Makoto ATOZI

作詞家 https://makoto-atozi.info ソングライティングセラピ…

Makoto ATOZI

作詞家 https://makoto-atozi.info ソングライティングセラピー作詞教室主宰 作詞家 詩人 旅人 真理探究家として 世の中に価値を提供できるようにと精進中 経済基盤を立て直し インド・リシケシへ旅して詩集を出版したい 日本全国へ詩を届ける旅をしたい

メンバーシップに加入する

普段のnoteよりもより深く交流できる場としてメンバーシップを設けました。 毎朝投稿「元気と勇気の出るモーニングコラム」がメンバー限定で読めます。 メンバー限定記事が読めます。&掲示板交流。 ご質問にお答えします。 (作詞の仕方など掲示板による作詞セミナー) 歌会参加プランではあなたのnoteからイメージした オリジナル詩をお誕生日にプレゼント!♪ あなたの毎日に楽しみがプラスされますように! Makoto ATOZI プロフィール 2000年より作詞家としてのキャリアをスタート。 平井堅『楽園』V6『ありがとうのうた』嵐『トビラ』 News『真冬のナガレボシ』おれパラ『眠るものたちへ』 Escolta『明日への足跡』上白石萌音『ジェリーフィッシュ』etc... サロン内限定情報は口外、コピペ禁止です。

  • 11月の太陽 ベーシックプラン

    ¥538 / 月
  • 11月の太陽 歌会参加プラン 

    ¥888 / 月
  • 作詞セラピーレッスン付与プラン月3回

    ¥9,800 / 月

マガジン

  • 11月の太陽 ハートコラム358

    作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI)コラムです。

  • 作詞のエトセトラ

    作詞家 阿閉真琴 歌の書き方コラムです。

  • 11月の太陽 モーニングコラム

    作詞家 Makoto ATOZIが毎朝、コラムを配信します。 1日の始まりに、ちょっと元気になれるような、 ささやかな希望の光を紡ぎます。

ストア

  • 商品の画像

    この地球で夢を 見ようとぼくらはあつまった ポストカード

    スタードリームポストカード Title 「この地球で夢を 見ようとぼくらはあつまった」 illustration by Makoto ATOZI 虹の町に住むロマン職人ロビン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ぼくたちはそれぞれに使命を持って 出会うためにこの惑星にやってきました。 ロマン職人ロビンが いつまでも語り続けます。 こちらのポストカードはスタードリームという用紙で出来ています。 表面にラメがあり、立体的な雰囲気があります- ----------------------- ⚠️ ディスプレイ/端末により、   実物との色合いが 異なる場合がございます。予めご了承下さい。 ⚠️ 掲載作品の商用利用及び複製利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 掲載画像・作品の二次創作及び利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 製品をリメイクしての転売、   及び作品を利用しての販売はお断りいたします。
    220円
    11月の太陽
  • 商品の画像

    奇跡の日に ポストカード

    優しい呼吸 ポストカード Title 『奇跡の日に』 illustration by Makoto ATOZI 虹の町に住むロマン職人ロビン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ぼくたちはそれぞれに使命を持って 出会うためにこの惑星にやってきました。 ロマン職人ロビンが いつまでも語り続けます。 こちらのポストカードはスタードリームという用紙で出来ています。 表面にラメがあり、立体的な雰囲気があります- ----------------------- ⚠️ ディスプレイ/端末により、   実物との色合いが 異なる場合がございます。予めご了承下さい。 ⚠️ 掲載作品の商用利用及び複製利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 掲載画像・作品の二次創作及び利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 製品をリメイクしての転売、   及び作品を利用しての販売はお断りいたします。
    220円
    11月の太陽
  • 商品の画像

    この地球で夢を 見ようとぼくらはあつまった ポストカード

    スタードリームポストカード Title 「この地球で夢を 見ようとぼくらはあつまった」 illustration by Makoto ATOZI 虹の町に住むロマン職人ロビン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ぼくたちはそれぞれに使命を持って 出会うためにこの惑星にやってきました。 ロマン職人ロビンが いつまでも語り続けます。 こちらのポストカードはスタードリームという用紙で出来ています。 表面にラメがあり、立体的な雰囲気があります- ----------------------- ⚠️ ディスプレイ/端末により、   実物との色合いが 異なる場合がございます。予めご了承下さい。 ⚠️ 掲載作品の商用利用及び複製利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 掲載画像・作品の二次創作及び利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 製品をリメイクしての転売、   及び作品を利用しての販売はお断りいたします。
    220円
    11月の太陽
  • 商品の画像

