写真がつまらなくなった

 写真がつまらなくなっている。いつでも、誰でも、カンタンキレイに失敗なく写真が撮れるようになったからだ。スマホでも、デジカメでも、液晶で見たとおりに切り取られ、ボタンひとつでピントが合い、無難な写り。もし失敗してもすぐ削除。撮ったらすぐ見れちゃうから、プリントもしなくなった。

 わくわくした感じがないのだ。高性能のデジタルカメラというやつは。

 昔はだいぶ違った。フィルムを使うカメラが主流だった頃は、写真はファインダーで見たとおりになんか到底写らない。しかも、どう写ったのかすぐ確認できない。カメラ屋にプリントに出して初めて写真の出来がわかり、奇跡の一枚に喜び、失敗の一枚に泣く。プリントなんてそんなすぐに出来ないから、撮ってから数日経って、そのときのことを振り返るために写真は存在する。失敗も味だ。

 カンタンにキレイに撮れるのはおもしろくない。カメラメーカーが各社こぞって高解像度を売りにしているが、実像に迫るほどに精密に写るのならもはや写真必要ないじゃないか。ホンモノ見ればいいんだし。顔認識とか、オートフォーカスとか、使う人に甘すぎるでしょ!

 なんかこう、もっとカンタンに失敗写真が撮れないものか。

 言い方オカシイね。

 今ある高性能のカメラは残っててもいいのよ。機械ニガテって人のためには、便利だからね。でも別に、新しいコンセプトのカメラがほしい訳よ。進化せず、退行した感じのカメラが。

 ファインダーのないカメラ

 なんかあったらワクワクしちゃうな。狙ってはいてもどこが撮れてるのかわからない。あと、

 シャッターがボタンを押してから若干のタイムラグを持って作動するカメラ

 とかいいじゃない。いつ写るかわからない。

 時々勝手にモノクロで撮影されるカメラ

 いつモノクロになるかはまったくの気分で。

 そんなバカなことを思いながら、数年前に買って、あまり使わないまましまい込んでいたオモチャのカメラを引っ張り出した。一応デジカメなんだけど、そんなキレイな写りではない「トイデジ」というもの。

 上の写真は、板ガムのパッケージくらいの大きさしかないトイデジで撮ったもの。これはファインダーのないカメラなので、どこが撮れているのかわからず失敗しやすい。そして撮れたものはPCに繋がないと見れない。

 だったらこれでいいじゃんって言われそうだが、このカメラの難点は、バッテリーの持ちが悪いということだ。小さいので、故障しやすいということもある。なんせオモチャのカメラなのだ。もし「退化カメラ」を開発するメーカーがあったなら、バッテリーの持ちだけは強くしてほしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
96
フィクションだったりノンフィクションだったり

こちらでもピックアップされています

日常
日常
  • 62本

ただの日記

コメント (8)
satohyohさん この写真はポケデジというカメラですが、たぶん、バージョン違い以外にも個体差の関係で、わたしのはハズレだったらしく、使ってるうちにすぐ落ちるようになってしまいました。写りは好きなんですけど・・・。
はじめまして。ユニークな発想ですね。私がフィルムカメラを使用する理由はそこにあります。肉眼以上の完璧な写真を見るたびに凄いとは思いますが多少疲れ気味です。
RINO Photographyさん
ありがとうございます。デジカメがどんどん高性能化していく中で、フィルムカメラが支持されているのはとてもいいと思います。
先日オシャレなカフェで、若い女の子が料理の写真をスマホと写ルンです両方で撮ってるのを目撃してほっこりしました。ぜひ出来上がりを比べてフィルムカメラの価値に気付いてほしいところです。
1発目の壁2発目?ぶち当たりましたか??
どんな分野もある程度行ったら(実は自分がそう思ってるだけ)実はもっと奥が深い。
深さがないから最初は浅く見える。
人は自分の到達スキル以外のものを見ない傾向にある。かんたんに良い写真が撮れるって思っているだけ。どれもこれも同じような写真を撮っているからつまらないのだと思う。
つまらないのは機材のせいでなく、高性能な機材を使いこなせていないからだと思う。
被写体深度の浅い写真ばかり。同じ手法の写真ばかりになっていませんか?絵を描くのと同様に奥が深い。機材が進化することで撮れるようになった被写体もたくさんある。カメラは所詮道具だ。技術をどうやってスキルに取り込んでいくかということが奥の深さへの第一歩。
みな壁にぶち当たり、その壁をどう理解して乗り越えていくのかそれが人生。そこはあなたも私も同じと思う。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。