見出し画像

デュアルライフ6年目。田舎暮らしとデュアルライフの現実 《デメリット編》

先週はデュアルライフをしていることのメリットについて書きましたが、今回は逆にデメリットについてまとめました。

前回の記事はこちら

多拠点であることのデメリット①:経費が嵩む

最も大きなデメリットは経費問題です。両方持ち家ならそうでもないのですが、借家だったりすると、賃料が発生します。下手したら、1ヶ月まるっと片方の家に住んでいないのに家賃が必要だったりするわけです。ま、契約上当たり前ではあるのですが、2重に家賃がかかるのはきついところです。

また、これも当たり前なんですが水道光熱費も2重にかかります

そして地味に重いのがインターネット契約。1軒家だと高いんですよね。そう思い、一度片方の家の契約を解除したことがありました。スマホのテザリングでなんとかなるんじゃないかとも思ったのですが、通信重くなるし、なんだかんだで制限掛かっちゃうし、このインターネット時代においてはテザリングのみで1ヶ月乗り切るのはかなり厳しいことを実感しました。

しかも、田舎の場合すぐに工事に入ってくれないのも大きなデメリット!光回線再設置になんだかんだ申込みから4ヶ月以上かかりました。高いけど、今の時代必要経費ですね。

交通費も馬鹿になりません。我が家は車で移動していますが、1回の往復でガソリン代は3000〜4000円。例えば週1で行き来すると、ガソリン代だけで1万円前後毎月かかることになります。プラス、移動距離が長くなることで保険料も高くなりますし、オイルや磨耗したタイヤの寿命なども必要不可欠な経費です。

続きをみるには

残り 1,547字
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ありがとうございます!これを励みに執筆活動頑張ります!