yukari furuta

ファッションブランドfurutaのデザイナー。  【instagram】https://www.instagram.com/furuta_official/ 【web】https://www.furuta-official.com/

yukari furuta

ファッションブランドfurutaのデザイナー。  【instagram】https://www.instagram.com/furuta_official/ 【web】https://www.furuta-official.com/

    ストア

    • 商品の画像

      予約受注【F010-05001】レーヨンストレッチ(グロリオサ刺繍)/ワンピース

      グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産の花。 英語でGlory lily・Fire lilyと呼ばれます。 花言葉はその名の通り「光栄」「燃える情熱」等。 別名では狐百合などとも呼ばれます。 軽さがあり、シボ感のある特徴的な表面のレーヨンストレッチの素材の上に燃えるように咲く花刺繍。 どことなく神秘性のある品の良さを持ち合わせて。 ダーツをとって立体的になったボリューム袖と配色に並んだボタンがアクセントとなっています。 ボディの分量はすっきりとしておりワンピースとしても、またパンツやロングスカートと合わせても使いやすい仕上がりとなっています。 ・本体 レーヨン 83%     ナイロン 14%     ポリウレタン 3%  別地 ポリエステル 100%  刺繍部分 レーヨン 100% ・サイズは目安としてご覧ください。 【着丈】(前)110.5/(後ろ)124cm 【衿幅】2cm 【肩幅】35.5cm 【バスト】100.6cm 【ウエスト】94.6cm 【ヒップ】104.6cm 【袖丈】65cm
      57,200円
      furuta
    • 商品の画像

      予約受注【F010-08004】レーヨンストレッチ(グロリオサ刺繍)/ブラウス

      グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産の花。 英語でGlory lily・Fire lilyと呼ばれます。 花言葉はその名の通り「光栄」「燃える情熱」等。 別名では狐百合などとも呼ばれます。 軽さがあり、シボ感のある特徴的な表面のレーヨンストレッチの素材の上に燃えるように咲く花刺繍。 どことなく神秘性のある品の良さを持ち合わせて。 ダーツをとって立体的になったボリューム袖と配色に並んだボタンがアクセントとなっています。 前側の分量はすっきりとしていて、後ろはまるで花びらの筋のような均一に並んだタックとたっぷりとした分量感。 動くたびに色々な表情を見せる後ろ姿。 ・本体 レーヨン 83%     ナイロン 14%     ポリウレタン 3%  別地 ポリエステル 100%  刺繍部分 レーヨン 100% ・サイズは目安としてご覧ください。 【着丈】67cm 【衿幅】2cm 【肩幅】35.5cm 【バスト】(前)50 【袖丈】65cm
      46,200円
      furuta
    • 商品の画像

      予約受注【F010-05003】ジョーゼット/ワンピース

      色の印象が残る、ニュアンスあるワンピース。 シボの入った表面は膨らみのある不思議な素材感でストレッチ性があり着やすいです。 動いた時の印象も軽さがあって優しい。 袖はゆったりとしてややボリュームがあり「袖をたくしあげる」ことを想定した設計。 まるで花のつぼみのようです。 たくしあげやすいように袖口はあえてリブジャージで仕立てています。 いつも家内や会社で美しく働く女性に。 ・本体 ポリエステル 100%  別地リブ  綿 98%        ポリウレタン 2%  裏地 ポリエステル 100% ・サイズは目安としてご覧ください。 【着丈】(後ろ)114cm 【肩幅】35cm 【バスト】98cm 【ウエスト】79.8cm 【ヒップ】100cm 【袖丈】60cm
      49,500円
      furuta
    • 商品の画像

