見出し画像

こんばんは。


こんばんは。さtコと申します。

noteでは主に歯科矯正について自分なりのレポート&記録を残すつもりで書いていこうと思います。

▼歯科矯正歴

親が歯並び悪いので、幼稚園の頃から定期的に歯医者に行きいつ矯正を始めるかを先生と相談していました。先生には「まだ早い」と何度も言われましたが…。その頃の口元がこちら

画像2


そして自分は記憶にないのですが永久歯のサイズが大きすぎて鬼歯がついに顔を出します。

ちなみに、鬼歯は八重歯とはまた違います。八重歯は前歯の隣の歯が凹んでいてその上に犬歯が生えているイメージだと思いますが、鬼歯はそんなに可愛くありません。前歯の隣の歯は通常の位置に生え、犬歯が上の歯茎から出てくるのです。ググると沢山画像出てきます。

画像1

小学校高学永久歯が生え揃う頃にはこんな感じに。唇の中に隠れてるけど鬼歯健在です。幼稚園の頃の写真と比べて歯のサイズ確実に大きくなってますね。

小学5年生から本格的に歯科矯正の歯医者に通い、小学6年生から歯科矯正スタート。当時は透明なブランケットなどなかったので銀色のブランケットに銀色のワイヤー。まさにトイストーリーに出てくる、あのやんちゃ坊や!!!

この頃の写真を探したのですが、それはそれは年頃の女子なので見事にぜーーーーんぶ!口元を隠したポーズでした。

画像3

まあ次回書きますが、中学校入学をきっかけに歯科矯正を理由に虐められていたので仕方ないですね。普通だと思っていた歯科矯正が周りの人からみたら異様だったのでしょうから。隠したくもなるわ。

そして小学6年〜中学2年まで矯正器具を付け、後は寝るときだけ付けるマウスピースを続ければ歯と顎骨が固定されるところまできて…

サボりました

歯医者 行かなくなりました

約100万円 水の泡です。


まあ鬼歯もなくなり何となくは綺麗な口元になっていたので、当時はそこまで気になりませんでした。今でも正面から見た歯並びは特に気になりません。

画像4

ちょっと前歯がデカイかな?前に出てるかな?くらい。そして恐ろしいのが、横顔。特に笑ってる横顔です。

画像5

前歯だけが恐ろしく飛び出てますね。これが嫌で嫌で…。なんとなく再度矯正をしようかと悩み始めたのが25歳。ただ今筆者27になる年です。

▼これから

実家に帰る度に、母親に「また矯正すれば?」と言われるようになり、ついに決心しました。歯科矯正、大人の矯正 始めます。

嬉しいことに金銭的な援助は親がしてくれるので、感謝しかありません。きっと過去やっていた歯科矯正もしていなかったら酷い歯並びだったでしょう。ここまで直してもらったのだから、最後までやり遂げたいです。(人の金のくせに)

長くなりましたが、過去の歯科矯正〜現在始めるに至ったまでの経緯です。ちなみに今日はブランケット装着のために歯の表面を綺麗にしてきました。

画像6

(貧血で唇の色がすこぶる悪い)

実は昔つけてた矯正のブランケット部分が、しっかり歯磨き出来ていなくて表面に小さな虫歯があり、それを過去に治して樹脂で固めた部分が変色してしまってたのです。審美的な面からも治した方が良かったし、自分でも気になっていたので満足です。

次回10/08についにブランケットを装着して参ります。つたない文章ですが、歯科矯正を考えている方や、歯科矯正を恥ずかしいと思ってしまっている方(過去自分もそうでした)に何かお伝えできたらと思います。


;(´◦ω◦`):寝るョ!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
2019年10月〜人生2回目の歯科矯正(部分矯正)スタート。毎回のレポを書いてきます。口内の写真が苦手な方は自己責任で閲覧お願いします;(´◦ω◦`):
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。