見出し画像

youは何しにiCAREへ?

自己紹介

バックエンドエンジニアとして入社しました、藤池玲央(@leofujiike)と申します。
今まで主にAWSやPythonを使用し開発業務や運用改善業務に携わっていました。

iCAREと出会ったきっかけ、入社を決めた理由

iCAREと出会うまで

日々生活する中で自分が体験した「困ったこと」の中でも解決できたことは、他の人が同じ轍を踏まないようにしてあげることを心がけていて、この「困っている人を助けたい」という気持ちを大切にしながら働ける場所はどこかとずっと探していました。
体験した中でも特に「困ったこと」は何だったかというと「生きるために必要な行動によって健康状態をひどく悪化させる」ことでした。
抽象的すぎるので具体的に書くと、学校に行ったり仕事に行ったりすることで、身体的、精神的な健康を害するということです。

この「困ったこと」は自身については解決方法が分かっているのですが、他者については解決方法がわからず、ずっとモヤモヤを抱えていました。
それらの問題を解決できそうな会社をずっと探していたのですが、そもそも何を解決するべきかを定義することが難しく会社探しも難航していたのですが、運良くiCAREを見つけることができ、「探していたのはこの会社だ!」と直感して応募しました。

入社を決めた理由

面接の中で色々な方と会話させていただいたのですが、皆さんとてもカジュアルに話してくれて面接とは思えないほど話しやすく、かつ言葉に熱量を感じられました。

いつまでにどうなっていてほしい、という期待感を明示していただけて、かつクレド/バリュー/パーパスの説明もとても丁寧にしていただけだので、入社後はどのような働き方になるのかという感覚を掴むことができました。

内定をいただけるまでの全ての過程が最高だったので入社を決めました!

iCAREではどんな仕事を担当する/しているか

バックエンドエンジニアとしてCarelyの開発業務に携わります。
今まではAWS/Python(個人学習でRailsも少し)を主にやっていたので、経験を活かしながら新たにキャッチアップもしつつ頑張りたいです。
直近では主にRailsとGraphQLを使用して業務を行っています。
また、iCAREはエンジニアとして強い方が沢山いるため、明確なアドバイスを多く頂ける環境です。まだ入社して1ヶ月ですが、これまでのエンジニアのキャリアの中でも一番早く成長できているし、これからもできそう、と感じています。

前職からiCAREにきて感じる変化

皆がクレド/バリュー/パーパスを体現するべく、業務遂行していて、かつ同じ方向を向いているところでしょうか。
クレド/バリュー/パーパス、産業保健の知識を「明るい雰囲気で」理解できる社内イベントやミーティングがあるので、日常的に理解を深めることができています。
私はエンジニアなので技術的なキャッチアップも多くこなさなければなりませんが、「明るい雰囲気」でやっていただけることで息抜きついでにキャッチアップできるのでとてもありがたいと感じています。

これからiCAREでどんなことをしていきたいか

  • バックエンドエンジニアとしての専門性を高め、より多くの成果を出したい

  • クレド/バリューを体現することでパーパスの達成に力を注ぎ、かつ自身もエンジニア/社会人として成長したい

  • スクラムマスター等のマネジメントも興味があるため貢献できるレベルに達したら挑戦したい

iCAREで仕事以外で楽しみにしていること

せっかく同じ方向を向いている組織に所属しているので、シャッフルランチなどを活用して皆さんと交流を深めたいです。
イベントや勉強会も盛んなので学習や交流の場として活用していきたいと思っています。

入っている部活

今のところありませんが、音楽や筋トレ/パワーリフティング、アウトドア、飲み会が好きなので、これらを通じてみなさんと交流を深められれば良いなと思っています!お誘いいただけると嬉しいです!

最後に

iCAREではまだまだ一緒に働けるメンバーを募集しています!
カジュアル面談からでも歓迎です!エントリーをお待ちしています!
下記リンクよりお願いいたします。


この記事が参加している募集

#入社エントリ

2,950件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?