見出し画像

上海Moon Story(中国語音声配信)

りとるけい

 amazonで発売中の「恋愛小説で学ぶ中国語シリーズ」の中で、最も売れているのが「上海Moon Story」というタイトルです。

 8月になって、夏休みもあり、時間が取れるようになったので、今日から少しずつこの教材の中国語音声をnoteにアップしていきたいと思います。

 中国語音声の発音は、Google翻訳を音源としていますが、全文をそのまま翻訳しただけでは、文章の切れ目が不自然になることから、できる限り文章単位で音声を抽出し、聞き取りやすくなるよう工夫しました。

 また、そのままだと単調になってしまい記憶中枢への働きかけが弱いことから、全体を通じてJAZZアレンジのオリジナル楽曲をBGMに使用し、シーンに応じて、中国語と音楽が結びつくことにより、中国語発音が頭にしっかり残るような工夫もしています。
ぜひ試してみてください。

 「恋愛小説で学ぶ中国語シリーズ」は、日本語で書かれたストーリーの中に出てくる会話部分を中国語で織り込むことにより、臨場感のある中国語会話を「体験」として習得することができる新しいカタチの学習教材型小説です。

 日本語で物語の流れを正確に掴みながら、生きた中国語会話に自然に触れることができるため、会話が物語に溶け込み、「体感」としてこれを身につけることができます。


あらすじ

 東京の生活に馴染めず、中国語もまともに喋れないまま上海を訪れた“圭(ケイ)”。そんな彼に、ある夜見知らぬ人から不思議なメッセージが届きます。
 彼女の名前は佳佳(カカ)。日本語を勉強中の上海人で、やがて彼女は日本に留学をすることになり、二人は元の他人に戻ってしまうのですが、ある偶然が二人を横浜で再会させます。
 そして二人はまた、「同じ月を見ている」のでした。


中国語音声 Chapter-1

BGMに使用している楽曲


中国語音声 Chapter-2

BGMに使用している楽曲


中国語音声 Chapter-3

BGMに使用している楽曲




中国語音声 Chapter-4

BGMに使用している楽曲



中国語音声 Chapter-5


中国語音声 Chapter-6

https://note.com/littlekei/n/n86ba03312f30

BGMに使用している楽曲



中国語音声 Chapter-7



本書の使い方

(1)まずは物語を楽しみながら日本語部分を読み進め、中国語会話が出てきたらピンインを見ながら中国語で発音する。

(2)各Chapterの終わりに「中国語ワンポイントレッスン」のページがあるので、直訳文と単語を見ながら中国語の構造をしっかり把握する。

(3)Chapter7まで読み終わったら、次は日中対訳で読んでみる。

(4)最後に、ピンイン無しで中国語の翻訳原文を読んでみる。今まで学習したことを思い出しながら漢字の持つイメージを目で追いかけるようにして文章全体を把握するように読んでみると良い。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
りとるけい
上海、台湾に住んでいた頃の経験をベースに、中国語初級者が日常よく使う、またはよく触れる言葉や構文を、簡単な会話形式で紹介していきます。 また、マレーシアで使っているいい加減な英語を「とりあえず通じる」ので、男女の会話形式ストーリーで紹介しています。