ルイージ
新米の準備
見出し画像

新米の準備

ルイージ

通っている稲作塾で先週末、稲刈りをした。
田舎に移住をしたからか、
会社で「稲刈りした」
と話をすると
「腰大丈夫?」と数人から聞かれた。
鎌で稲刈りしていると思ったのだろうか??

流石に稲刈り機ですw

稲刈り機も慣れないとなかなか真っ直ぐ走ってくれません。
コツを掴むとどんどん刈れます。
写真は長男がチャレンジした時のもの
なかなか上手でした。

ハザ掛け

稲は刈ったら直ぐに米になる
というわけではない。
1ヶ月くらい乾燥させるためにハザに稲を掛ける

ハザは漢字では「稲架」と書くらしい
まさに用途そのもの。

みんなで午前中いっぱい作業して
やっと1面作業が終了。
地面に束ねてある稲を拾う作業で腰にきました。


あ、、、腰痛かったか。

準備1(炊飯鍋)

家の炊飯器は実はかなり使っていて、
横浜時代から10数年使っていたので、
正直ちょっと味が落ちていた(みたい)

新調を考えて買ったのが
「staub ラ ココット de GOHAN」
という炊飯用の鍋

鋳物なのでシーズニングが定期的に必要ですが、
なかなかしっかりした作り

早速、シーズニングをして炊いてみる

なかなかいい感じ!
きちんと水を吸わせる工程(15分くらい)があるものの、
炊飯器よりも早く炊けるかなー
火に10分、火を止めて蒸らして10分!!

準備2(おひつ)

鍋には残念ながら保温機能がないので、
おひつも準備

木のおひつもよかったのですが
セラミックのものを購入

レンジもかけられて、
もちろん冷蔵庫でも保存が可能。

多めに炊いてもこれで準備万端!!

今月末には新米三昧!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ルイージ

よろしければ、ぜひサポートを!! サポートは執筆の活力!! より良い記事作成に役立てます!!

ありがとうございます😊
ルイージ
酒類メーカーのグループ会社で文化芸術の仕事をしています。もともと音楽系だけど美術館運営を経験。今は施設の事業の統括的な仕事をしてます。 2020年3月に長野県北佐久郡御代田町に移住。 人生最大の買い物を売り、新たに一軒家を建て、庭いじり中。 テレワークと長野⇄東京を新幹線通勤中。