見出し画像

求ムアドバイス。私はバイトが憂鬱。

最近バイトを始めた。憂鬱である。

スタッフさんはみんないい人で、バイトしている場所の雰囲気も明るい。
時給も高いとは言えないけど、家から歩いていける距離で気に入っている。移動時間は交通費が出たとしても、やっぱり時間がもったいないなと思ってしまうから。

じゃあ何故こんなに気が重たいのか。理由は複数ある気がする。

①日常生活が大きく変わったから

私はここ半年ほどバイトをしていなかった。部活と授業の日々。精神的に余裕ができるし、学校では予想外の時間変更はあまりない。だから、「この日はゆっくり休めるな」というのが事前に分かる。突然の予定もあまりないし。

バイトが入ると単純に自分の時間が無くなる。そして、バイトに行くと思うと時間の逆算が複雑になる。学校が何時に終わって、バイトが何時に開始だから10分前には着いておかなきゃいけなくて…みたいな。脳のリソースがめちゃくちゃ占有されてしまうのだ。

はぁ、大変。

②試されてる感がある

基本的に放っておいてほしい方である。これお願い〜ってなったものを自分で考えて、あぁそれいいね!って言われてやっていけるタイプ。
今回のバイトはスタッフさんに見守られていたり、ちゃんと出来るかロールプレイングみたいな感じでテストされたりする。
それで「この言い方だとこう誤解されるからこうしたほうがいい」とか、「こんなふうにして」とアドバイスをもらう。熟練したスキルと経験のある人に見られるとどうしていいか分かんなくなるし、正直試されているようで萎縮してしまう。スタッフさんをお客さんに見立てたロールプレイングでは、結構本気でやられる。粗探しをされている気分になる。
でも私にスキルがある訳じゃないから、お客さんに間違ったことを言ってしまうかも知れない…と思うと試されていてもしょうがない。

でも本音を言えばもっと控えめにしてほしい!!

③あえて挑戦した業種だから馴染めない

もう言ってしまうが、私のバイトはスポーツジムのスタッフである。主婦向けなのでかなり緩い。
運動と遠ざかっていた人生なので、あえてこの辺りでスポーツ系に携わってみようと思って始めた。見た目でのんびりしていると思われやすい分、ハキハキしていたり、アクティブな面を強めていきたいなとも思った。

しかし、これが中々大変。
いらっしゃるお客さんは私みたいな運動経験のないタイプが多いけど、スタッフさんはそうじゃない。ずっとバレエをやっていた方やオーガニックやヨガに精通されている方など、スポーツ・ヘルス関係に強い方ばかり。正直全然違いすぎる!「細っこくて全然筋肉なさそう」って言われるけどその通りです!重いものなんて通学バッグくらいですもの!

④年齢が離れてる

さて、そんな私の出勤するスポーツジムは前述した通り主婦向けである。近所の女性が来る、といった感じなので年齢は大体40代後半から60代後半くらい。スタッフさんもみんな40代から50代である。
つまり、大学生の私とは話が合わない。「お客さんとコミュニケーション取ってね〜」とスタッフさんに言われるけど、何を話したらいいものか。今日の天気?いや、内容薄すぎる。とにかく他のスタッフさんみたいに自分の子どもの話とかができない。体型に悩みがある訳でもないので、お客さんと共感し合ったりもできない。

そして、スタッフさんとも話せない。とても良い人達ではあるけど、やっぱり話題に困る。向こうも多分困っている。なので、大抵は「まひろちゃん本当に可愛いね〜」くらいのもので、あとは業務内容の説明。ううう切ない。でも私の学校生活をそんなに聞かせる訳にもいかないよね…

そんなこんなでバイトが憂鬱である。
特に②は深刻な問題。新人さんに仕事を教えて、ちゃんと理解しているか見るのは大事だけど、よかったことを1言われた後に9くらいアドバイス・私のやり方を言われると、じゃあもう私要らないのでは…?そんなに私のやり方がダメならロールプレイングの前に一旦全部教えて…みたいな気持ちになる。
「一緒にしっかりやっていこう」って言われて、熱心にしてくださるのは嬉しいけど、それ自分のやり方以外は許してくれないやつじゃん…と思ってしまう。

私はバイトが憂鬱である。
でも頑張らないとね。せめて4ヶ月くらいは続けたい。

こんな気持ちで将来就職して、社会でやっていけるのか。
私の考えが甘いの?甘い考えじゃ社会でやっていけないの?
もっと言えば、社会は辛くないとダメなものなの?

みんなもっと自分にも他人にも優しくいこうよ。
ゆるゆるでいこうぜ、みんな。

私は甘い考えて生きたい。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。