見出し画像

懐中日記を買いました

最近少し思うところがあって、日記のアナログ回帰をしています。

しかし、いままでアナログの日記を書くのはノートや手帳を使っており、日記帳は買ったことはありませんでした。

というわけで初めての日記帳として懐中日記を買ってみました。

画像1

この懐中日記はB7と文庫本ぐらいのサイズでとても小さいです。ボールペンの長さと同じぐらいですね。

小さいので旅行や出張など持っていけます。カバンのスペースをとりません。

その分書くスペースがかなり小さくますが、細かいところはスマホなどで書いてあるので問題ないでしょう。

デジタルではそのときそのときで細かく記録を取ってあります。

今回のアナログ日記では一日を振り返るような視点で日記を書く予定です。

そのうちブログの方でしっかりとした懐中日記のレビューを載せますね。

初めての日記帳を楽しみたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたにも幸あれ
3
34歳の一児の父。仕事と育児にてんてこ舞いの毎日。好きなものは日記、読書、家族との時間。おすすめの記録ツール、日記や記録の活用法などをご紹介します。ご気軽にフォローくださいませ。 著書「日記のすすめ」「幸せの踏み台」「ゼロキャス」

こちらでもピックアップされています

ゆうびんやの日記
ゆうびんやの日記
  • 55本

ちょっとした日常

コメント (3)
懐中日記というものがあるのですね。名前が気になりました^ ^
あまり聞かない名前ですよね。昔大蔵省が出した懐中日記が手帳の前身だと聞いたことがあります(うろ覚え)
そうなのですね、ご回答いただきありがとうございます😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。