マガジンのカバー画像

図書館はじめよう。

5
2012年に作った小冊子のタイトルにあやかって、リブライズのブログを再開(?)したいと思います。Zineにして配りたい。
運営しているクリエイター

記事一覧

団地と図書室

リブライズの千葉営業所と同じ市原市内に、図書室ができたと聞いて気になっていたのですが、訪問のチャンスがやってきました。 場所は、JR内房線の八幡宿駅の東、若宮団地内。静かな住宅地を進むと、団地の奥に「On Re.cafe」が現れます。団地といっても、一軒家が多く「ニュータウン」と言った方が伝わるかもしれません。その中に長屋形式の分譲住宅も点在していて、その一角をカフェが占めているというのが正確でしょうか。 続き長屋の手前に、カフェ用の駐車スペースが数か所あり、まるでご近所

「千葉営業所」を作っています

リブライズは東京の下北沢で始まって、ショールームや工場も同じ場所で営業してきました。この10年間、都内だけでなく、各都道府県からもご訪問ありがとうございます。B&Bを筆頭に本屋が息づく街で仕事ができたのは、本当に幸運なことでしたが、コロナ禍を経て、リブライズもリモートを中心とした働き方に変化しています。 3年前、工場についても千葉の私の家に移動させて、一時避難的に生産を続けてきました。たまたま、お隣の空き家をお借りできたので、昨年からはそちらに生産拠点を移しています。なんと

10万坪のオフィスで自由に働く

ぼくのオフィスは10万坪、と、会う人には言っているのだが、もちろんアメリカにある有名IT企業ではない。練馬区にある光が丘公園のことだ。いやまあオフィスですらない。😀 公園には珍しく、机が多い。非常時の緊急避難先にもなっているようなので、そのために整備されているということもあるだろう。 しかしこれが仕事にはとてもよい。写真にあるのは一般的な机のタイプだが、公園の真ん中あたりの広場には、円形の石でできた机があり、ここもまた居心地がよい。 公園そのものが広大なので、仕事をする

100人の本屋さんに行ってきました

PAX Coworkingで知り合った吉澤さんが、世田谷松陰神社前で運営している 100人の本屋さん という、本屋さん兼コワーキングスペースに行ってきました。 場所は本当に松陰神社駅からすぐ近くで、ファミリーマートの横にある階段を上がっていった二階にあります。ちょうどお昼時だったこともあり、向かいにあるお弁当屋さんでそれぞれランチを買い、スペースに戻って食べながら話をしました。 100個あるという棚はほぼいっぱいでした。それぞれの棚は棚主の個性がそのまま反映されていて、一

駅の図書室FLAT

最近、耳にすることが増えてきた「シェア本棚」ですが、千葉営業所の(比較的)ご近所にもできると聞いて、遊びに行ってきました! (夏ごろの話です) 場所は、JR木更津駅の東口からすぐとのこと。今回は内陸からのアクセスなのでJR久留里線で向かいました。初めての木更津駅で列車を降りて、改札からしばらく行くと図書室のポスターがお出迎え。 そして、ポスターに誘導されるように階段を降りると、確かにすぐというか真下にありました! それもそのはず、後からお聞きしたところによると、かつて駅の