    奇跡の日に ポストカード

    優しい呼吸 ポストカード Title 『奇跡の日に』 illustration by Makoto ATOZI 虹の町に住むロマン職人ロビン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ぼくたちはそれぞれに使命を持って 出会うためにこの惑星にやってきました。 ロマン職人ロビンが いつまでも語り続けます。 こちらのポストカードはスタードリームという用紙で出来ています。 表面にラメがあり、立体的な雰囲気があります- ----------------------- ⚠️ ディスプレイ/端末により、   実物との色合いが 異なる場合がございます。予めご了承下さい。 ⚠️ 掲載作品の商用利用及び複製利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 掲載画像・作品の二次創作及び利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 製品をリメイクしての転売、   及び作品を利用しての販売はお断りいたします。
    220円
    11月の太陽
  • 商品の画像

    魔法の樹 ポストカード

    ポストカード Title 『魔法の樹』 illustration by Makoto ATOZI 虹の町に住むロマン職人ロビン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ぼくたちはそれぞれに使命を持って 出会うためにこの惑星にやってきました。 ロマン職人ロビンが いつまでも語り続けます。 こちらのポストカードはスタードリームという用紙で出来ています。 表面にラメがあり、立体的な雰囲気があります- ----------------------- ⚠️ ディスプレイ/端末により、   実物との色合いが 異なる場合がございます。予めご了承下さい。 ⚠️ 掲載作品の商用利用及び複製利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 掲載画像・作品の二次創作及び利用は全てお断りいたします。 ⚠️ 製品をリメイクしての転売、   及び作品を利用しての販売はお断りいたします。
    220円
    11月の太陽
  • もっとみる

最近の記事

刹那を描く

基本的な歌詞のセンテンス 作詞家 Makoto ATOZIの提唱するソングライティングセラピー作詞教室では、作詞をする際の言葉の整え方(メロディーとの合わせ方)、心に響く歌の書き方、作詞への向き合い方の3本の柱を中心に作詞法を伝授しています。 先日オフィシャルウエブサイトに書いたことと重複しますが、今回は歌のセンテンスについてお話しします。 たとえあなたが作詞に興味がなかったとしても、新しい知識として、何かを感じていただけたなら嬉しく思います。 歌のセンテンスは区切り

    • フェイバリットソング ソングライティングセラピー作詞教室

      心ある歌を書く人生には大切なフェイバリットソングがある。 それは1曲だけではなくて、時代毎に思い出の歌があって、それらの歌・メロディー・歌詞はふとしたときに心の中に流れ出す。 もちろん人生の1曲もある。 10年、20年経って初めて、何気なく聴いていた歌の歌詞にある本当の意味に気づかされることがある。 ぼくが書いてきた歌も時々、レビュー、ブログなどで「あの頃は歌詞の意味がわからなかった」と書いてくださっているリスナーがいる。 完全な告白のラブソングだと思っていた歌が実は失

      • 射手座満月 心豊かであるように

        今夜は射手座満月。 ぼくの生まれ星座。 先ほどまで今日アップするブログを書き上げていたのですが、読み返してみると小難しくて、新しく書くことにしてみました。 様々な人々が、様々なことを胸に抱えながら、今このときを生きている。 ぼくが若かった頃に比べれば、例えば新月満月、それに対応するアファメーション、量子力学など、あらゆる情報量が日々増え続けている時代。 取捨選択する情報はあふれている。 それは一面では良いことでもありながら、知識ばかりが増えてしまい、左脳的に、頭で考

        • スピリチュアル、占いについての雑感

          目には見えない世界のこと作詞家になりたかった頃、また、2000年に作詞家としてのキャリア(そんなに大げさなものではないのですが・・・)をスタートしてからは、更なる発展のためにも、スピリチュアル、成功法則、占いなどに傾倒する傾向が自分にはありました。 今もないとは言えなくて、人から見ればかなりスピリチュアリズムな思想家であり、 一般的な感覚とは異なる自然観、世界観を観ていると自分では感じています。 多くの音楽制作に関わらせていただき、今もまだ細々とではありながら、歌を書く

