ren@Anyflow Inc.

メガベンチャーのエンジニアを1年経て、今はAnyflow https://anyflow.jp のCEO兼エンジニアをやっています。今までに20個以上プロダクトをリリースし、失敗しまくってきました。プロダクトの開発からリリース、グロース等の記事を書いていきます!

ren@Anyflow Inc.

メガベンチャーのエンジニアを1年経て、今はAnyflow https://anyflow.jp のCEO兼エンジニアをやっています。今までに20個以上プロダクトをリリースし、失敗しまくってきました。プロダクトの開発からリリース、グロース等の記事を書いていきます!

    マガジン

    • Anyflow Inc.

      • 12本

      Anyflow の 中の人の note をまとめたマガジンです。

    • Anyflow | プロダクトアップデート

      • 23本

      Anyflowのプロダクトアップデートをお知らせします。

    • iPaaS (アイパース)

      • 11本

      iPaaS (integration Platform-as-a-Service) についての情報を発信します。

    • 個人的に参考になったまとめ

      スタートアップを経営していく上で有益だなあ、とおもったまとめです

      • Anyflow Inc.

        • 12本
      • Anyflow | プロダクトアップデート

        • 23本
      • iPaaS (アイパース)

        • 11本
      • 個人的に参考になったまとめ

    最近の記事

    「印鑑や紙文化の廃止」で社内に何が起きるのかを考えてみました

    こんにちは、Anyflowの坂本と申します。 みなさま、リモートワークしていますでしょうか? 弊社もリモートワークを1ヶ月ほど実施していますが、稀に捺印するためだけに会社にいく、郵送するためだけに会社に行く、といったイベントが残念ながら発生しています。 そういえば、SmartHR さんがこんな広告をだしていたり 今日(4月17日) GMOさんが印鑑を廃止したそうですね。 サイバーエージェントの藤田さんも、、 GMOさん、サイバーさんのような業界の最先端を走っている

      • 2020年はiPaaS元年になるかもしれない理由3つ

        こんにちは、Anyflowの坂本です。 先日こんなニュースが飛び込んできました。 RPAはこれまでの自動化ツールとは異なり、すぐに効果が分かるので、導入する企業が急激に増えた。 日本市場における導入企業は2017年12月調査の20.1%から2018年(同)に31.4%と、わずか1年で導入率が10ポイントも上がり、市場規模は2倍以上に拡大する(同社調べ)。 その背景には、業務プロセスの複雑化がある。 クラウド化がさらに複雑さを増し、「システムが

        • 日本に本当に必要とされているのは、RPAではなく、iPaaSだと思う

          こんにちは、Anyflowの坂本です。 RPAっていうワードをよく目にする方も多いんじゃないでしょうか。 2018年のバズワードって言われているそうです。 RPAといえば、こんなニュースが以前話題になっていました。 実験の結果として、RPAを試験導入した事務で、平均84.9%、最大99.1%の作業時間削減効果を確認した。 99%削減ってまじかよ。すごい。 いろいろRPAについて調べているうちに個人的に 「今、日本に本当に必要とされているのって、RPAなんだっけ? 」

          • 8年間toC向けプロダクトを量産してきた私が、今BtoBのSaaSを創っている理由

            こんにちは。Anyflowの坂本です。 今私は、BtoBのいわゆるSaaSと呼ばれるプロダクトを創っているのですが、なぜ8年間もtoC向けサービスを創っていたのに、BtoBのSaaSを創っているのか?という話をしようと思います。 その前に少し昔の話を..。 そもそも、なぜ8年間もプロダクトを創り続けているのか?2008年。 私が高校2年生の時、当時恵比寿にあったITベンチャー企業にインターンすることができました。 当時、プログラミングはほぼ素人であり今振り返ってみると

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Anyflow Inc.
            ren@Anyflow Inc. 他
          • Anyflow | プロダクトアップデート
            Anyflow | 業務自動化iPaaS 他
          • iPaaS (アイパース)
            Anyflow | 業務自動化iPaaS 他
          • 個人的に参考になったまとめ
            ren@Anyflow Inc.

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            4万RTされたアプリDishのピボット、資金調達、オフィス移転と社名変更をしました

            お久しぶりです。 7月に 約4万RTされたグルメアプリ「Dish」を2ヶ月でリリースするまで という note を書いてから、すでに半年くらいたってしまいました...。 今回はタイトルにも有るように、この半年間で怒涛のような日々を過ごしていたのですが、その道中にて様々なことがあったのでそのまとめです。 色々な学びがあり、せっかくなので note にて共有したいと思います。 ざっくりな目次 - Dish のピボット - なぜピボットしたか? - 現在作っているプロダク

            約4万RTされたグルメアプリ「Dish」を2ヶ月でリリースするまで

            こんにちは、株式会社ピケの ren です。 本日リリースした Dish (ディッシュ) という、現在地からサクッとランチが決まるグルメアプリについての note です。 5月12日に仮説検証のために行ったツイートが約4万RTされ、その後の約二ヶ月の間にチームでどうような動きがあり、本日 iOS版がリリースされたのか、というのをストーリーベースで書いていきます💪 目次 ・ Dish って? ・作り始めた理由 ・バズってからの一週間 ・体験設計の見直しと迷走 ・約20人に

            プロダクトの仮説検証を Twitter で行うことのメリット、デメリット 5選

            こんにちは、 ren です。 先日、ツイートがバズり、現在 Dish というグルメアプリの開発をしたり、他にもバズった要因を元に様々な検証をしています。 そんな中、Twitter を用いた仮説検証において、いくつかのメリットとデメリットが分かってきたので、note にて共有したいと思います! Twitterで仮説検証を行い、ある程度バズった前提の内容になっています。 目次 なぜプロダクトの仮説検証に Twitter を使ったのか メリット1. 応援してくれる人が増え

            有料
            490

            約4万RTされた「サクッと飲食店を決めるアプリ」を作ろうと思った理由

            どうも! ツイートがバズって1日でフォロワーが1000人以上増えた ren です。(ありがとうございます😭) 先日、こういったツイートをしました。 今回は、この Dish(仮) というアプリをなぜ作ろうと思ったのか?というのを note にまとめようと思います。 なぜ作ろうと思ったのかこの Dish(仮) というアプリは、まだ存在しておらず(今作ってます)、ツイートでも言及しているとおり、プロトタイプです。 ちなみに、 Sketch と Principle を使って弊社

            8年かけて開発したWebサービス15個の具体的な失敗理由とは?

            どうも! プロダクト作りが大好きな ren です。 前回書いた 「8年間で20以上のWebサービスを作ってきて、ほとんど失敗した理由 」がありがたいことに、多くの方に見ていただきました。 そんな中で、「具体的にどんなサービスを作って、どういう失敗をしたのですか?」という声をいくつか頂いたので、今回の記事では 「なぜそのサービスを作ったのか」 「どういった技術で作ったのか、開発の期間」 「具体的な売上やアクセス数」 「なぜ失敗したと考えたのか」 「どうすれば失敗を避けられ

            有料
            3,980

            8年間で20以上のWebサービスを作ってきて、ほとんど失敗した理由

            みなさま、はじめまして!  ren と申します。 追記(5/6) 「具体的にどんなサービスを作って、どういう失敗をしたのですか?」と言われることが多かったので、書いてみました → 8年かけて開発したWebサービス15個の具体的な失敗理由とは? note は初投稿なのですが、タイトルどおり、 8年間で20以上のWebサービスを作ってきて、ほとんど失敗した理由を私の実体験を元に書いてみようと思います! Webサービスを作っている人、自社のサービスを作っている人、起業家、これ