資金調達用資料の作り方-スタートアップ経営者必携の8つの知識④
見出し画像

資金調達用資料の作り方-スタートアップ経営者必携の8つの知識④

この連載では、「スタートアップの経営者が必ず知っておかなければならない8つのコト」をテーマに、各論点についてまとめて参ります。

① 株主間契約
② 資本政策
③ ストックオプション
④ 資金調達用資料の作り方 ◀今回はこちら
⑤ バリュエーション
⑥ 基本的な事業計画の構成
⑦ 投資契約の留意点
⑧ フリー・キャッシュ・フロー


第4回目の論点は、「資金調達用資料の作り方」です。

結論から申し上げますと、会社のステージによって様々なので、今回は調達時に悩まれる会社さんが多いと予想されるシード・ラウンド調達の資料について説明していきたいと思います。

なお、ここで想定している投資家としてはVCを想定しています。
一般的に、投資を決定する際に重要な要素として挙げられるのは、「チーム」、「市場」、「プロダクト」の3つですが、エンジェル・ラウンドやシード・ラウンドで、個人の投資家の方々に向けてPitchをする際には、どちらかというと、社長自身(含むチーム)を見て投資を決めることが多いのではないかと思いますので、ちょっと資料の見せ方も違うかなと思っています。

そして、シード・ラウンドでは、初めてVCにアプローチするケースも多いのではないかとも思い、ここで説明したいと思いました。



シード・ラウンドにおける調達資料


シード期においては、記載できる内容が限られる割に、いや逆にそうであるからこそ、資料自体に無駄が多く出てしまう傾向にあると思います。アピールしたいことの裏返しでそうなってしまっている印象です。
一方、かの有名なY combinatorは以下のように言っています。

「The key point to remember here is that founders should strive for clarity and concision. This is not the right place to write a treatise on your market or world philosophy. The simple truth is that there isn’t very much meaningful detail to explore for most seed stage companies. When founders pretend that there is, their stories get muddled, and the investors get lost.」(引用元記事は下記に掲載)

要は、シンプルで分かりやすいことが重要であり、細かい説明などはほとんど意味がない、あまり細かすぎるとかえって投資家も何が言いたいのか分からなくなるよ、と。

言われてみれば当たり前のことですが、なかなか投資家の立場になって踏切りをつけるのは難しいのが実情ではないでしょうか。私自身、起業家として調達に奔走した時などは、どうしても言いたいことが増えてしまい、結果としてポイントがぼやけてしまったことがありました。


じゃあ、どうすればいいのか。
その指針として、シード期におけるテンプレートを公開してくれたのも、Y combinatorでした。流石ですよね。
今般は、そのテンプレートに沿って、シード期の調達資料の在り方を見ていきたいと思います。

また、この記事にも出て参りますが、デザインに関しては以下のリンクが参考になります。



この続きをみるには

この続き: 2,044文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『スタートアップ経営者必携の8つの知識』の連載・全8本のnoteをお読みいただけます。(2020年2月まで、月に1本ずつ追加されます。note1記事あたり約560円) ※noteの単品購入をされた後にマガジンを購入いただいた場合、別途4500円のお支払いが発生しますのでご注意ください

監査法人・外資系投資銀行・ベンチャーを経て独立し、ベンチャー企業投資・M&A・IPO支援など幅広い実務に携わる加藤氏による全8回の連載、『…

または、記事単体で購入する

資金調達用資料の作り方-スタートアップ経営者必携の8つの知識④

M&A BANK ベンチャー経営者のためのM&A情報メディア【動画&記事】

650円

ありがとうございます!お役に立てそうな方に共有いただけたら嬉しいです!
駅伝式経営・EXIT戦略・M&Aについて発信するメディア/M&A経験者・専門家の実体験やノウハウを気軽に楽しむYouTubeチャンネル➡https://www.youtube.com/c/MABANK2018/ お問合せ➡https://ma-bank.jp/contact/