見出し画像

デニムを履こう👖ジーンズのコーディネート6選

海外ファッション Ky

今回は、

ジーンズのコーディネートを紹介します。


今年はデニム自体がトレンドになっていて、コレクションでもトップスからボトムスからスカートまでよくデニムを見ることが多かったです。
そこで今回は、

「デニムを履く」

というテーマで、ジーンズを使ったコーディネート例を紹介します。

まず今年のジーンズトレンドを押さえてから、ジーンズと相性のいい6つのトップスを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!


今年のジーンズのトレンドは…

1.ローライズ

ここ最近、パンツの形はハイウエストがずっと主流でしたが、今年はY2kファッションのトレンドがあり、ローライズをものすごくよく見るようになりました。
基本的にはストリートな印象になりますが、合わせるトップスを選んだり、細身やストレートなジーンズを選んだりすることで、スタイリッシュな印象にすることもできます。
ハイウエストもコーディネートがしやすいのでまだまだ定番になると思いますが、ローライズもトレンドとしてチェックしてみてください!




2.ブルージーンズ

デニムの色は大きく分けてライトブルー、ブルー、ダークブルーとありますが、その真ん中の「ブルーデニム」がコレクションでは多かった印象です。
ブルーデニムはザ・デニムという感じで、正統派みたいなクリーンな印象があると思います。なのでスタイリッシュに見せるのに向いていて、ブレザーやブラウスとかフォーマルなアイテムにもすごくよく合います。

よく言われるトレンドとしては、この2つかなと思います。
丈感やパンツの形に関しては、結構いろんなものが出ていて多様になっています。丈はフルレングスからアンクル丈も出てきていますし、形もフレアからストレートやワイドなど様々です。トレンドというより好みで選んでみてください!


それでは、コーディネート例を紹介します。
3つのシチュエーションごとに、2つずつ例を出します。

1.古着風

ラフで着飾ってない感じ
ジーンズはフルレングスか、裾をたるませてゆるく履くのがおすすめ。ゆったりと履くことでヴィンテージっぽくなります。

古着風コーデを作るためのトップスは…

・シャツ
ジーンズにシャツを合わせるのは定番。特に女性だと綺麗めなスタイルで合わせることが多いと思いますが、今回は古着のようなゆるいスタイルをお勧めします。
シャツをオーバーサイズにしたり、テロテロな生地(柔らかい生地)のものにしたりして、ゆるく崩して着ます。またボタンをいくつか外して、お腹が見えるようにしたりするとさらにこなれた着こなしになります。こんな感じでシャツをゆるーく着て、そこにストリートなジーンズを合わせると古着のようなかっこいいスタイルになります。足元はローファーも合うと思いますし、サンダルなどもいいと思います。


・ニットセーター
こちらはザ・古着という感じで、90年代のグランジファッションがイメージされます。ニットもジーンズもオーバーサイズ気味でゆるいコーデになっています。ただグランジファッションというと、もう少しダーティーでストリートなファッションだと思うんですが、このコーデは綺麗めでスタイリッシュな印象になっていると思います。ニットもジーンズもシンプルなデザインのものをチョイスしていて、ニットは無地でモノトーン、ジーンズはウォッシュ加工があまりされていないシンプルなものになっています。すごくシンプルなアイテムを合わせているけど、Vネックになっていたりフレアパンツになっていたりと、どちらもデザイン性があるので、ノーマルにならずにかっこよさが出ていると思います。


2.エレガント

バリバリ仕事をするかっこいい女性っていうのをイメージしました。
合わせるジーンズはフルレングスにして、あえてストリート感をプラスするのがおすすめ。ただストリート感が強いと思う方は、裾を一回折って履くと少しスタイリッシュになります↓

エレガントなコーデを作るためのトップスは…


・ツイードジャケット
あのシャネルスーツで有名なツイード生地のジャケットです。もちろんシャネルのものを買わなくても、最近はプチプラのブランドで手に入ります。韓国のブランドだと結構種類があると思うのでぜひチェックしてみてください。
ツイードジャケットのエレガントさとデニムのカジュアルさをミックスするのが、こなれ感があってお洒落です。
ツイードジャケットは、スカートなど綺麗めなアイテムと合わせると結構フォーマルな印象になりますが、デニムで崩すことで普段着として着られますし、抜け感があります。ツイードジャケットにはいろんなデザイン、カラーがありますが、ベースが黒、白のものはやっぱり使いやすいと思います。ジーンズはブルー、ライトブルーはよく合います。ダークブルーに比べてカジュアルさがあるので、ジャケットとバランスが取れます。

・ブレザー
ジーンズにブレザーを合わせるのは定番の海外ファッションコーデですが、黒のブレザーにブルージーンズはよく見る組み合わせかなと思ったので、他の色の組み合わせのものをピックアップしました。色で遊んでいきましょう!
まずはブレザーの色を変えます。ブラウン系、ネイビー、グレーなど。黒より柔らかい印象になって春夏にもピッタリです。あとは、ジーンズの方もインディゴジーンズやホワイトジーンズを取り入れて、ブレザーと色の掛け合わせを楽しむのもおすすめです。
インナーにはポロニットとかブラトップのようなピッタリしたトップスを入れて肌を見せるようにすると今年っぽいかなと思います。靴は、ブレザーと相性のいいローファーも合うと思いますし、スニーカーでストリートっぽくしてかっこいいコーデにすることもできます。


3.キュート

デートなどちょっとお洒落したい時におすすめなのがこのコーデ。
ジーンズは、くるぶしが見えるくらいの丈で靴下を履かずに肌を見せ、ローファーやサンダルを合わせるといいと思います。

キュートなコーデに作るためのトップスは…


・ブラウス
フリルやレースなどの可愛らしいブラウスがおすすめです。そこにジーンズを合わせると、フレンチらしい上品がありながら着飾りすぎていないラフなスタイルに。
可愛らしいアイテムをデニムと合わせると、子供っぽくなるというかカジュアルになりすぎることもあるので、ジーンズはそんなにカジュアルじゃないデザインのものを選ぶのがおすすめです。例えばダメージが入ってないとか、ウォッシュ加工されていないものを選ぶとカジュアルになりすぎないです。さらにインして着ると、全体のバランスが良くなります。



・ニットポロ
ニット生地のポロシャツのことで、今回はピッタリとした女性らしいデザインのものを指します。ピッタリしていると体のラインが出て、より女性らしい印象になります。また普通のポロシャツよりスポーティーさがなく、コーディネートがしやすいのも特徴です。春夏の定番アイテムにもなっているニットポロですが、今年はカラーを取り入れるのがおすすめです。ブルーやピンクやイエローなど少し派手なカラーを取り入れて、ポップな感じにすると今年らしい。ミニバッグを合わせたり、ジュエリーなどアクセサリーを足して飾っていくと可愛いコーデができます。またトップスがカラーなので、靴もパンプスやサンダルなのでカラーを取り入れても可愛いと思います。

以上がジーンズのコーディネート例になります。ぜひこの春夏からデニムを履いてみてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました☺️






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!