後ニケーア古代教父・資料

52

『教会史』第3巻 第11章 シメオンがエルサレム教会をヤコブの後に統治したこと



ヤコブの殉教と、それに直ちに続いたエルサレムの征服の後で、まだ生きていた使徒たちと主の弟子たちは全ての方角から、肉において主の親族である者たち(まだ彼らの大部分も生きていた)と共に集まり来て、ヤコブを継承するに相応しい者が誰かについて合議した。



彼ら全ては一致を以て、シメオン、クロパの息子なる者(彼[クロパ?]についてはかの福音[書]も言及を為している)をその[エルサレム]管区の監督

もっとみる

『教会史』第3巻 第5章 キリストの後の最後のユダヤ人包囲

第5章 キリストの後の最後のユダヤ人包囲

1節

ネロが十三年間の権力を保持した後で、そしてガルバ[Galba]とオト[Otho]が一年と六月間 統治した後で、ウェスパシアヌス、ユダヤ人たちに対する戦役において際立った者となった者が、ユダヤにおける主権を宣言され、そこの諸々の軍から皇帝の称号を受けた。それゆえ彼は直ちにローマへと出立し、ユダヤ人たちに対する戦争の指揮権を彼の息子ティトゥスに託した

もっとみる

『弁明』(アクイレイアのルフィヌス)

アクイレイアのルフィヌスは、オリゲネスなどの著作の翻訳でしられる5世紀の著述家である。異端視されたオリゲネスの思想を紹介したことなどから異端の嫌疑がかけられることがあった。以下はローマ教皇アナスタシウス(在 AD 498-503)へ宛てたルフィヌスの弁明。

…以下、英訳からの重訳…

(1)

私の知るところとなったことによると、聖下が信仰に関する議題やその他の諸々の点において起こしてきた一連の

もっとみる

『ナザレ人福音書』 断片

より。英語訳からの重訳。

正典に収められず失われた福音書型文書がいくつか存在する。その一つに、紀元2世紀から4世紀までの頃、主にシリア・パレスチナやエジプトの、ユダヤ人を多く含むキリスト教セクトにおいて重視されていた福音書(Jewish-Christian Gospel(s))があり、教会教父らの著作に断片的な引用が残っている。教父たちは明確な分類をしていないが、現代はこのユダヤ人の福音書を以下

もっとみる

『ヘブライ人福音書』断片

:::::以下訳文:::::

ヘブライ人の福音書のうちにはこう書かれている。
「キリストが地に臨んで人々のところに来たいと望んだ時、善き父は天における力強い権能を呼び出した。それはミカエルと呼ばれた。そして[父は]その保護のもとにキリストを託した。そしてその権能は世界のうちに来て、マリアと呼ばれた。そしてキリストは彼女の胎内に七ヶ月あった。」
(エルサレムのキュリロス Discourse on

もっとみる

『エビオン派福音書』断片

より。英語訳からの重訳。

紀元2世紀から4世紀ころまで教父たちが言及しているパレスチナの派閥であるエビオン派は、独自の福音書を持っていたと言われ、サラミスのエピファニオスによって数節の引用が残されている。

エビオン派は菜食主義であったため、洗礼者ヨハネがいなごを食べていたという記述を改変したとされる。

また、処女懐胎を否定するため、該当箇所が無く、洗礼者ヨハネの活動から始まっている。

::

もっとみる

旧新約リスト アタナシオス(AD 367)

http://www.newadvent.org/fathers/2806039.htm

より。

http://www.earlychurchtexts.com/main/athanasius/festal_letter_39.shtml

第39復活祭書簡(AD 367 アタナシオス)

アレクサンドリアのアタナシオスは、アレイオス(アリウス)に反駁しニケーア公会議(AD 325)を主導

もっとみる

旧新約リスト 第三カルタゴ教会会議(AD 397)

http://www.bible-researcher.com/carthage.html

より。英訳からの重訳。

北アフリカのカルタゴでは教会史の初期から記録に残った多くの教会会議がもたれている。第三カルタゴ教会会議(AD 397)について明示的に確認された正典のリストが残っている。当時の西方教会を代表する見解であると思われる。(同じ北アフリカでも、アレクサンドリアはギリシア語圏であり、より

もっとみる

エチミアジン写本229におけるマルコ16章エピローグへの付記

上記リンク先の22番目の画像がエチミアジン写本229(Matenadaran 2374)のファクシミリである。

アルメニア語聖書は始めシリア語聖書から訳されたが、5世紀前半にコンスタンティノープルから得たギリシア語写本をもとに改訂が行われた。

エチミアジン写本229(Matenadaran 2374)は989年に、5世紀の写本から写されたと考えられている。

そのマルコの福音書16章8節と9節

もっとみる

『教会史』第3巻 第7章 キリストの諸予言

http://www.newadvent.org/fathers/250103.htm

第7章 キリストの諸予言

1節

これらの諸報告に、我らの救助者の真実なる予言を加えることは適切なことであろう。そこにおいて彼はまさにこれらの出来事を予告したのである。

2節

彼の諸々の言葉は以下のようである。…子どもと共にいる者たち、そしてそれらの日々に[乳]を吸わせている者たちに災いがある。しかしあ

もっとみる