        刹那を描く

        マガジン

        • 作詞のエトセトラ
          4本
        • 11月の太陽 ハートコラム358
          7本
        • 11月の太陽 モーニングコラム
          4本

        メンバー特典記事

          作詞のエトセトラ#3 歌を書くということ。

          「11月の太陽 歌会参加プラン 」他に参加すると最後まで読めます

          Greetings from Makoto ATOZI

          有料
          100

          作詞のエトセトラ#3 歌を書くということ。

          作詞のエトセトラ#1 言葉の音選び

          「11月の太陽 歌会参加プラン 」他に参加すると最後まで読めます

          Greetings from Makoto ATOZI 2000年に作詞家になり月日約22年。様々な歌を書かせていただきました。僕はオンラインで作詞の講座を開講しています。専門学校、レコード会社直結専門学校などでの臨時講師としても講義してきました。 http://song-therapy.main.jp/song-writing-therapy/   このページでは僕が感じ、学んできた、こうすれば歌はもっと良くなるという方法について書いてみます。  歌を書くわけで

          有料
          180

          作詞のエトセトラ#1 言葉の音選び

        記事

          作詞家として作詞講師として伝え続けて行きたいこと

          25年目で気づけたこと 作詞家になって25年の歳月が過ぎました。 平井堅『楽園』という楽曲から始まった、ぼくの作家人生は全てが順風満帆という日々ではありませんでした。 デビューしてから10年ほどは身にあまるほどの光栄なお仕事を与えられ、刺激に満ちた毎日でしたが、やがて精神的な疲弊に気づかずにいた暮らしから、パニック症を起こし、地元へ帰り、それからは一年で書く歌の数もかなり少なくなりました。 フライヤー、パンフレット、ホームページのデザイン仕事で日々をつなぎ、依頼があれば

          作詞家として作詞講師として伝え続けて行きたいこと

          I’ll be rooting for you!

          昨日、小学生の時の同級生と久々というより遥かな時を超えてランチをしてきました。 パニーニサンドのお店だったのでパニーニとコーヒーを共に。 彼とは中学生の時の塾も一緒。 4人しかいない小さな数学の塾だったから馴染み深くて、こんな年齢になっても普通に会うことができるということ、これはあたりまえなことではないんだと、懐かしい笑顔を前に嬉しい気持ちでいっぱいでした。 当時の同級生の名前も曖昧な部分、僕の場合は多くて、特に女子に関してはほとんど覚えていない。 僕が作詞家としてデビ

          I’ll be rooting for you!

          マジックアワー

          朝日の美しい朝。 折り畳み自転車を走らせてファミリーレストランのジョイフルへ向かった。 290円のフリードリンク付きモーニング。 ぼくの折りたたみ自転車はサドルを低くしてあって、進みがとてもスロー。ゆっくりゆっくり走る。 最近は食べるのも遅くなった。 できるだけ動きをスローにして、 マインドがオートマチックにならないように、むやみに刺激に反応しないように、真上から見るものと見られるものとの混同錯覚が行われないように、世の中を観察しながら暮らしている。サットヴァに尊さを感じな

          マジックアワー

          空の向かう方は…

           4月3日より、現実と妄想の境目への精神的朦朧により入院していました。  僕の病名は統合失調症で、夜、様々な大人数の声、お経などが聞こえたり、古代の聖人から話しかけられたり、身体に太い針が入ったようにガタガタ震え地面が揺れる感覚になったり、不可思議な現象は今回、かなりの状況で、入院に至り、昨日退院しました。  きっと僕の内側で起きていたことは、外側からはまるでわからず、大袈裟にも見えるだろうし、甘々な精神薄弱とも見て取れると思います。  入院して病室に入るやすぐに、こん

          空の向かう方は…

          Wait for the blue sky

          雨続きの日々に多くの鳥たちは何処に姿を隠しているのだろう。 森の中?公園の何処か?橋の下?雲の上?魔法で姿を消しているの? 北から南、南から北へ。 誰に言われたわけでもなく、 鳥たちはユートピアを目指して羽ばたき続ける。 愛ある場所を離れるなんてしたくないけれど、 天が指し示す雲と風を読み、羽ばたかずにはいられない。 なぜなら彼らは翼を持っているから。 羽ばたくことが彼らの使命だから。 明るい方へと向かう。 鳥は不思議。 燕も、鷲も鷹も羽の大きさは違うのに、 パワーは同

