
日々の活動から、街の課題解決のチャレンジをしています。

今日は、様々なご相談をいただく一日でした。
相談の合間、逗子の中心地にある亀岡八幡宮に行ってきました。

昨日、氏子会の方から、ヘルプの連絡がありました。
昨年もお手伝いをしたのですが、11月中旬から12月中旬まで、境内の木の落ち葉が一斉に落ち、落ち葉はきが氏子会の方々だけではなかなか追いつかなく、お手伝いを呼び掛けてヘルプをしてほしいとのことでした。

氏子会の方々は、雨以外の日は、毎日14:30に集まって境内の掃除をされています。
すべてボランティア活動で、本当に頭が下がります。

今日、ご相談とご相談の間にちょうど時間ができたので、お手伝いに行きました。
皆さんにご挨拶をして、道路の落ち葉を全部はき、境内も約1/2落ち葉を集めて、次のご相談の予定があったので、最後の片付け前に失礼しましたが、約45分気持ち良い汗を流しました。

途中で何人もの人が
「ご苦労様」
「大変だね~」
とお声をかけてくださったり、知り合いも5人の方にお会いしました。

亀岡八幡宮は、逗子のまちの中心にあり、市民の憩いの場でもあり、そこがきれいになっていることは、まちにとって大切なことと思っています。

12月中旬まで、SNSなどで有志を募って、サポート体制が少しでも作れたらと、動いています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!