      予約受注【F010-05001】レーヨンストレッチ(グロリオサ刺繍)/ワンピース

      グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産の花。 英語でGlory lily・Fire lilyと呼ばれます。 花言葉はその名の通り「光栄」「燃える情熱」等。 別名では狐百合などとも呼ばれます。 軽さがあり、シボ感のある特徴的な表面のレーヨンストレッチの素材の上に燃えるように咲く花刺繍。 どことなく神秘性のある品の良さを持ち合わせて。 ダーツをとって立体的になったボリューム袖と配色に並んだボタンがアクセントとなっています。 ボディの分量はすっきりとしておりワンピースとしても、またパンツやロングスカートと合わせても使いやすい仕上がりとなっています。 ・本体 レーヨン 83%     ナイロン 14%     ポリウレタン 3%  別地 ポリエステル 100%  刺繍部分 レーヨン 100% ・サイズは目安としてご覧ください。 【着丈】(前)110.5/(後ろ)124cm 【衿幅】2cm 【肩幅】35.5cm 【バスト】100.6cm 【ウエスト】94.6cm 【ヒップ】104.6cm 【袖丈】65cm
      57,200円
      furuta
    • 商品の画像

      予約受注【F010-08004】レーヨンストレッチ(グロリオサ刺繍)/ブラウス

      グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産の花。 英語でGlory lily・Fire lilyと呼ばれます。 花言葉はその名の通り「光栄」「燃える情熱」等。 別名では狐百合などとも呼ばれます。 軽さがあり、シボ感のある特徴的な表面のレーヨンストレッチの素材の上に燃えるように咲く花刺繍。 どことなく神秘性のある品の良さを持ち合わせて。 ダーツをとって立体的になったボリューム袖と配色に並んだボタンがアクセントとなっています。 前側の分量はすっきりとしていて、後ろはまるで花びらの筋のような均一に並んだタックとたっぷりとした分量感。 動くたびに色々な表情を見せる後ろ姿。 ・本体 レーヨン 83%     ナイロン 14%     ポリウレタン 3%  別地 ポリエステル 100%  刺繍部分 レーヨン 100% ・サイズは目安としてご覧ください。 【着丈】67cm 【衿幅】2cm 【肩幅】35.5cm 【バスト】(前)50 【袖丈】65cm
      46,200円
      furuta
    • 商品の画像

      予約受注【F010-05003】ジョーゼット/ワンピース

      色の印象が残る、ニュアンスあるワンピース。 シボの入った表面は膨らみのある不思議な素材感でストレッチ性があり着やすいです。 動いた時の印象も軽さがあって優しい。 袖はゆったりとしてややボリュームがあり「袖をたくしあげる」ことを想定した設計。 まるで花のつぼみのようです。 たくしあげやすいように袖口はあえてリブジャージで仕立てています。 いつも家内や会社で美しく働く女性に。 ・本体 ポリエステル 100%  別地リブ  綿 98%        ポリウレタン 2%  裏地 ポリエステル 100% ・サイズは目安としてご覧ください。 【着丈】(後ろ)114cm 【肩幅】35cm 【バスト】98cm 【ウエスト】79.8cm 【ヒップ】100cm 【袖丈】60cm
      49,500円
      furuta
    • もっとみる

    最近の記事

    グロリオサという花

    グロリオサという花。 お花屋さんでよく見かけるお花のひとつですよね。 お花屋さんと話をしていて お祝いのお花としてもよく用いられる種類なんだそうです。 ユリ系のお花は結構大人になってから良さを知ったといいますか どちらかというと格式高く難しい。とか。 バラ科に比べてすらっとした鋭いデザインに恐い印象を抱いていたのか 私にとって、なかなか手が出しにくいタイプの種類だったんです。 しかし最近は 蘭もそうなんですけど、“選ばれし者”や“TPO”ではなく もっとフラットに、決ま

    スキ
    1
      • ぼくの記憶

        どうして 独りになっちゃったんだろう。 ぼくは 肉球を怪我して 右目や右鼻も なんだか良くなくて 2日続く雨の中 雨ざらしの駐車場の隅で 独りぼっちだった。 どっちに行って良いのかもわからないから いっぱいおっきな声で鳴いて 鳴いて鳴いて 泣き叫んだ。 そしたら 知らない人間のお母さんが ぼくを濡れない場所に連れていったんだ。 そこにはお母さんとお父さんと ぼくよりちょっと大きい男の子と 細いお姉さんと トラ柄の大きなお姉さんが2匹いて ぼくは急に大家族

