入社して1年足らずでAWSの巨大カンファレンス re:inventに行ってきました
見出し画像

入社して1年足らずでAWSの巨大カンファレンス re:inventに行ってきました

まき

ゆめみ Advent Calendar 2019 23日目にの記事です。

入社したのが今年の1月1日付け、実際には12月中旬から2週間、東京オフィスでお仕事を開始していたので、丸1年直前までの5泊6日、ラスベガスで開催されたre:inventに参加してきました。12/1の夕方に成田を発つと12/1の昼くらいにLAへ着き、そこから乗り継ぎでラスベガスへ。

現地で学んできたこと体験してきたことをざっくりまとめて、会社で発表してきたのでその資料を公開します。1人15分くらいというゆるい枠に対し、70枚も作ってしまいました。たくさん発表された中から、サーバーサイドエンジニアとして働いている私が気になったサービスを7つ挙げました。

資料内に書いたとおり、AIは特殊な専門分野のエンジニアだけのものではなくなっきている、と感じました。そしてちょうどよいタイミングでこちらの本が発売されていました。Amazonで別なものを見ていたところでさりげなくこの本を私に勧めてくるあたり、AWSのAIはわかってらっしゃると思いました。

本当は冬休みの課題にしようと思っていたのですが、待ちきれずに社内でプレゼンした翌日にホテルの近くの書店で購入し、帰りのフライト中に読み始めました。こちらの本についてはまた後日改めてアウトプットしようと思います。

re:inventに行くと決まった頃から、AWSの未知のサービスにも関心が出てきて、楽しみながら学ぶことができています。またJAWSの勉強会・Festa、re:invent関連のを通じて多数の出会いもありました。現地での経験ももちろん貴重なものでした。これら一連の体験ひっくるめて、re:inventに行って良かったと思っています。終わってみると現地での行動は反省点も多くあったので、機会があればぜひリベンジしてみたいです。

参加した皆さん同じこと言っていると思いますが、良い経験になるので機会があるならぜひ参加してみると良いと思います!!


資料に載せきれなかった大小様々なネタもあるので、今後少しずつアウトプットしていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まき
札幌でWeb系のエンジニアをしている。