見出し画像

ガリーボーイ (2019.10.18.公開)

今回は
ガリーボーイ』です。
http://gullyboy.jp/

ゾーヤー・アクタル監督作。

インド初のリアルHIPHOP映画で
主演はランヴィール・シン。

がっつりインドを舞台とした作品なのに
欧米の映画的な雰囲気もあり。

バトルの場面はビートなし、
フロウもあまりなく内容重視。

対して楽曲はかなりかっこよくて、
とくにMVを撮影するところは熱い。

主人公ムラドを演じるランヴィール・シンはもちろん、
彼の彼女のキャラクタが強烈でありキュート。
眼鏡かけてるの最高。

新宿ピカデリーで行われたジャパンプレミアには、
ゾーヤー・アクタル監督と
脚本リーマー・ガーグティが登壇して舞台挨拶。

(ランヴィール・シン起用について)

ゾーヤー・アクタル監督
「彼はクローゼットラッパー(趣味でラップをやってるときう意味らしい)だったんです。彼がラップを好きだということは知っていました。彼とは以前から知り合いで、人柄を知っているということに加えて、スラングも使えた。今回は彼を当て書きして作品を作ったと云えます。彼は普段からラップシーンを追っているんです」

『ガリーボーイ』上映劇場
https://theaters.jp/1442

text by ronpe

#映画

#映画レビュー

#ガリーボーイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「映画は映画館で」をモットーに神戸を拠点に活動しているユニット cinemactif(シネマクティフ)、を大好きな東京在住のcinemactifファンが集まり東京支部を勝手に結成。月1でイベント MCTT(MONTHLY CINEMA TALK TOKYO)も行っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。