苅野進(かりの しん)|学習塾ロジム代表

子供向けロジカルシンキング指導の専門家。 大手人事・経営コンサルティング会社を経て、小学生から高校生向けに論理的思考力を養成する学習塾ロジムを2004年に設立。探求型のオリジナルワークショップにより問題を解決できる人材を育成し、指導者養成にも取り組む。東京大学文学部卒。
+1

教養とはトリビアのことではない

「ゴッホは浮世絵の影響を受けているんですよ〜」 「存在するとは行動することであるっていったのはカントだよね」 知識だけではなく教養が大事といいつつ、それって世界…

+1

トライ&エラーを出来る子にするには

トライ&エラーを怖がる生徒は、エラー自体ではなく、 エラーをしたときの周りの反応を恐れています。 子どもが何かを試みたとき、どんなものであってもまずは 「ナイスト…

+1

論理的な文章の基本は読み手の立場から

とあるニュース記事より引用です 政府は緊急事態宣言について、12日までの期限の延長を9日に決定する方針を固めた。 これは、 A:12日まで(となっている現在)の期限を…

+1

いよいよ焦る時期だからこそ

夏が終わると、模試での合格確率などが現実味を帯びてプレッシャーをかけてきます。本人も保護者も自分の現在地と目標との距離に焦り始めるはずです。 是非忘れないでおい…

+2

夏は集中的に繰り返し

短期間に繰り返す学習の効果は夏休みを活用して是非実感して欲しいものです。 何度か繰り返し、内容を暗唱出来るようになるまで徹底的にやりこんでみましょう。 それでも…

コミュニケーションのトレーニングに命がかかっている

先日、とある航空会社の機内誌で興味深い記事を読みました。 パイロットにとって「コミュニケーション」のトレーニングが非常に重要だというものでした。 命を預かる重要…