見出し画像

超便利!Luminar4プラグインの使い方(応用編)

こんにちは、朱門です。前回はこちらの記事でLuminar4プラグインの基本的な使い方をご紹介しましたが、早速使って頂けましたでしょうか?まだの方は、簡単なので是非お試しくださいね。

今回はLuminar4の応用的な使い方を紹介したいと思います。と言っても、難しいことはなく、手順はとても簡単なのでご安心を。

スマートオブジェクトを使う

前回の基礎編で説明した方法のおさらいになりますが、例えばあるPhotoshopのレイヤーにLuminar4プラグインで複数の調整・効果を適用したとします。

画像1

レイヤーに適用したLuminar4での調整の強さはレイヤーの不透明度で変えることが出来るのですが、あくまでも一括で強弱を変えるしかできず、もしLuminar4側で複数の調整を行っている場合、それぞれのフィルター、効果のバランスまでは調整出来ないという問題があります。

また、Photoshop側での調整を続けていくにつれて、もう少しLuminarで行った調整を変更したり、追加・削除したい、やり直したいなぁと思うときにも、通常のレイヤーに適用してしまっていると、1からやり直しになるため不便な時があります。

それを解決するのが、今回ご紹介するスマートオブジェクトを使ったLuminar4 pluginの使い方です。
方法は簡単です。まずはLuminar4を適用したいレイヤーを右クリックして、「スマートオブジェクトに変換」を選択します。

画像2

レイヤーをスマートオブジェクトに変換した後は、通常のレイヤーと同様にそのレイヤーを選択した状態で「フィルター」からLuminar4 pluginを適用することが出来ます。

画像3

画像4

ここまでは通常のレイヤーと同じなのですが、スマートオブジェクトの場合は、Luminar4プラグインの適用後に、レイヤーの下にあるLuminar4と書いてあるところをダブルクリックすることで、いつでもLuminar4上での調整をやり直すことが可能になります。

再調整

手順のおさらい

スマートオブジェクトを使ったLuminar4プラグイン使い方の手順おさらいします。

1. レイヤーを右クリックし、(もしくはレイヤーメニューから)
「スマートオブジェクトに変換」を選択する

2. スマートオブジェクトに変換したレイヤーを選択し、
「フィルター」「Skylum Software」「Luminar 4 ...」を選ぶ

3. Luminar4が起動したら、好きな調整を行い、適用ボタンで効果をレイヤーに反映する。

4. Luminar4での調整を再調整したい場合は、レイヤー内にある"Luminar4"をダブルクリックし、再調整、適用を行う。

まとめ

今回は Photoshop用の Luminar 4プラグインの使い方の応用編として、スマートオブジェクトを使った便利な方法をご紹介しました。
スマートオブジェクトを使うと、通常のレイヤーよりも再調整をしやすいメリットがあるので、是非この方法もお試しください。

次回はレイヤーマスクを使った応用方法をご紹介したいと思います。
それでは、また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
Luminar、AuroraHDR、など数々の受賞歴のある写真編集ソフトを開発するSkylumの公式アカウントです。日本中に素晴らしい写真が溢れますように!ルミってますか?✨📸 https://skylum.com/jp/luminar
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。