        スキ
        2
        • 「ファッション」を通して今出来ること。

          furutaをデザインするデザイナー古田として 「ファッション」を通して今できること。 自分にできることは とてもとても小さなことかもしれませんが ファッションを通して今できることを模索してきました。 たくさんの洋服を生んだ後 色々な条件でどうしても残ってしまう生地が存在します。 まずはコレクションを作る上で欠かす事の出来ない そんな生地達の行く末から。 廃棄せず大切に取っておいたその生地達で ヘアバンドをご提案しようと思います。 マスクが日常になって まだもう少しの

          スキ
          1
          • “ table ” 食卓を囲む その距離感。

            食卓を囲む間柄 例えば家族、パートナー、友人やペット。 私たちは食卓を囲む“その距離感”を知っています。 机の上には、いつだか気に入って買い集めた統一感のない食器や その辺に咲いていた野花を摘んで 食べたいものを作って、持ち寄って飾ります。 そこは豊かさの象徴のようです。 食卓を囲むくらいの距離感の間には 他愛のない会話や、味と匂い、もちろん視覚と 五感をたっぷりと堪能する小さな 小さな幸せの時間が流れています。 コロナによって私たちは新しいステージと向き合い 今ま

            スキ
            2

            いのち

            実家で飼っていた白い犬は 雑種で耳だけがベージュの短毛で鼻は梅干しのように赤く ぱっと見スピッツ風のわりには顔はシュッとはしておらず ずんぐりむっくりでキャラクター系お化けみたいなシルエット。 ぼっそぼそでとても可愛かった。 あまりにも小さかった自分の記憶は薄らぼんやりしていたが 何匹かの中にいた真っ白の犬をもらいに行った記憶は残っている。 そして 私も含め兄弟全員の青春時代を共にし 15年後、私が上京するほんの少し前に寿命で亡くなった。 私はちょうど短大の卒業式もバイト

            為に美しく

            2020-21AWのテーマは『woman』 “ホテルで待つ”をストーリーに 今回のラインナップは始まります。 女性は何の為に美しくありたいのでしょう。 誰の為に美しくありたいのでしょう。 社会の為でしょうか パートナーの為でしょうか それとも 自分自身の為... 何か、或るが故に 美しいとはなんぞや? という壮大なテーマに立ち向かうわけです。 女と男 男性から見た女性 女性の内面と外面 内面にある女性性と男性性 いろいろな角度や解釈の上で存在する二面性。 ホテルで

            ファッションは自由であなたの味方

            世界との関わりが大変薄っぺらい私でさえ、 今のこの状況をヒリヒリと感じながら日々を過ごしています。 そんな時だからこそ 洋服というフィールドで最も伝えたいことは何かってことを 今一度根本的な部分で深く考えました。 やっぱり私は女性というものは男性に向こうを張ったり、 自分の本心を偽ったりせず、自由に女性であることを味わって生きて欲しい思うんです。 時に 私の洋服を作る上でのテーマの中には 女の肉体で生まれたからには女として生きていきましょう。 的な言い回しをコンセプトの中

            スキ
            1

            2020SS、furutaのテーマは旅。 私たちは日々の生活に喜怒哀楽という感情を持って過ごしています。 それは当たり前のことですが、 社会の中ではどれだけの人が本能にのっとって 当たり前に感情を味わっているでしょうか。 震えるほど腹がたったり、涙が出るほど嬉しかったり それらを大人という名の都合で押し殺していませんか? まだ無垢だった少女時代 当たり前にしていたことはできていますか? その一人一人の目には見えない、 自分にしかわからない感覚は とても尊いことだと私

