見出し画像

ブロークバックマウンテン

言わずと知れた名作。先日ソウルを訪れたときリバイバル上映してたので観てきました。
自分らしく生きるということ、そして何から生きる力を得るかということについて学ばされる。

まず、ブロークバックマウンテンという雄大で美しく、厳しい大自然を背景にしているところが何よりも本作に力強い説得力を持たせている。カウボーイ2人はお互いを理解の源にし、自然を生きるよすがにする。

また、主人公たちが自らのセクシャリティを隠しながらそれぞれ持つ家族との関係がこれまたリアル。いわゆるノーマルの男でも、家庭持ちなら彼らと同じく溜息をついてしまうようなシーンの数々。セクシャリティを超えた普遍性、自分らしく生きることは時に失うものが多い。かといって諦めたなら、相応の人生を送ることになる。

何より故ヒース・レジャーの存在感。あの表情と存在感は普通じゃない。滲み出るような寂しさ、恐怖、抑制、良心、素朴さ。同性愛が今よりも偏見が強く、ときに生命の危機にもさらされるなかで、必死に世間体を気にしながら、互いを愛し、同時に家族も愛そうとした姿が染み入る。

#ブロークバックマウンテン #映画 #映画レビュー #ヒースレジャー #ジェイクギレンホール

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金は全額書籍購入費に充てさせてもらいます。

23
経済記事・書籍編集者/経営者/映画監督

こちらでもピックアップされています

映画バカの部屋
映画バカの部屋
  • 53本

映画批評、映画監督のなり方、映画とビジネス、映画と写真などについて書いています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。