          Wait for the blue sky

          魂が喜ぶことを

          風の時代に入っているのだと言う人々がいる。 その根拠がどこにあるのか、ぼくにはわからないのだけれど、確かに時代は変わり続けている。 2023年と2024年。 たった一年の違いでありながら、少し考えてみるだけでも、2023年という一年はとても遠い時間、空間のように感じられている。 まるで時空のベールを隔離したかのようなほどに、この時代、2024年は多くの生命が今を生きようとしている。確かに今を生きている。 風の時代にありながら古き時代にまだ縛られている人々は、今もなお過去

          魂が喜ぶことを

          最近、思っていること。

           激しい雷があったり、朝晩はかなり季節の変わり目を感じられる涼しさになりました。  まだまだ日中は暑いですが・・・。この週末はまた最高気温ぽいことを天気予報は伝えていますね。  ぼくが今から書くことは、多くの方々から見れば夢想的に感じられてしまうことかもしれません。たとえばお子さんが2-3人、育ち盛りで、日々の作業で精一杯という場合、それどころではないと思う。  そして、そのような方々は、ぼくがここで書こうとしていることよりも遥かに大きな悟りを暮らしの中で得ていることと思

          最近、思っていること。

          言葉には太陽を

           おなじ本を何度も読み返すうちに解釈が変わってくるように、  言葉の受け止め方はそれぞれ。  日々のストレスの具合、体調、年齢、時間、場所、前後の出来事、 様々な要因もある。  それでも人を思う言葉。感謝を宿す言葉は、そんなにもすれ違ってしまうようなことは少ない。ないとはいえないけれど。  知らず知らずに言葉が刃を含んでしまい、誰かを傷つけたりしないように、言葉には慈しみを宿すようにと、心の声が聞こえた。  言葉には闇を宿すこともできれば、時代の悲しみを映し出すことも

          言葉には太陽を

          作詞家の不思議な気持ち

           noteには、日本海に面した田舎の小さな古いアパートに住むミニマリストもどき、あるいはプロ作詞家、あるいはインド哲学に憧れる自称アートマーとして、かなり多重人格者のようなブログを書いているのですが、いつもお読みいただけている方々にはありがたいなあ、うれしいなあという気持ちでいます。  お会いしたこともないのに、まるで遥か昔からの知り合いのように感じています。本当にありがとうございます。  この感覚があやういのかどうかは隅に置いておきましょう。  時々、ああ、自分は、この人

          作詞家の不思議な気持ち

          作詞家という職業の謎

           23年間、作詞家という職業で名乗ってきました。この作詞家という職業は、なかなかに謎が多い、不思議な仕事だと思います。  日本の作詞家の名前を何人知っていますか?と誰かに聞けば2、3人の有名な、あの先生方のお名前は思い浮かぶことでしょう。  でもきっと、僕の名前を知っている人なんて稀有。作曲家について尋ねてもそうなのだと思う。10人ほどの作家名を言える人は音楽業界に片足を突っ込んでいるか業界の人。世間の人々は案外、クリエイターの名前なんて気にして音楽を聴いていない。音楽は

          作詞家という職業の謎

          優しい呼吸

           巷ではゴールディンウィークのはじまりはじまり。  何やら朝から、やはり町の空気もちがう。  近所のショッピングセンターへウォーキングと買い物を兼ねて向かえば、BGMの音量も平時の1.3倍、いや、もっとのパワーで感じられる。うるさいと思うくらいなのだから、なかなかの音量。  ショッピングセンター側も必死。来客のファミリーも必死。子供達はエネルギービーム出しまくり。  スーパーマーケットでは奥様方のヤケになった気持ちがそのまま、買い物カゴの中に山盛りで放り込まれる。菓子パン

          優しい呼吸

          いつの日も 心があってほしい

           多くの教えは空を説く。欲望という名前の心の動きを払いのけた場所にあるものが空なのだと。  空は消えもしなければ増えもしない。無いとも言えるしあるとも言える。  なんて禅問答そのままで、僕も昨年まではスキンヘッドにして出家スレスレまで自分を追い込んだこともあった。  そうやって、何もいらないと嘯くように暮らしていたけれど、あるとき不意に気付かされた思いがあった。確かに空は素晴らしく、足るを知るも素晴らしい。  求めすぎる姿はみっともなくも映る。人生に対して求める報酬に値する

          いつの日も 心があってほしい