            スキ
            6

            スイングしなけりゃ意味がないね。

            新年あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。 さて 今年はまめに音楽を聞こうかなと思います。 比較的無音の生活を好む方だ。 それは 雨や洗濯機の音が微かに聞こえることを愛している。 土の湿った音やコンクリートの冷たい音さえ聞こえてきそう。 そして バレエを習っていたおかげでなのか 爆音で音楽を聞くと身体を動かさないと! と、 まるで生理現象のような感覚が目覚め わなわなと心が揺れる。 そう  ミュージカルのよ

            sister

            ドリームズ・カム・トゥルー 4年に1度のグレイテスト・ヒッツライブ 「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019」 が7/14本日よりスタートしました。 今回私は Backing Vocalの浦嶋りんこさんとYURIさんの衣装をデザインさせていただいてます。 この機会をくださいましたこと、 一緒に製作に携わってくださいました方々、 スタッフの皆様に感謝です。 ある友人の話。 その人には昔、 早くに空へ旅立っていった妹がい

            スキ
            2

            おどるということ

            踊る、躍る。 心が躍る。 肉体と精神 所作と気持ち。 そうとも置き換えられると 双方に使う美しき言葉。 1人でも、ペアでも、みんなでも 踊るは存在し、 それは、肉体を越えても または、生きものを越えて、 例えば 布や風に置き換えれるように、 それは 大胆にも、片鱗の先にも サイズも自由で、表現にも決まりはない。 愛おしき意味。

            furuta 2018/19 FW②

            フルタの秋冬はmoonをテーマにドラマが展開してゆきます。 季節は随分と肌寒くなってきましたね。 季節柄コートのご紹介です。 ローデンコートは、オーストリアの貴族が着用していた伝統的なハンティング用の防寒コートです。 ※引用 実際のローデンクロスと言うのは 天然の羊毛脂を含んでいる為に防水性があり 目は密に織り上げ、風合いは粗く丈夫で重厚の見た目のわりに軽さのある素材です。 この素材自体はそれをイメージして作られたもの。 目の詰まった毛足のある軽い素材で、風合いは本気

            スキ
            3

            furuta 2018/19 FW①

            フルタの秋冬はmoonをテーマにドラマが展開してゆきます。 その中でちょっとアイテムをご紹介。 ナイロンチノを使ったトップスとアウターです。 チノといえば綿100%とおおもいかと思いますがこちらはナイロン100%の素材。 チノ独特の表面感はありつつ、ナイロンらしい軽さと張り感があって 暑さの残る秋口から使えるアイテムです。 冬にかけてレイヤードできるように少しゆったりしたサイズ感なのでいろんなコーディネートを楽しんでいただけたらなと思っています。 この軽さと張り感は

            スキ
            2

            言葉

            明子さんのあきききかく 第1回公演 「真っ白なグランドを避け 下駄箱で詠むHB31文字」 をみてきた。 シンプルだからこそ 丁寧に選び抜かれた言葉の配置が 演者の声色を通して入ってゆく。 決してキャラクターと同じ波乱万丈な人生を歩んだことはないけれども 辛酸を舐める言葉も、優越感も 私のどこかと響いて 赦しを持って 涙がそそと出てくる。 “ 浄化劇 ” という表現がなんだか私には好ましく感じた。 残念

            スキ
            6

            プロセスを抱きしめる

            料理をするか、しないか。 YES or NOで言えば、“ YES ”だ。 というか、ほぼ実験だ。 パンも粉から手こねでまれに作るし、 できれば庭を持って大きなかまどと、 一年中なにかしらつめるハーブ園を作り 愛でていたいという野望を持っている。 そうは言えど、 私はさほど無農薬や国産にこだわる方ではなく。 むしろ無関心な方かもしれない。 この間、海外でパンの素を買ってきてくれた友人が 「なんと書いていあるのかわからないけどパンの絵が描いてあるからパン作っ

            スキ
            3

            だんだんと惚れてゆく。

            大学生の頃だと思う。 その頃に素敵な傘を持っている友達がいた。 近所の子なので、 わざわざ会わなくても 後ろ姿を触れることがあった。 そういったシチュエーションで 私は彼女の素敵な傘姿を目の当たりにした。 それが どことなく記憶に隙間に挟まっていたよう。 なんだかんだそこまでに お金をかける余裕もない頃 一般的なビニール傘を使っていた。 もともと あまり傘をこまめにさす方ではない上に なくしてくる方でもない。 よく失くすという友達の話を聞いて、

            スキ
            1