見出し画像

二元論鍋対決潜入記 リア充鍋対非リア鍋

 寒い時にパーティーすると高確率で鍋になる。鍋をみんなで囲むと一体感が出る。ちょっと趣向を変えて鍋の一体感をあえて壊してみたイベントがあったので潜入してみた。

 主催者は谷中研究所

対戦カードはリア充鍋対非リア鍋とのこと

テーマに沿った食材をみんなで持ち寄り、鍋に投入していく対決型闇鍋。

対戦前の両者の様子

画像1

リア充鍋 チキンが並んでいる。土鍋が温かそう


画像2

非リア鍋 もやしと堅あげポテトの存在感がある。非リア軍は数が多い


会場はリバ邸下町のリビング 絵がかっこいい

画像3


逆サイドはシュールな絵でこの二枚でリア充と非リアを表現してそう。ある意味今回の対決会場にピッタリ

画像4


両鍋合戦図

画像5



非リア鍋が煮立った。非リアの食べ物の双璧、もやしとウインナーの存在感が圧倒的。

 味は居酒屋の一番安いコースの鍋物におせんべいやポテトチップがせんべい汁みたいに入る変わり種鍋でした。

画像6


こちらはリア充鍋

画像7

リア充鍋の方には羽を伸ばしたいためか鶏肉が集まっていく。味は鳥の集合体で油が多い。油の多い食材を鍋に入れるとタンカーが座礁したような様子に、周りの人たちはうまいって食ってたけど僕にはちょっと重かったです。リア充のお供(ツマ)がトッピングで乗っていて助かった。


鍋対決の様子序章

画像8


リア充鍋の第二形態

鶏肉サミットが開催中!厚揚げみたいに沈んでいるんのはファミチキです。この時点でヤバイ!

画像11


いよいよ真打登場。リア充と言えばこいつ、タピオカ様の登場。非リアの方には大タピオカ(玉こんにゃくとも言う)が入りました。

画像10


 カレーとタピオカと鶏モモの照り焼きが入ったリア充鍋最終形態がこちら、見た目はカレーの大地に、クレーターのようなタピオカと、照り焼きが恐竜の骨のように佇む発掘現場みたいでした。

 味の方は普通のカレーにカレー味のタピオカが入っていて、まあちょっと変わった味レベル。普通に食えます。照り焼きは鍋で煮ても照り焼きでした。

画像12

今回のレシピ

リア充鍋
・テリヤキ
・ファミチキ
・サラダチキン
・つくね
・さんま(シーチキン味)
・チーズクラッカー

非リア鍋
・もやし
・ウィンナー
・ちくわぶ
・ベビースター(3粒)
・大たぴおか(別名玉こんにゃく)
・堅あげポテト
・柿の種
・えびせん
・カルパス
・さんま(さば味)

参考にしないように




今回の教訓

リア充鍋には鳥が集まる

ファミチキは煮ると厚揚げになる

非リア鍋はコスパ食材が集まって量が多くなりがち

キムチやカレーといったクセの強い食材は混ぜると危険


るうでんすではちょっと変わった遊びをするイベントがあったら取材に行きます。参加費高い時は応相談

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
あたらしい遊びを作るコミュニティです。ここでは主に遊んだ思い出を保管しています。 メンバーも募集中です。https://tomo-shibi.jp/tomoshibi/222/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。