リベル

異なる視点で考える時間が、視野や思考を広げてくれると考えています。大学の先生の協力のもと作成した短編本や日記のような「一日一想」の配信、休日朝10時からの読書会など。自分のために思い考える時間のお供に。 https://liber.community/
固定された記事

オープン!

次の一歩に詰まった時に、社会や人間を知るための本は、思考や発想の追い風となりました。 今世の中には何が求められているのだろうか、そもそも人間は何を求めているのだ…

今週もおつかれさまでした。

「大人はなぜ学び的なものを求めるのか?」というのを最近考え始めています。 人によって異なると思いますが、私の場合は、大人になってからの方が自発的に学びたいと思え…

食物残渣(生ゴミ)と人骨を分けていなかった縄文の人々 〈一日一想〉

貝塚とは、主に縄文時代に見られる生活廃棄物を投棄する場所、いわゆるゴミ捨て場として一般的に認識されているものです。 大きなものでは、東西・南北に200メートルに渡っ…

選択に迷ったら放棄を選ぶ人間の性 〈一日一想〉

人間は6つくらいまでが選択肢の限界のようです。 それを越えると、比較して処理する能力が追いつかず、選択を放棄するようなのです。 ジャムを使ったこんな実験があります…

限界を感じた時のもう片方 〈一日一想〉

強烈な考え方は人を動かし、その人にとってのセオリーとして確立されていきます。 例えば私の場合は、何事も目標をめて逆算して計画を立てて実行していくというのが、うま…

読書会の話。「聞くだけ参加」について

土曜日に「聞くだけ参加」という参加方法を試みとして取り入れてみました。 結果は、みなさん通常通りの参加だったのですが(笑)、そのような参加方法を取り入れようと思っ…